« まさに女形対決! 『サド侯爵夫人』 | トップページ | お知らせなど »

2008/10/31

久野綾希子「Show Stoppers!」

ミュージカルのショーストッパー(ショーが途中で止まってしまうほどの鳴り止まない拍手を受ける曲)を歌うという久野綾希子さんのコンサート「Show Stoppers」。
まさにショーストッパーの連続! これだけの大曲を連続で歌い続け、しかも1曲1曲にドラマと大きな感動があって…というのは、生半可な方ではなかなか演じられるものではなく。これはやはり久野さんだからこそできたコンサートなのだなと思います。

私にとっては個人的には、宝塚と歌舞伎しか知らなかった高校生の私をミュージカルと一般演劇の世界に誘って下さった方のお一人である久野さん。
先日「BEST STAGE」で初めて取材させていただいたのですが、間近にお会いした素顔の久野さんは、その可愛らしくてキュートな人柄と謙虚な姿勢、そして、「演じることしかできないんです、何も」という舞台に賭ける力強さとすがすがしさがあって、本当に素敵な方でした。

実は冒頭の開幕ベルが「キャッツ」の曲でそのあたりから一人涙目になってたんですが(笑)。
『エビータ』の「Don't Cry For Me Argentina」や『コーラスライン』の「生きた日々に悔いはない」など、久野さんご自信が歌われた曲はまさに情景が甦るようでした。
他に印象に残るのは、『レ・ミゼラブル』の「オン・マイ・オウン」、悲しい恋心が切なく迫ってきました。そして、『プロデューサーズ』の曲。作品の最後にマックスが芝居全部を振り返る大ナンバーに挑戦なさって、パワーで乗り切る迫力でした。

ミュージカルの歴史を振り返るような構成でもあったコンサート。私の前で見てらした、先日久野さんと共演なさった俳優さんもしきりに涙をぬぐってらっしゃいましたが、久野さんの「舞台に賭ける」情熱が伝わってきたのが感動的で、とても贅沢な一晩でした。
公演はあと今日のマチネ公演を残すのみで、まさに2回かぎりの夢のような舞台でしたね。(銀河劇場にて)

|

« まさに女形対決! 『サド侯爵夫人』 | トップページ | お知らせなど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/42961205

この記事へのトラックバック一覧です: 久野綾希子「Show Stoppers!」:

« まさに女形対決! 『サド侯爵夫人』 | トップページ | お知らせなど »