« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008/01/29

劇団四季「ハムレット」

八百屋舞台(舞台後方が高くなる傾斜のついた舞台)に白いラインが引かれて、遠近法を強調したセットがまず目に入る。
「遠近法」というのは昔美術の時間に習ったと思うが、ある一点から放射状に線を引くことで奥行きを感じさせるもの。今回は舞台奥のセンターに集中点がある。

冒頭、集中点、というか舞台奥から甲冑を着た人がスローモーションで(まるでゆらめいているように見える)登場してくる様子がとてもアヴァンギャルドでもあり印象的だ。
さて、今回の「ハムレット」という舞台そのものの集中点は何なんだろう……? ということを見ながらずっと考えていたのだが、最後にきて「あっ」と思うことがあった。

終幕、死んだハムレットの遺体はホレイショーによって舞台中央に、白いラインに乗るように集中点のほうに足を向けて横たえられる。そして、従者たちによってそのまま担ぎ上げられ、集中点にむかって運ばれていく(ま、実際は舞台突き破るわけにいかないので、下手に向かって曲がりますが、途中まではそういう感じ)。

周りを見れば、やはり死したポローニアス、レイアーティーズ、ガートルードの遺体も横たわっている。
そうか、「ハムレット」という作品にとっての集中点は「死」かと。多くの登場人物があるいは惑い、あるいは謀略を巡らして、決して一直線に進んでいないように見えるけれど、実はすべての人は実は一直線に「死」という集中点に向かっているのだということを、この舞台は壮大に表現しているのだと思い至った。

「正統派のハムレット」というのが今回の舞台のキャッチコピーだけれども、(オーソドックスということではなく)作品の根源まで見つめ直し、本質を掘り下げることこそ「正統」なのだな、と思う。

ハムレットは田邊真也さん。ダンスが上手な方という印象があるけれど、明晰な台詞の中にハムレットが持つ心の揺れや行きつ戻りつしている様子を明確に表現。魅力的なハムレットだった。レイアティーズの坂本岳大さん。坂本さんのリアルな息遣いのある芝居を見て、父も殺され妹も死に、結局は自分まで刺されて死んでしまうレイアティーズの運命の悲しさ(それこそ、知らず知らずのうちに「死」という集中点に向かわされてしまっている人←本当は生きる者すべてがそうなのだけれど)を感じた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/28

劇団鹿殺し「2008改訂版 百千万」

書きたいものがたまってるのに、なかなか書けなくて……m(_)m。結構時間がたっちゃってるんですが、書きたいところから書いていきますね。

ということで劇団鹿殺し「百千万」(ももちま)。
初観劇です。なんだか劇団名から想像して、もっと毒がある感じ?を思い浮かべてたんですが、描かれてる内容はかなりストレートで清清しい感じなんですね。

核爆発事故の影響で奇形に生まれてしまった子の名は「エンゲキ」。エンゲキが母(自分のルーツを探し自分らしく生きていけるようになるまでを描く、(「エンゲキ」という名前のところが意味がありそう)…と書くととてもまっすぐな感じなんですが、それをそのまま描きたくないというか、相当な味付けがしてあります。途中、「銀河鉄道の夜」を台詞はかなりそのままで演じる場面があるのですが、でも、姿はなぜか皆「前張り」。各場面のタイトルが表示されるんですけど「前張り芝居」……(爆)。

書いている内容のロマンチックさとそれと反対の表現の飛躍具合、が鹿殺しの魅力なのかもしれません。

個人的には、ジャムをぬりたくる表現とかは苦手だったんですが(意外?とキレイ好きなので)、でも、中に持っているものが清清しいから、楽しく見ることができました。

菜月チョビさんのエンゲキの内面のナイーブさを秘めた演技が印象的。花組芝居から客演の谷山知宏さんは肉体を駆使した演技で多くの役をやっていて、今なかなか面白い俳優さんだなと思います。実は、谷山さんが上記の「銀河鉄道の夜」で車掌の役をやっていて、彼がエンゲキ=ジョバンニに対して言う「あなたは前に向かって進んでいかなければいけないのです」という感じの台詞がやけに説得力があって、ちょっと泣きそうになりました……でもお姿は前張りなんですけど(苦笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/16

ご紹介

私の大好きな女優さんの藤谷みきさんがブログを始められました。
「ご紹介してもいいですか?」と伺ったら快諾してくださったので、こちらに書かせていただきますね。

藤谷みきさんのブログ「山あり藤谷あり」

(今、ブログの説明欄を見たら「中身おっさん」だなんて……(^^;。見た目も、そしてそれにもまして、気持ちも可愛い方なのですよ)

よかったら遊びにいってみて下さいね~。
次回舞台出演予定はreset-N ver22.0「繭」だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/13

私的には多分史上最年少

昨日はちょっと取材…というか、お話を伺いに二子玉川まで。
後で考えると、多分今まで私が取材させていただいた人たちの中で最年少だったんじゃないかと思います。
(正確には「星の王子さま」をやってたときに取材した宮崎あおいさんは十代のときだったと思うのですが、そのときは内容的にはファッションとかの話で短めのものだったので、ちゃんと芝居の話を聞いた人としては、多分最年少)

花組通信という花組芝居のお客様向けのものでクローズドのもの(一般公開のものではない)のですが。

話を伺ってきたのは、堀越涼さんです。
花組芝居で、今、女形をやる、という明確なポジショニングでいるのは、植本潤さんの後は堀越さんということになります。
どうして女形を目指すようになったか、とか今の自分、目指したい自分を含めて実際のエピソードをまじえ、いろんな角度からお話が聞けたんじゃないかと思います。結構長い時間ご一緒してたのだけれど、終わった後「楽しかった~」と言ってくださったので、ちょっとほっとしました。

今、23歳。しっかりしてますね~。芝居じゃなくて日常の話をしているときは「可愛いなぁ」(す、すいません)と思ったりもするけれど、こと芝居に関してはすごく真面目に、大きい視野で物事を考えていらっしゃるのがひしひしと伝わってきました。

続きを読む "私的には多分史上最年少"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「加納幸和さんに聞く『KANADEHON忠臣蔵』」 アップしました

花組芝居20周年記念公演のラストを飾る『KANADEHON忠臣蔵』。スピード感とドラマ性に溢れて、今後の花組芝居の行く手を指し示すような舞台になりました。

今回も加納幸和さん、花組芝居さんの寛大なご配慮により、加納さんのインタビューをアップさせていただきました。
コチラです↓。

http://homepage3.nifty.com/kaoru_web/hana/interview/kanadehoninterview.html
加納幸和さんに聞く『KANADEHON忠臣蔵』

どうぞご覧下さいませ。ご記帳所にもご意見なんて書いていただけると、今後の更新の励みになりますm(_)m。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/01/11

そして…

浅草歌舞伎を見終わった後は、大黒屋さんで真っ黒な天丼をいただき(2時過ぎだったのに満席で待ってる人が何人も)、本日の取材場所へ。

続きを読む "そして…"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

新春浅草歌舞伎 昼の部

Nec_0114_2
一昨日、浅草歌舞伎に行って来ました。

ふと気づくと、私にとって浅草は「歌舞伎を見にいくときに行く町」になっちゃってますね。珍しく早くついたので、仲見世をぶらぶらして、浅草寺でお参りしてきました。

仲見世に浅草歌舞伎の「まねき」が掛かってるのが素敵。

続きを読む "新春浅草歌舞伎 昼の部"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/01/01

祝い箸

祝い箸
お友達のお母様の手作りをいただきました。
感謝!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明けましておめでとうございます

2008年、明けましたね。


大晦日は姪っ子二人に渡すお年玉袋の用意などをしました。
ちなみにコレです↓(笑)。

今はネットでお年玉袋の無料素材サイトも結構あるんですね。

旧年中にブログタイトルを変え、心機一転……したわりには更新速度はあまり上がりませんでしたが(汗)、今年もぼちぼちとこんなペースで気軽に書き綴っていきたいと思います。
2008年もどうぞよろしくお願いいたします。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Studio Life『アドルフに告ぐ』

07年観劇納めはStudio Life『アドルフに告ぐ』。ダブルキャスト公演で20日のゲネプロで山本芳樹さん主演チーム、27日に荒木健太朗さん主演チームを拝見してきました。

アドルフという名前を持つ3人、アドルフ・ヒトラー・シューレ(学校)からナチスの将校になる日独ハーフのアドルフ・カウフマン、日本に住むドイツ系ユダヤ人のアドルフ・カミル、そして、アドルフ・ヒットラーの1936年~1973年までの姿を描く力作です。
手塚治虫の原作は5巻の長尺の漫画なのですが、それを3時間で圧倒的なスピードで進めていきます。最初に拝見したときは、そのスピード感と、全百役以上の登場人物を出演者29人が入れ替わり立ち変わり役代わりで演じるめまぐるしさに、打ちのめされそうになりました。
でも、これは長い年月を圧縮して見せることにとても意義がある芝居なのだな…ということに最後を思い至ります。

続きを読む "Studio Life『アドルフに告ぐ』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »