« 劇団四季『トロイ戦争は起こらないだろう』拝見しました | トップページ | ニューヨークより戻りました »

2008/09/22

Anthony Rappの一人ミュージカル「Without You」(ピッツバーグ)

良い舞台を見るとめちゃくちゃテンションが上がるのです。
現在、ニューヨーク滞在中。
ピッツバーグまで日帰りし、Anthony Rappの一人ミュージカル「Without you」を見てきました。
ご存知のとおり、アンソニー・ラップは「RENT」のオリジナルキャストのマークであり、映画版でも同じ役を演じてます。私は昨年の、アンソニー・ラップとアダム・パスカルが期間限定復活した「RENT」を見て、アンソニーのすごさを実感しました。ちょうどNY滞在にこの公演が重なったので、思い切ってピッツバーグまでいくことに。
(実は、このブログのタイトルも、RENTの歌詞からいただいているのです)

内容は、「Without you」というアンソニーが書いた自伝的エッセイを元に、RENTのオーディションから、RENT作者のジョナサン・ラーソンの死と、その後の初日の模様、そして、アンソニーのガンで亡くなったお母様とのふれあいの模様を、RENTの曲とアンソニーが作った曲でつづっていく、一人舞台です。

…泣きました。前半からずっと。
終演後の泣きはらした顔の私を見て、他の観客のアメリカ人女性に優しく微笑まれてしまったくらい(^^;。

RENTには死の影が強く付きまとい、だからこそ「no day but today」今を生きなければいけない、という強いメッセージがこめられている作品ですが、図らずも、ジョナサンと母親の死でそれを実体験してしまったアンソニー。

身近な人の死を文章にしたものは目にするけれど、その経験をそのまま自分で演じるというのは初めて見て。アンソニーはつらくないのだろうか、と思ったんですが、彼がこれからも生き続けるためにはこの舞台を作らなければいけなかったのかもしれません。
(ジョナサンの新作はもうできないわけで、RENTの楽曲に新しい生命を与えたい、という思いもあったのかも)


私もアンソニーと同じく(アンソニーがお母様をなくした年齢よりはずっと上だけれど)母を亡くしていて、死に向かっていく母親に対する彼の気持ちが痛いほどわかって…。

でも、亡くなった人の思いを抱きしめ、そして、前に向かっていこうとする、アンソニーの姿に非常に感銘を受けました。

(劇中、お母様とよく交わしていたという手のポーズをする場面があったのですが、カーテンコールで上に向かってその手のポーズをしたのを見たとき、この舞台はお母様に、そしてジョナサンに、ささげる舞台でもあったのだと思い、ここで号泣)

こう書くとすごく重い舞台のようですが(実際、かなりの方が泣いてらっしゃった)でも、アンソニーの重くならないキャラクターや適度なユーモアで、全体を通しての印象は決して暗いものではないです。

RENTの曲ももちろん、ストーリーにうまく絡める形で歌われてますが、神棚に祭り上げる感じじゃなくて、さりげなく使ってるところがとても良いですね。アンソニーの「ワンソンググローリー」もちらっと聞けて嬉しかった(^^)。

一人ミュージカルということで、どう演じるんだろうと思ってたんですが。アンソニーはピッツバーグで以前、「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」を演じていて、(ご本人が意識してるかどうかは別として)ヘドウィグの上演形式に通じるものは感じました。

今、思い出しましたが、そういえば、私、一人芝居苦手な人だったのでした(^^;。これは全然、一人芝居の私が苦手なところ(緩急をつけようとして、変に過剰になっちゃうところとか)がなかったですね。


英語が堪能なわけじゃないので、「あ、この台詞、きっとすごく大事…」と思うところが聞き取れない自分がとても悔しいのですが。
偶然のきっかけで、日本から見にいらした方とお会いできてお話できたのも、とても嬉しい経験でしたが、その方によると、原作にあたる本のほうが、さらに赤裸々に描かれてるようです。これを読めば、私が気になった台詞もわかるでしょうか。

アンソニーの、クリエイターとしてのセンスも、役者としてのパワーと実力もしっかりと伝わってくる舞台でした。今回はピッツバーグという地方でのトライアウト的要素がある公演で、これをブラッシュアップしていずれブロードウェイにもっていきたいという考えもあるようです。
日本の方も含め、ぜひ、多くの方に見ていただきたい、それだけの価値がある舞台だと思います。
私にとっては、多分、一生忘れられない舞台のひとつです。

|

« 劇団四季『トロイ戦争は起こらないだろう』拝見しました | トップページ | ニューヨークより戻りました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/42556827

この記事へのトラックバック一覧です: Anthony Rappの一人ミュージカル「Without You」(ピッツバーグ):

« 劇団四季『トロイ戦争は起こらないだろう』拝見しました | トップページ | ニューヨークより戻りました »