« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008/07/23

Borobon企画 ハナオフ+うさぎ庵「男たちのお料理教室」

Borobon企画 ハナオフ+うさぎ庵さんの「男たちのお料理教室」を見てきました。
(注・ご指摘いただき、正式主催名称に書き換えました。ちなみに「ハナオフ」は「花組芝居OFFシアター」の略称であるはずです)
東京ガスの実際のお料理教室で繰り広げられる「借景芝居」。
実際に食べられる料理を作りながらの芝居ということ。芝居だと作ってる振りはしてても、結構本当は食べられたもんじゃない、というのが多いようですが、今回は違ったようです。

題材的にリアルな芝居を想像していましたが、最後にふっと時空がゆがむ瞬間があるのが面白くて、不思議な後味を残す、面白い芝居になってましたね。

うさぎ庵の工藤千夏さんは以前、東京ガスのCMで、加納幸和さんと早見優さんが出てくるものの台本を書いていらしたそうです。今回のパンフで初めて知りました。このCMは見ていて、加納さんが早見さんの爽やかな旦那様になったと思ったらお姑さんになったりと(笑)、なかなか面白いものだったんですよ。

その工藤さんが今回の作者。花組のこともよくご存知で、それぞれのキャラクターに合った役を書いてらっしゃいました。
前はナンバーワンだったけど今は…のホスト役の大井靖彦さんとか(笑)。
いい人の元メタボ管理職だけれど、急に責任を厳しく追求し始めたりする面も持つ役の、溝口健二さんとか。皆さん、ピッタリでしたね。
各務立基さんも、子供は可愛くて仕方ないのに、浮気を考えている男性のある種の危うさとかずるいところも、なかなか魅力的に見えてくれてました。
美斉津恵友さんも、世代が違う感をうまく使われていましたね。

そして、久しぶりに会う娘のためになんとか親子丼を習得しようとする父親役→と思いきや、最後に時空が飛び、(別人格になり)浮気をしようと出掛けていくであろうサラリーマンになる桂憲一さん。
前半のあたふたしたところと(料理の手順を間違えて、固まってしまう表情とか最高!)一転して、普通の空間を違う次元に飛ばす力技の見事さに見とれました。
この二面性は桂さんならではのものだな、と思います。
(演出=水下きよしさん=としても、スローモーションな動きをする周りとのコントラストが面白く、演劇的なドラマ性が急激に沸き立つ名場面になってましたね)

お料理教室ならではのライブな楽しさもたくさん。台詞のきっかけどおりにピッタリ湯気をあげる炊飯器とか、全員がお料理にかかる場面では、目の前の役者さんの非常に危なげある包丁さばきにドキドキしたり(笑)。同時多発的な楽しみもありましたね。

しかし、山下さんの包丁さばきは見事ですね。どう考えても私よりずっとうまいです(汗)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/07/19

新感線「五右衛門ロック」

商業演劇の殿堂、新宿コマ劇場に現れたのは、まさに「現代の商業演劇」ともいうべき作品。
豪華なキャスト、これでもかとグイグイ押していくストーリーにチャンバラ、ダンス、ロックの轟音。
12500円というチケット代金は高額だけれど、それに見合う以上のものを見せる!という気合を感じる舞台だった。

個人的には新宿コマ劇場の前にのぼりがはためき、半円形のすり鉢状になった客席にいっぱいのお客さんを見たとき、「こうなるとはな~」となかなか感慨深かった。私が初めて新感線を見たときはシアタートップスで、まだいのうえひでのりさんが舞台に出てて宙乗りとかしていたので(笑)。

釜茹でになった石川五右衛門が実は生きていたら…?という仮定で繰り広げられていく話。タイトルロールは五右衛門(古田新太)だが、話の軸はタタラ国王クガイ(北大路欣也)とカルマ王子(森山未來)の親子の葛藤にある。北大路さんはさすがの存在感で、この重量感はなかなか出せるものではないと思う。ナイーブな感性を見せる森山未來さんは非常に魅力的。ダンスの表現力も抜群で、川平慈英さんとのタップ合戦は一番の見物となった。(タップというより、フーフィングというべきか?)松雪泰子さんの見事なスタイルと色っぽさには見とれるばかり。

力強く、押し出し強く、チャーミングな盗賊の五右衛門は古田さんにピッタリだ。作品の感じとしては、キャラクター化して、「五右衛門○○に行く!」みたいな続編が作れそうだが、はたして??

3時間半(←!)。押し切るパワーで、いかにも夏らしい舞台だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/14

梅酒完成

1年前のブログに書きましたが、昨年初めて梅酒作りに挑戦しました。
母が残していたレシピ(というかお酒などの分量)で作って、1年床下収納庫に入れて仕込み終了! ちゃんと梅酒が出来上がりました。
1年前に仕込んだときがコレで…
Nec_0069_3

1年たった今年はこうなりました。

Nec_0186_3

梅ジュースとかだと結構失敗するようですが、お酒は殺菌作用があるから問題なく出来上がったようです。

今は毎晩いただいてますが、懐かしい味がしますね。

今年も1.8リットル×2個を仕込んでみました。去年は早く梅を買いすぎて後で値下がりを知って寂しい思いをしたのですが、今年は(6月後半に沖縄に行ってたので)7月に梅を買おうとしたらもう売ってないんですね(汗)。なんとか一箇所だけ売ってるところを探しましたが、また高くついてしまった…。
来年は6月15日~20日くらいに梅買って、梅酒作りしようと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/07/01

柿喰う客『俺を縛れ!』

気にかかっていた公演、千秋楽に当日券で見てきました。

圧倒的なパワーで突っ走る2時間15分。
初の時代劇、ということで、冒頭は新感線ふう活劇? と思いきや「これは本編とは関係ない」と言い切るのが面白い。そして、その「関係ない」という言葉が終幕につながっていくところは、見ていて「あ、ヤラレタ!」と思ったのでした。

身体に障害を持つ九代将軍徳川家重(丸川敬之)が、諸大名のキャラを設定するという「キャラ令」を発布。そのキャラに従わなければ死罪。お上に従っていればうまくいくはず、と思っていた田舎大名、瀬戸際切羽詰丸(堀越涼)には、「裏切り大名」というキャラが与えられる。お上を裏切らなければ、お上を裏切ることになる。そのアンビバレンツの中で、切羽詰丸は自分なりの物語を作ってお上に反旗を翻そうとするが…。

「俺を縛れ!」というのは反語。人から決め付けられたキャラ(もしかしたら、今言うところの「KY」=空気読め縛り、というのもあるんでしょうかね)の中で、なんとか自分らしくありたい、という真っ正直な中屋敷法仁さんの叫びが聞こえてくるような作品。
今は、スタイリッシュであればいいとか、物事をシャに構えて見るのがカッコイイみたいなおきれいな感じの舞台も多いけれど、こんなに泥臭いまでに真っ正直なパワーとテンションで押していく舞台は、見ていてとても気持ちの良いものでした。個人的には、今まで見た柿喰う客の舞台の中で一番好きかな。

登場人物は多く、それぞれきちんとキャラ(笑)が立って描かれているのも良いなと思います。
(今、役名を書くために当日パンフを取り出したのですが、加藤槙梨子さんが描いてらっしゃるパンフの似顔絵、すごく特徴をとらえてますね、びっくり)

早口の台詞のテンションは高いですが、台詞が聞き取れない人が多いのは残念。もっと台詞を伝えようとしてほしいなとも思います。

瀬戸際切羽詰丸の堀越涼さんは、出ずっぱりの主役。翻弄されながらも必死に生きていこうという様が愛しく哀しい大名でした。堀越さんの台詞は早口でも聞き取りやすいなと思って聞いてたんですが、キーの台詞をちゃんと際立たせるという技? を使ってるから聞きやすいのだなと。
徳川家重の丸川敬之さん。狂ってる将軍、という設定ですが、「自分自身で狂人キャラを設定している人」という微妙なところがうまく表現できてましたね。
柿喰う客の女優さん、コロさんの、作ってない男性役がすっきりしていてとても素敵。七味まゆ味さんの大名も良いキャラでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Top Stage60号発売中

沖縄から戻って参りました~(そして、6月も結局、日記ならぬ旬記になってしまいました。ゴメンナサイ)。
沖縄…、青い海を見てぼーっとしてるだけで心癒される旅でした。

さて、その間にTop Stage60号が発売になっています。
前のブログで「一区切りついた…」と書いたのですが、実はTop Stage、今回で残念なことに休刊なのです。
私も創刊以来ライターを担当していまして、50号記念号では「Top Stage50号を振り返って」という座談会にも出席して顔出しまで(笑)していましたので、感慨深く受け止めています。また、ジャニーズからディープな演劇までノンジャンルで幅広く取り上げるという点ではとても意義がある雑誌だったと思うので、日本の演劇界全体にとっても残念なことではないかと思います。
雑誌について、また新たな動きがありましたら、随時こちらのブログでもお伝えしたいと思います。

さて、60号で取材させていただいたStudio Lifeの荒木健太朗さんと三上俊さん。萩尾望都さんのSF大作が原作の「マージナル」についての対談です。お二人はStudio LifeのJunior7(7期生)全員が雑誌初登場した号で取材させて以来、何度か取材させていただいています。
特に荒木さんは初めてお会いしたときはまだ大きなお役がつく前で、やがて大役に抜擢され、主役を演じて……と役者としてどんどんたくましく力強く成長する様子を折に触れて拝見してこられたのは貴重な経験だったかもしれません。

私は作り手ではないので、舞台を見るときは物語としてとらえてしまいがちです。でも、荒木さんが、役を自分の実感に落として、役として自分が生きること、そして、インタビューの言葉で実感を伝えようと腐心して下さった姿勢に感心しました。それがインタビューの文章から伝わってるとよいなと思います。

ちなみに荒木さんが三上さんをおんぶしてるショットは出色の出来だと思います! (初め、三上さんが下だったんですが、「やっぱり逆だね!」とカメラマンさんに言われて荒木さんが下になりました(笑))

そのほか、「STOMP 」「drumstruck」の出演者の方々の取材もさせていただいています。よかったら書店などで手にとってみて下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »