« 新春浅草歌舞伎 昼の部 | トップページ | 「加納幸和さんに聞く『KANADEHON忠臣蔵』」 アップしました »

2008/01/11

そして…

浅草歌舞伎を見終わった後は、大黒屋さんで真っ黒な天丼をいただき(2時過ぎだったのに満席で待ってる人が何人も)、本日の取材場所へ。

舞台「トライアンフ・オブ・ラヴ」朝海ひかるさん、武田真治さんの対談を取材させていただきました。朝海さんは宝塚退団後4度目の取材です。今まで取材でお会いしてきたときのスタイルと大分違ってキュートな感じなので、ちょっとドキッとしながら取材に。武田さんも相変わらず、こっちに向き合おうという姿勢でいらっしゃるのが素敵な方だなと。舞台はコメディなので、対談も笑いがある和やかな雰囲気で進んでいきました。

この舞台のチラシ、とても雰囲気がありますよね。対談が終わった後、
私「このチラシ見るとドキッとするんですよね~」
朝海さん「本当ですか? よかったー。それが狙いなんですよ(笑)」
見事狙いどおりだったわけで(笑)、その笑顔に最後もちょっとドキッとして(?)(なんかドキッとしっぱなしみたいですが…(笑))帰ってきました。
この対談、雑誌に載るのはちょっと先ですが(2月末)、お楽しみに。

|

« 新春浅草歌舞伎 昼の部 | トップページ | 「加納幸和さんに聞く『KANADEHON忠臣蔵』」 アップしました »

コメント

大原さんコメントありがとうございます。大勢のスターと会っていると、その時々色々な感情を持つことも、おありでしょうね。
TOP STAge増刊号、明日見て来ます。2月27日発売のも今から
楽しみにしてます。
今後とも「女優 朝海ひかる」を宜しくお願い致します(母心)

投稿: まろん | 2008/01/15 22:08

マロンさん、こんにちは。
マジレスすると、仕事でお会いしている以上どこか冷静な部分を持ってお話を聞かないといけないので、朝海さんに限らずどなたかのファンになることってないんですよ(^_^)。
ただ、朝海さんに関していえば、『ハウ・トゥー・サクシード』の新人公演のバドとか『ブルー・スワン』の可愛い兵隊さんとかから拝見しているので、長いスパンで見て、表現者として良い成長をなさったな、という感心の思いはありますね。今発売中のTop Stage増刊「STAGE MEMORIAL」の公演レポにも書きましたが、『蜘蛛女のキス』で見せた独特の浮遊感はなかなか忘れがたいです。

よろしければ、また遊びにいらして下さいね。

投稿: おおはら | 2008/01/14 22:14

大原さん、完全にコムさんのファンモードに入ってますね。

笑顔にドキッ!私もすぐ傍で見たい!ドキッ!ドキッ!ドキッ!

投稿: マロン | 2008/01/14 14:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/17652316

この記事へのトラックバック一覧です: そして…:

« 新春浅草歌舞伎 昼の部 | トップページ | 「加納幸和さんに聞く『KANADEHON忠臣蔵』」 アップしました »