« 加藤健一事務所『川を越えて、森を抜けて』 | トップページ | PATAPATA☆MAM PRODUCE Live vol.1 »

2009/03/29

『さよならシアタートップス、最後の文化祭』

シアタートップスが閉館するという。最後を飾る公演として、今までトップスにゆかりがあった劇団・ユニットが集まり、1組30分×3本のオムニバス上演をするというシリーズ。私は劇団一跡二跳、泪目銀座、ラッパ屋の公演を見に行ってきました。
それぞれ、何かを失いながら、何か前に向かっていこうとするメッセージが感じられる舞台。

泪目銀座は中村トーイズという倒産したおもちゃ会社の社員を、おもちゃたちが励ますというファンタジー。楽器を弾く場面は往年のナミギンテイストでなかなか楽しい。私が見たときは当日ゲストで川平慈英さんが出てらっしゃいました。言葉をしゃべらない人形(見た目はスナフキンふう)という設定で、台詞が一言もないのに大変な存在感を放つという(笑)、川平さんらしい出番でした。桂憲一さんは久々に、若干へたれキャラの役を見たかな。舞台で自由に息をしている感じが素敵。会社員の村田雄浩さんの心温まる演技、そして、追い詰められたサラリーマンのおかやまはじめさんというのは、本当にピッタリです。泪目銀座も当初の形とは違う感じに発展していったユニットですが、今回は懐かしいテイストでした。

続いてラッパ屋。影が薄かった窓際族社員のお通夜の席に、あるなぞめいた女性が現れて…というショートストーリー。これもある種のファンタジーかなあ、人生ってこうであったらいいなという夢というか。30分ですべてがきちんと描かれていて、芝居の面白さの原点を見るような作品でした。ラッパ屋さんは出演者が日替わりで、私が見た日が初日だった役者さんも何人かいらしたそうです。


今回の公演パンフは、トップスのすべての公演を網羅し、かかわりのあった方々の様々な言葉が載っている、貴重版です。

個人的に、シアタートップスというと、私にとっては、初めて劇団☆新感線を見たところ(いのうえひでのりさんが、あの小さいトップスの舞台で無理やり宙乗りをしていた(笑))。サンシャインボーイズもトップスで、一番前の桟敷席で体育座りをして見たのが初めて。体の大変さにもかかわらず、本当に舞台に引き込まれたなあというのを今でも思い出します。ナミギンやラッパ屋、熱帯、アクターズ・スリル&チャンスもトップスで何度か見ました。
いろんな思い出が詰まった劇場がなくなるのは寂しいことだけれど、こういう「最後の文化祭」という形で、祝祭感を持って見送れたのは、幸せなことでした。カーテンコールでいろいろな劇団が交じり合いながら、にぎにぎしく挨拶をしている姿を見て、ちょっと胸が詰まるものがありました。
今日が最終公演日ですね。さよなら、シアタートップス。

|

« 加藤健一事務所『川を越えて、森を抜けて』 | トップページ | PATAPATA☆MAM PRODUCE Live vol.1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/44500513

この記事へのトラックバック一覧です: 『さよならシアタートップス、最後の文化祭』:

« 加藤健一事務所『川を越えて、森を抜けて』 | トップページ | PATAPATA☆MAM PRODUCE Live vol.1 »