« fromニューヨーク | トップページ | ブログのタイトルを変更しました&ちょっとお知らせ »

2007/09/28

ニューヨークより帰国

…しました。6泊だとあっという間ですね~。観劇はそれなりにできましたが、それ以外の部分ではちょっと物足りない感じになっちゃいました。行くつもりだったアッパーウェストもブルックリンも行けなかった。でもそれも次回の目標に(笑)。

結局観劇したのは「RENT」2回、「春のめざめ」2回、「LEGALLY BLONDE」「CURTAINS」の4作品6回でした。
「RENT」はオリジナルキャストの二人、アダム・パスカルとアンソニー・ラップがやはり素晴らしく、初めて「RENT」という作品が自分なりに理解できた気がしました。
2度目の観劇した日の朝に、1幕最後の場面で打ち上げパーティをやる場所として出てくる「LIFE CAFE」、そのモデルとなった同名店に行ってきました。去年も行ったのですが、今回はまた格別。独特の雰囲気で(朝からレッド・ツェッペリンがガツンと掛かってたりして(笑))イーストヴィレッジのコージーな感じに満ちたお店でした。お店のお姉さんも美人(^_^)。「RENT」を見てなかったら私がこのお店に行くことも、アベニューBに足を踏み入れることもなかったかも。と思うと、ジョナサン・ラーソンから始まる不思議なご縁を感じます。

そして、もう一つ。1回目に見る前にチケットを開演1時間前に引き取りに劇場まで行ったら、なんとアンソニー・ラップとすれ違った! マチネ公演のあと、飲み物買いに行った帰りだったようです。入口にいたファンの子の目が輝いているので「?」と思ったら、私の隣にアンソニーがいたので本当に驚きました(笑)。間近で見たアンソニーはとてもカッコよかったです。

そして、「春のめざめ」。これも2度目の観劇は無事JONATHAN GROFFとJOHN GALLAGHER JRが見られました。特にメルキオール役は代役のMATT DOYLEとはまったく違う役作りだったので、2通りのキャストで見られてかえってよい経験ができたと思います。

今、MATT DOYLEのブログを見たら驚きの事実が。なんと私がみた9月21日の「春のめざめ」の公演に、アンドリュー・ロイド・ウェバーが見に来てたらしいのです! その日の公演を見たファンの人がMATTのブログにそうコメントしてました。ロイド・ウェバーは見終わった後率先してスタンディングオベーションをしていたとか。私は彼の存在に全然気がつきませんでしたが、(ロイド・ウェバーは5列目のセンターで見てたらしく、私は10列目の上手側から見てた)、アンドリュー・ロイド・ウェバーと一緒に観劇してるなんて滅多にあることじゃないですよね。.ちょっと嬉しい思い出が増えました。

ということで、各公演の感想や旅行についてなどはまた改めて。

|

« fromニューヨーク | トップページ | ブログのタイトルを変更しました&ちょっとお知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/16599385

この記事へのトラックバック一覧です: ニューヨークより帰国:

« fromニューヨーク | トップページ | ブログのタイトルを変更しました&ちょっとお知らせ »