« WILDe BEAUTY~オスカー・ワイルド、或いは幸せの王子~ | トップページ | 黒色綺譚カナリア派 「葦ノ籠」 »

2008/03/16

レプリークBis 3月17日発売号

前に「発売が近くなったら書きますね」と書いていた雑誌を、ご紹介しますね。

3月17日発売「レプリークBis」
私はTSミュージカルファンデーション『Calli ~炎の女カルメン~』朝海ひかるさん と、歌謡シアター『ラムネ』小西遼生さんのインタビュー記事を担当させていただいています。

「Calli(カリィ)」というのは「女ジプシー」という意味だったんですね(ということを、取材中に伺いました)。取材時には演出の謝珠栄先生がいらっしゃって、朝海さんのスタイリングをして下さいました。取材場所で「(別室で)カルメンのイメージで、スタイリングしてる」と伺ったので「どんなかな…?」と思ってお待ちしていたのですが、実際のお姿を見て「おおっ」とちょっとびっくりしました(自分が持ってる想像力の幅が狭いことを思い知らされたというか(汗))。そのあたりもお楽しみに。

前回『ライト・イン・ザ・ピアッツァ』に続いて取材させていただいた小西さん。前回より男らしいきっぱりとした魅力が増したようで。作品に合わせて昭和なイメージで撮影した写真も(実は私も写真はまだ見てないのですが)良い雰囲気だと思うので、期待して下さいね。

いつもは発売したころにご紹介しているのですが、私が不在で発売日過ぎまで書き込めないと思うので、今回は先にお知らせしました! よろしかったら書店などで手に取ってみてくださいね。

|

« WILDe BEAUTY~オスカー・ワイルド、或いは幸せの王子~ | トップページ | 黒色綺譚カナリア派 「葦ノ籠」 »

コメント

miyacoさん、こんにちは! なんと、朝海ひかるさんと同じ高校だったのですか。意外なご縁ですが、そういえばお二人とも仙台ですものね~。

『WICKED』私が先々週に見たときは李涛さんだったんですが、その後に変わられたんでしょうか。とても素敵で説得力のあるフィエロでしたね。『WICKED』のお話はまた明日ちょっとこのブログに書きますね。

投稿: おおはら | 2008/03/26 10:28

お久しぶりです。こんにちは。
遅ればせながら、明日読ませていただきます!レプリークBis!!!
朝海さんは、高校が一緒です。(同級生ではありませんが。一方的に親近感。)

ところで、WICKEDですが…フィエロ役が変わってしまいましたね。今は何処へ…ああ残念。
いつ戻ってこられるのかな。

投稿: miyaco | 2008/03/24 23:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/40513639

この記事へのトラックバック一覧です: レプリークBis 3月17日発売号:

« WILDe BEAUTY~オスカー・ワイルド、或いは幸せの王子~ | トップページ | 黒色綺譚カナリア派 「葦ノ籠」 »