« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007/11/20

情熱大陸とカリギュラ

年末進行にはまってしまい、大分更新の間があいてしまいましたm(_)m。

日曜日に放送になっていた、小栗旬さんが出てる「情熱大陸」の録画をやっと見ました。そこで、あっと思ったことが。
小栗さんが言ってた言葉の中に、以前、ちょうど白井晃さんに取材させていただいた折に伺って印象に残ってた言葉と同じような内容のものがあったんですよね。(なんか気になっちゃって、さっきそのとき取材したもののテープ起こしを読み返してしまった)
私が取材したというのは、小栗さんが出てた「宇宙で一番速い時計」演出のときの取材だったんです。もしかして、白井さんがそのとき取材で言っていたことを小栗さんにもおっしゃったのか、もしくは単なる偶然か? わかりませんが。
私が白井さんに伺った中でも印象に残る言葉だったので、ちょっと面白い体験でした。

具体的に書いていいのかどうかわからないのでその内容については触れませんが。

「宇宙で一番速い時計」という舞台は、若くて光り輝く年代を過ぎつつある青年、そして完全に過ぎてしまった中年の人、そして美しく光り輝く若者たちの対比で描いてる舞台でした。そのときの小栗君はもちろん、「美しく光り輝く若者」の役をやっていたわけです。

今回のカリギュラも、ある意味「若者」の物語。自分でどうしたらいいかわからない衝動を抱えて、周りにいる者すべてを傷つけてしまうような。そして、それゆえに恐ろしいほど魅力的でもあります。

正直言って、全然共感できる舞台ではありません。そういうタイプの舞台ではないと思う。この作品の中の何かに自分自身を投影することはなかったのです。

また、カリギュラとしての演じ方も、まだ緩急のつけかたに難があって、(こう下がった後はこう上がるのね…)という繰り返しがちょっと単調に感じてしまう部分もあります。

それでも、研ぎ澄まされた剣のようなきらめきを持った小栗さんのカリギュラはとても魅力的なところがありました。当たり前の表現ですが世阿弥言うところの「時分の花」というのでしょうね。

それは、周りの方々の好助演に支えられている部分も大きいと思います。特に面白いと思ったのは、詩人シピオンの勝地涼さんとカリギュラの場面。そしてケレアの長谷川博己とのカリギュラの場面。愛人のセゾニアとの場面よりも、男性と二人の場面のほうが濃密に描かれている気がして、カリギュラの内なるものを表してるように思うのはちょっとうがってるでしょうか……?(汗)

今、時めいている存在だからこそ見せられるものもあると思います。
でも、時を経て「時分の花」から「真の花」を咲かせるときを待ちたい気分にもさせられました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/11/01

DAVID SYLVIAN「THE WORLD IS EVERYTHNG」コンサート

Nec_0093

30日、オーチャードホールでのデヴィッド・シルヴィアンのコンサートに行って参りました。来日コンサートは3年ぶりくらい? 「JAPAN」としての初来日以来、すべての来日コンサートには行っている私です。(Everything and Nothingツアーのときは、ロンドンでも見た)

…本当に「歌う修行僧」のような人だな、と思います。
ストイックに音楽を見つめ、自分自身を音の世界に紡ぎだしているような感じ。
今回は前から6列目のセンターというとても良いお席で見たのだけれど、一つ一つの音の中に身を委ねられたような…、そんな不思議な浮遊感があった。

途中で、歌の終りに咳をしてるのに気づき、また、だんだんその咳の度合いと頻度が多くなってきたなあ~とちょっと心配な気持ち(日本公演の前、3公演を体調不良でキャンセルしてたので)で見ていたら、曲の間にメンバーと何か話してる様子(ピアノの渡邊琢磨さんは急いで楽譜確認してるし…)。「??」と思ったら、最後のほうの2曲を外して、アンコールなしでさりげなーく終わってしまいました(^^;。

(しかし、咳をしてるわりに、歌ってるときは普段の、艶のあるデヴィッドの声なところが不思議だ)

2ヶ月のコンサートツアーの最終日だし、ちょっと不完全燃焼な気持ちもあるのですが…、この、狐につままれた感もまたデヴィッドらしいか、と良いように考えることにしてます。

かなりの曲をアレンジ+意外なつながりでの2曲メドレーにしていたのですが、「GHOSTS」のアレンジも不思議な感じだったなあ~。でも、今のデヴィッドが演奏してる「GHOSTS」が聞けてよかったです。

最後に。ちょっと折りたたみます。

続きを読む "DAVID SYLVIAN「THE WORLD IS EVERYTHNG」コンサート"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »