« レプリークBis VOL.12 発売中 | トップページ | 劇団四季『トロイ戦争は起こらないだろう』拝見しました »

2008/09/12

Studio Life『マージナル』

スタジオライフの『マージナル』砂漠編、都市編、ダブルキャスト取り混ぜて(そして、本番とゲネなどで)拝見してきました。以下、レビューというより雑感。

萩尾望都先生の壮大なSF作品を舞台化。2999年、男子しか生まれなくなった地球の人々の、絶望と希望の話です。
砂漠編、都市編と二つの角度から作品に光を当てる試み。作品の全貌を知るためには、どちらか一方でなく、頑張って両方見たほうがいいようです。

(終幕などに触れてるので、隠します)

レプリークBisで笠原浩夫さんに取材させていただいたときに、「(地球に生きる)グリンジャは作品に表れる『絶望感』を体現した人」というようなことをおっしゃってたのですが、砂漠編で笠原さんのグリンジャを拝見したときに、深い絶望感が伝わってきて、ちょっとおののきました。
そして、都市編を拝見したときには、病んだ地球と運命を共にしようとする都市の長官、メイヤード(青木隆敏さん)と過去の地球の事実を知る「図書の人」エメラダ(舟見和利さん)の持つ絶望が、強く伝わってきました。

石女(うまずめ)になった地球の事実を知っていても知らなくても、危機に瀕した地球の未来を肌で感じ、絶望を体現する人たち。
そして、その中に現れた「希望」としての存在が、「夢の子供」として作られたキラ。演じているのは、ダブルキャストで荒木健太朗さんと松本慎也さん。

荒木さんは役のイメージ的には意外な感じの配役でしたが、不思議な魅力がありました。役の設定どおり、非常に感能力が強い方なんだなと思います(台詞とかを超えた部分で伝えるものが多いというか)。
松本さんは自身が持ってらっしゃる透明感がキラにピッタリだなと思います。(今日見た都市編で、怪我したグリンジャの目にキラの口から水を掛けるところが、なんか妙に色っぽくてどきっとした)

今はなき(悲)Top Stageの取材の準備で何度か原作を読んで、どうしても分からないところがあったのが、舞台を見て氷解したのも面白い感覚でした。具体的に言うと、新書サイズ版のほうで、表紙をめくったところに萩尾先生が書いたであろうあらすじが書いてあり、4巻で「長官(メイヤード)はアシジンに恋してはならない」という言葉があるのです。この言葉の意味がどうしてもわからなかったのですが、舞台で拝見してなんとなく腑に落ちた感じがして。仲原さんのアシジンを見て、アシジンの持っている伸びやかな生命力が絶望をまとうメイヤードとは相反するものだということかと。アシジンも地球に残された「希望」なのかもしれません。(普通の物語ならグリンジャとキラ二人で終わりそうなところを)グリンジャとアシジン、キラの3人で終わるところが、未来へのカギなんでしょうか。仲原さんのアシジンは(萩尾先生が台詞に書いた)「しなやかな若木のような」生命力をよく伝えていたと思います。

岩崎大さんは、エドモス役でエメラダとの関係性がよく見えていたのがよかったです。エメラダの舟見さんは一年ぶりの舞台。たゆたうような独特の存在感はとても貴重だと思います。
ミカルの三上俊さんは漫画から抜け出してきたよう。客演の渡部紘士さんはフェロペとローニの2役。フェロペの豪胆さとは対照的な、ローニのナイーブさが印象に残ります。

さて、昨日雑誌の取材で、荒木さん、松本さん、三上さんの楽屋に訪問!という企画で伺ってきました。本番直前のお忙しいところにお邪魔して恐縮しましたが、同期同士の仲のよさと、出演者の皆さんの一致団結したパワーを感じました。9月末に雑誌が発売になるので、そのころまたご案内しますね。

|

« レプリークBis VOL.12 発売中 | トップページ | 劇団四季『トロイ戦争は起こらないだろう』拝見しました »

コメント

そのぴィさん、こんにちは。
荒木さんにお会いになれたようでよかったですね。
「以前投稿した…」というので(このブログには以前投稿されてないと思うので)、もしかしたらそのぴィさんが思ってるのと違うところにコメントされている気がしないでもないのですが……(汗)。
荒木さんへのメッセージはこちらからだと届かないと思うので、よろしきところにまた送ってみて下さいね。

投稿: おおはら | 2008/10/08 10:23

こんにちはsun荒木さんファンのそのぴィですnote先日、荒木さんが熊本に帰ってこられたときに突然荒木さんにお会いすることができましたlovely以前投稿した私が荒木さんと同じ地元の中学で講演会をするというコメントを読んでいただいていたみたいで、お忙しいところ来ていただいてとても嬉しかったですshineまさかお会いできるなんて思ってなっかたのでびっくりしましたhappy02突然のことだったのでゆっくりお話もできなかったのですが、一方的に写真まで撮っていただいてと~ってもうれしかったですshine荒木さんが帰られた後、スタッフのみんなが「今のだれ~?かっこいいshine」の連発でした(笑)モデルと俳優をされてる地元の先輩heart04と自慢しました!!私の勤めている歯医者でも、ブログをかいているので近いうちに一緒に撮っていただいた写真でコメントするかと思います!見て頂けるとうれしいですnote
私も劇団スタジオ・ライフのHPを見ていますがたくさんの舞台をされているんですねshine舞台は一度も見に行ったことがないのですが荒木さんとお会いして、舞台での荒木さんを見てみたくなりました!たのしみですnotes
先日はお忙しいところありがとうございました!

投稿: | 2008/10/04 14:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/42458553

この記事へのトラックバック一覧です: Studio Life『マージナル』:

« レプリークBis VOL.12 発売中 | トップページ | 劇団四季『トロイ戦争は起こらないだろう』拝見しました »