« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008/03/26

加藤健一事務所『思い出のすきまに』

加藤健一事務所『思い出のすきまに The Drawer Boy』拝見しました。

人の心のつながり、思い、切なさ、そして温かさがじんわりと舞台からにじみ出てくるような作品。とても心に残る佳作は、男優による3人芝居。

1970年代のカナダ。記憶に障害があるアンガス(加藤健一)と幼馴染の農夫モーガン(新井康弘)と一緒に暮らしている。二人きりの生活に突然現れたのがマイルズ(山本芳樹)という青年。農場を舞台とした芝居を作るための取材で、ここでバイトさせてもらえないかと申し出てきたのだ。

記憶が長時間持たないアンガスのことを、なぜモーガンは一緒に暮らしているのか…? そこにはモーガンがアンガスに隠していた過去があって。モーガン自身の弱さと、そして、アンガスへの思いやりが徐々に伝わってくる。

「演劇をする青年」マイルズが彼らの変化の媒介というか起爆剤になっているのもなかなかに象徴的。ちょっと考えると図々しい感じ?で2人きりの生活にいきなり入り込んでいくマイルズ。でも、人の心に真ん中に力づくでも入り込んできて、人の心を動かして何らかの影響を与えることができる……って演劇そのものも持ってる力だなあ……などということも改めて気づかされた。
どこか憎めない愛嬌があって、でもとても繊細な一面もあって、そして彼らの心を揺り動かす媒介でありうる青年マイルズを山本芳樹さんは巧みに表現。前作『アドルフに告ぐ』や加藤健一事務所『モスクワからの退却』などを経て、表現者として一段階ステップアップした感がある。(2幕目の冒頭で、ハムレットを自分の物語として語る姿も面白く見せてくれた)

そして、脳に障害を受けて、記憶が長くは持たないという難役アンガス役の加藤健一さん。終幕近くモーガンの言葉を聞きながらじわっと涙を浮かべるアンガスの姿に心打たれる。新井康弘さんは昔のアイドル時代にテレビで見ていた後はテレビドラマでちらっとお姿を拝見していたくらいで舞台では初観劇。朴訥だが心根の太い男性の役を見事に表出して、「ああ、(寡聞にして私が知らないうちに)良い役者さんになられてたんだな……」ととても嬉しい驚きがあった。

カナダ人作家マイケル・ヒーリーの作。カナダ戯曲というと、私が見てるのは強盗4人組の話『ハイライフ』、麻実れいさんがサラ・ベルナールの晩年を演じた『サラ』と、Studio Lifeの3作品『LILIES』『孤児のミューズたち』『決闘』くらいか。今まで見たものと、今回の『思い出のすきまに』も含めてカナダ戯曲はあまり結論がこちらに押し付けてこないというか、奥深い広がりを感じさせるような作品が多い気がする。多様な解釈ができる余地を残してくれているというか。今回も、しっかりと心に残る芝居が見られたのが嬉しい公演だった。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/03/24

森光子さんの「放浪記」

シアタークリエオープニングシリーズ第2弾、森光子さん主演の「放浪記」。3ヶ月公演も終盤のこの時期に見てきました。「放浪記」初見です。

“森光子さんの「放浪記」”というタイトルにしましたが、まさにそういう表現にふさわしい舞台です。

自分自身をさらけ出し表現しつくさなくては生きていけないという作家・林芙美子の業(「自分のゴミ箱をぶちまけて人に見せているような」というのは劇中の台詞ですが)を余すところなく演じていて、見ていて胸が痛くなるほど。でも、そのストレートな生き方はかわいらしくもあり、悲しくもあり、胸に迫ってきます。

カフェの女給をやっている芙美子の、明日からどう生きていいのかわからないほど切実なお金のなさ。この切迫したリアリティは、ちょっと今の時代の役者さんでは表現できないだろうな、と思いました。

劇中に、作者の菊田一夫本人の役が出てきますが、この作品には戦前から戦後の時代を生きてきたリアルな感覚を非常に感じます。時代が生んだ戯曲、ということも言えるかもしれません。森さんはそのリアルさを見事に体現しています。

時に恋人を取り合い、芙美子に裏切られたりしながらも、でも心のどこかで友情を持ち続ける女性の役を黒柳徹子さん。この役の終幕の本当にラストの台詞が今を耳にこだまします。
成功した、という高揚感で終わらないところが、菊田一夫らしい鋭い視線なのかもしれません。また、そこまでしても表現し続けなければいけない作家(そして、もしかしたら、演じ続けなければいけない役者)というものの究極の姿なのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒色綺譚カナリア派 「葦ノ籠」

黒色綺譚カナリア派 第八回公演「葦ノ籠 ~アシノカゴ~」見てまいりました。黒色綺譚カナリア派さんは今回初見。

さすがの私も(?)寺山さんとか唐さんのアングラ演劇全盛の時代は知りません。アングラが流行った時代には、やはり安保とかオイルショックとか日本全体に「アングラをはやらせる」時代の流れやら雰囲気があったのだろうと思います。

では、劇団主宰であり、作・演出の赤澤ムックさんにとって、今アングラ演劇をすることの意味は何なのでしょう? 時代の賜物ではないですよね、もちろん。アングラを知らない世代の人がアングラをこう解釈したということなのかな。
(70年代初めのパンクの後のネオパンクのように)

青山円形劇場というこぎれいな小屋のせいもあるけれど、今回の舞台は決して「悪いもの見にきました」というドキドキ感はなくて、あくまできれい。ストーリーを見ると、「水辺で子供をなくした父親が、非人が集まる河原の男娼の少年と自分の子供を取り違えて……」というドロドロな感じなのですが、でも実際の舞台から漂ってくるものは、まったくドロドロしてないんですよね。父親役の大沢健さんも非常に清潔な感じがするお芝居をしてらっしゃいましたし。

うーん、今の時代にドロドロしたものを求めるほうが間違いかもしれないし、「現代の目からアングラを美としてとらえて表現している」というのならそうかもしれない。

でも。なんかこう……自分の中では割り切れないものも残ってしまいました。赤澤さんの世界観を私が掴めてないのかもしれません。
円形劇場を生かして、壁面に序幕~終幕までのお題を書いて貼ってあるセンスや、橋の下を暗示させる装置などは好きでした。

男娼を演じた升ノゾミさんは少年性があり、それとうらはらの色気もあってなかなか面白い役者さんだと思いました。河原にわらわらといる老婆たちの内の一人「何かと芝居がかる老婆」(笑)の堀越涼さんが、「老婆集団」になりがちなところをうまくアクセントとなっていて目を引きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/16

レプリークBis 3月17日発売号

前に「発売が近くなったら書きますね」と書いていた雑誌を、ご紹介しますね。

3月17日発売「レプリークBis」
私はTSミュージカルファンデーション『Calli ~炎の女カルメン~』朝海ひかるさん と、歌謡シアター『ラムネ』小西遼生さんのインタビュー記事を担当させていただいています。

「Calli(カリィ)」というのは「女ジプシー」という意味だったんですね(ということを、取材中に伺いました)。取材時には演出の謝珠栄先生がいらっしゃって、朝海さんのスタイリングをして下さいました。取材場所で「(別室で)カルメンのイメージで、スタイリングしてる」と伺ったので「どんなかな…?」と思ってお待ちしていたのですが、実際のお姿を見て「おおっ」とちょっとびっくりしました(自分が持ってる想像力の幅が狭いことを思い知らされたというか(汗))。そのあたりもお楽しみに。

前回『ライト・イン・ザ・ピアッツァ』に続いて取材させていただいた小西さん。前回より男らしいきっぱりとした魅力が増したようで。作品に合わせて昭和なイメージで撮影した写真も(実は私も写真はまだ見てないのですが)良い雰囲気だと思うので、期待して下さいね。

いつもは発売したころにご紹介しているのですが、私が不在で発売日過ぎまで書き込めないと思うので、今回は先にお知らせしました! よろしかったら書店などで手に取ってみてくださいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

WILDe BEAUTY~オスカー・ワイルド、或いは幸せの王子~

初日開けてすぐの13日に博品館劇場で拝見しました。
オスカー・ワイルドの生涯と、「幸福の王子」「サロメ」などの彼の作品の要素とがまじりあっているミュージカル。
作・演出の荻田浩一先生らしい独特のセンスと雰囲気で、現在と過去と、登場人物と実在の人物とが複雑に絡み合ってる舞台は、一言で表現することは絶対にできないでしょう。
年老いた(といっても46歳)のオスカー・ワイルドを宮川浩さん、その内面で見た目は若いころのワイルドである浦井健治さん。といいつつ、オスカー・ワイルドを妖しく誘惑する青年の役や、劇中のサロメを浦井さんが兼ねて演じていたりもします。

お酒飲んでたわけでないけど、お酒飲んでるときに見てたような、なんだか舞台に酔わされてしまったような感覚です。
自分はだんだん汚れていっている(「ドリアン・グレイの肖像」のように)と思っても、今なおオスカー・ワイルドが残した作品は本当の美しさを放っているわけで……。そんな「きれいは汚い」「汚いはきれい」の世界が、心にずっしりと迫ってきます。
「本当に美しい物は何か?」と自問し続けるオスカー・ワイルドの姿は、もしかして荻田先生自身とも重なっている部分があるのでしょうか?
浦井健治さんは真摯に役柄に取り組んでいるという印象。
幻想的なイメージの作品の中で、はっきりと現実に立っている女性の池田有希子さんと、透明感があって何者にも汚されないような存在感がある朝澄けいさん。二人が逆の役柄というのはありえない、と思うくらいのはまり役で、配役の妙を感じます。

(公演は23日まで)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/05

世田谷パブリックシアター「春琴」

飴の紙をペリペリはがす音とか、チラシをガサガサとさせる音とか、そんな音がまったく聞こえない客席って、どれくらいぶりに来ただろう…?
それほどの緊迫感が客席にも漂っていた、「春琴」。平日の昼間というのに立ち見までぎっしりの客席は、恐ろしいくらいの集中力で舞台を見ているようだった。

谷崎潤一郎の「陰影礼讃」「春琴抄」を原作に、演出のサイモン・マクバーニーが構成したという舞台。話の外枠には、「春琴抄」についての朗読を、声優の女性(立石涼子)が京都のNHK第2のスタジオで録音しているという様子が描かれている。

続きを読む "世田谷パブリックシアター「春琴」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/03

『カリフォルニア物語』を見て感じたこと

Studio Life+銀河劇場プロデュース公演『カリフォルニア物語』ダブルキャスト両初日を拝見してきました。

以下レビューというよりは個人的に感じたこと。(そして、結末部分にも触れてるのでこれから見る方はご注意下さい)

光り輝くカリフォルニアから、家族との相克を逃れるようにニューヨークに移り住んできたヒース。彼を慕うイーヴとの同居することになって……というのがおおまかなストーリー。
…2日目の初日、Road39チームの公演を見ていて後半。

続きを読む "『カリフォルニア物語』を見て感じたこと"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »