« 新派「紙屋治兵衛」 | トップページ | 花組芝居「怪談牡丹燈籠」公演中 »

2008/08/28

中日劇場の「エリザベート」

中日劇場で始まった「エリザベート」。配役変更になって初めてということで、東京に来る前に見ておきたいな……と思い、頑張って名古屋まで行ってきました。残念ながら時間の都合で1回しか見られず、朝海ひかるさんのエリザベート、伊礼彼方さんのルドルフという新キャスト版で拝見。涼風真世さんのシシィは東京まで楽しみにしておこうと思います。

朝海さんのエリザベートは、少女時代が実にイキイキとしてましたね。トートと初めて出会ったときから、自由な魂を生まれ持っているのがよくわかる。出発点がハッキリしているので、非常にエリザベートの心の旅がよく見えてきました。私が演技面でここまで朝海さんに注目したのも初めてかもしれません。
あと、ドレスのデコルテラインがとてもきれいですね。

伊礼彼方さんはスタジオライフプロデュース公演『カリフォルニア物語』のときに取材させていただいて、その方がどうルドルフを演じられるのか……ということで、個人的にはとても注目していました。ルドルフとしての登場の冒頭、逆鍵十字の旗を引き摺り下ろすときの表情に、ルドルフの孤独と悲しみがあってはっとさせられました。
王子然とはしていないかもしれないけれど、王子であることを受け入れている人だと、ああいう生き方はしないでしょうから、それでいい気がします。
ラストのふーっと深いため息をついてピストルの引き金を引く姿に、彼自身の生き方が集約されているようで、なんだか切なかったですね。

エリザベートとルドルフが変わると、もちろん作品全体の見え方も変わってきます。新生エリザベート、東京で改めて拝見できるのを楽しみにしています。

|

« 新派「紙屋治兵衛」 | トップページ | 花組芝居「怪談牡丹燈籠」公演中 »

コメント

えりさん、こんにちは。
朝海さんの少女時代のエリザベートはとても良かったですね。初めはただの少女と思っていたトートが突然惹かれるのがよくわかる、エリザベートでした。(宝塚版は「私を帰して!」という台詞があるんですけど、今までの東宝版はシシィがその場面何もしてなかったので、トートがシシィに惹かれる過程がちょっと分かりにくかったので)

名古屋で見られてよかったです。涼風さんのエリザベートも含めて、東京で再見できるのを楽しみにしています。

投稿: おおはら | 2008/09/03 03:39

エリザベートが幕を開ける前から少女時代を楽しみに待っていました。期待通りでした。天真爛漫の一言で、お転婆だけどガサツじゃなく凛とした品があり余談ですけど(コムさんの宝塚時代のルドルフの美しさが忘れられません)でも甲乙付け難くエリザも美しい~~何と言っても立ち姿が綺麗~~お人形のようです!!梅田まで我慢かなと思ってますが・・・東京へ走るかも?スロースターのコムさんだから歌も芝居も進化してるでしょう!!!!

投稿: えり | 2008/08/31 15:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/42301041

この記事へのトラックバック一覧です: 中日劇場の「エリザベート」:

« 新派「紙屋治兵衛」 | トップページ | 花組芝居「怪談牡丹燈籠」公演中 »