« zupa『ホネノウツワ』 | トップページ | 「マルグリット」と「ストーン夫人のローマの春」 »

2009/03/18

「良い時間をありがとう」

一昨日、取材でお会いした方からうかがった言葉。

映画化もされたドラマで、私と同じ名前の役をご卒業なさった役者さん(…って書くとどなたか分かりますよね(笑))の舞台の会見があり、会見後に取材させていただきました。
会見は昼間で私の取材は一番最後。おそらく何時間もお話し続けていたのに、テレビで見せられている顔とは違って、真面目に真剣に(でも笑いも交えながら)舞台に対する思いを語って下さいました。
「テレビは自分の引き出しの中から演じるもの、舞台は自分の引き出しを増やすもの」という話。そして、今もミュージカルの舞台に挑戦なさっていますが…という話を伺っているうちに、「この仕事は話が来ないとできないものだから、目標というのはないんですよ。でも、一つ一つを全力でやっていれば、必ず次につながるはず。そういう思いで、今も全力でやっているし、次の舞台にもすべてを注いでいきます」というようなお話をされていて、インタビューが終了。

というところで、普通は話が終わるのですが、「ありがとうございました」と言った後、その方がぽろりと「インタビューされることで、自分もすごく得るものもあるんです。こうやって、自分の口からふっと出た言葉で『あ、今、自分ってこういうこと思ってたんだ』と思うこともあるんですよ。だから、今日は良い時間をありがとうございました(笑)」と言って下さって。

ライター冥利に尽きるような、嬉しいお言葉でした。そして、真摯に生きてらっしゃるというお人柄も感じて、素敵な方だなと心から思いました。

芝居をやってらっしゃる方たちは、それぞれ皆真剣に芝居というものに向かい合っていて、その姿に触れること、そして少しでもその姿を伝えようと努力することが私の喜びなのですが(もちろん、うまくいくときばかりでなく、「ああ~」と思うこともしばしばあって、落ち込んだりもしますが)。私も一つ一つの仕事を大事にして、心を込めて人に伝えていきたい……と改めて感じさせていただきました。

|

« zupa『ホネノウツワ』 | トップページ | 「マルグリット」と「ストーン夫人のローマの春」 »

コメント

>KZさん
コメントありがとうございます。お褒めの言葉をいただき、恐縮です。
まさに一期一会で、いろいろな方にお会いする仕事をしていますが、今回お話を伺った方から、とても温かく心に残るものをいただけた気がします。
あとは、その方の思いが伝わる記事を書かないといけないのですが……頑張ります!

投稿: おおはら | 2009/03/23 17:35

初めてコメントいたします。
とっても素敵な記事でした。心があったかくなりました。
どんな仕事をしていても忘れてはいけない、人として大切な気持ち・・・、それを改めて考えちゃいました。
ありがとうございました。

投稿: KZ | 2009/03/20 01:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/44386914

この記事へのトラックバック一覧です: 「良い時間をありがとう」:

« zupa『ホネノウツワ』 | トップページ | 「マルグリット」と「ストーン夫人のローマの春」 »