« オノ・ヨーコにまつわる日々 | トップページ | DAVID SYLVIAN「THE WORLD IS EVERYTHNG」コンサート »

2007/10/25

ヴォイス・オブ・ヘドウィグ

ゲイ・レズビアンのための公立高校「ハーヴェイ・ミルク・ハイスクール」へのチャリティのため、「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」のトリビュートアルバムを作ろう、ということで、有名ミュージシャンによる録音の過程とハイスクールの学生達を描いたドキュメンタリー映画です。
東京はライズXにて公開中(11月2日までのよう)。「ショートバス」とどっちかと悩み、とりあえずこっちを見てみました。「ショートバス」劇場公開中に見られるかなあ…。

今回NYに行って舞台を見ていてちょっと気になったのが、「キューティー・ブロンド」も「春のめざめ」もゲイの人の描き方が「笑い」という形だったことで。もちろん「RENT」は当たり前のこととしてシリアスに描いているのですけど。

でも、アメリカでこれほどゲイに対する差別意識が根強くあるとは、この映画を見て初めて知りました。
学校でゲイの子に対するいじめがあって、それを教師に訴えても「ゲイだから悪い」と言われるとは……! ううむ、信じられん。
私個人としてはゲイでもストレートでも、それはミュージカルが好きか歌舞伎が好きか、という程度の違いでしかないよね、と思っているので、これほどひどく、親からさえ理解されず差別意識を持たれてしまうということは相当に衝撃的でした。

4人の学生がドキュメンタリーでは取り上げられているのですが、彼らがカミングアウトした後の親の対応が様々で…。「何があろうと自分の娘であることには変わりない」と親が受け止めてくれる東洋人に対して、宗教的な戒律に反するから、と結局親との関係を断ち切らざるを得なくなる人や、ゲイの高校に入ってさえ、卒業式では親からズボンを履くことを強制され、髪を無理やり切られて卒業後に自殺未遂を起こしてしまう男の子や……。
(いや、もちろん、その親は親なりにその子のことを親身に心配しているが故に、そうしてしまうのでしょうけれど)

胸が痛くなった。ホント。
本当に一人一人が、ヘドウィグなのだなと。最後の卒業式の場面でシンディ・ローパーが歌う「Midnight Radio」と重なるところはもう涙が止まらない。人は皆孤独だけれど、でも、なんとか自分の足で立っていかないといけないし、「ヘドウィグ」のメッセージがこの子たちにも(そして私にも)響くといいなあ、と切に思いました。

ちなみに上に書いた東洋人の子。はじめは顔のアップばっかりで普通の子だなあ(何か顔が小さいから、背が低い子?)と思ったら、全身映ると10頭身くらいの信じられない体型をしてて。モデルにスカウトされて、帰ってから調べたら今もアナスイのショーモデルなどで活躍しているらしいのですが。その子がモデルになった後、「レズビアンとかモデルとか、自分をカテゴリーで見ないで。私を見てほしい」ということをつぶやいていて、その切ない表情が印象的です。

|

« オノ・ヨーコにまつわる日々 | トップページ | DAVID SYLVIAN「THE WORLD IS EVERYTHNG」コンサート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/16873237

この記事へのトラックバック一覧です: ヴォイス・オブ・ヘドウィグ:

« オノ・ヨーコにまつわる日々 | トップページ | DAVID SYLVIAN「THE WORLD IS EVERYTHNG」コンサート »