« Studio Life『孤児のミューズたち』 | トップページ | 日本舞台写真家協会創立20周年記念協会展 »

2007/08/04

劇団四季の「ウィキッド」

1日に見て参りました。
『WICKED』大好きな作品です。

ニューヨークでは2回見てます。最初は公演が始まって間もない2004年2月。オリジナル・キャストのイディーナ・メンゼルとクリスティン・チェノウィスの二人のすごさにノックアウトされ、最後は一人で号泣している怪しい日本人になりました(いや、周りで泣いてる人全然いなかったんですもの(^^;ゞ)。2回目は昨年夏に行ったとき。エデン・エスピノザ(この人、『ブルックリン』のオリジナル主演の人だったんですね、後から知りました)が、私が見にいったときは喉の調子が悪くてちょっと残念な感じだったけれど、その分、作品の持つパワーを実感させられた気がします。

Nec_0087_2
ということで、劇団四季の公演に期待して開幕以来1ヵ月半たった電通四季劇場[海]に向かいました。
劇場があるカレッタ汐留はウィキッドのイルミネーション(右の写真)をやっていて、ビル内もイメージカラーのグリーン色がたくさんあって、観劇前から気分が高まります。こういうのって、芝居見物気分にはとても良いですよね。

見た目がグリーンに生まれたために(自分のせいではないことで)いわれない差別を受ける魔女、エルファバが強く生きていくパワーを、歌の迫力に載せて表現するのが一番の魅力の作品だと思います。
差別という問題を深いところでも考えさせられながら、それをきちんとエンターテイメントなものに昇華しているところが、とてもいい。見ていて、自分も「強く生きたい」と思わされるのです。

四季版はブロードウェイで見たのとはまた違った感動がありました。それは、エルファバ(濱田めぐみ)とグリンダ(沼尾みゆき)の二人の悪い魔女、良い魔女の関係性が明確に見えてきたことです。私の英語力が足りないせいもあるんですけど、ブロードウェイで見たときは魔女二人がもっと独立した存在に見えました。それぞれ対照的な生き方をしてしまった二人というか。

でも、今回の舞台では、二人が深く影響し合う存在だったということ、しかし道は別れていってしまうというどうしようもない悲しさや切なさ、を強く感じました。
これは同じ劇団でこの作品を上演することの利点でもあったなと思います。
(そういえば、一つの劇団で『ウィキッド』を上演するのは、日本が初めてですよね?)

も一つ、エルファバとグリンダが恋をするフィエロの存在が際立っていたこと。
海外で舞台を見ると、例えば『オペラ座の怪人』でも、その…「このラウルじゃ、クリスティーヌはファントム選ぶだろうよ」という見た目の方がやられることがままありまして(^^;ゞ、前2回とも見た感じではフィエロがあまりカッコよくなく(そりゃ、初めはそんなに思慮深い人でない設定ですが)、も一つ際立った印象がなかったのです。

でも、今回のフィエロの李涛さんはカッコよかった!
特に初めのほうのダンスシーンはとてもキレがあってよかったですね。
エルファバ、グリンダ、フィエロの三人のトライアングルがきっちりと出ていたおかげで、作品が表している世界がより大きくなった気がします。

ウェイン・シレントの振付はダイナミックで、エメラルドシティなど電飾を多用した装置、一人一人まで違うデザインの手の込んだ衣装……など、エンタテイメントな面でも、とても見ごたえがありました。

やっぱり特に印象に残るのは、1幕の最後かな。濱田エルファバの熱唱と迫力に、幕が閉じた後、客席のどよめきがしばらくやみませんでした。そして、2幕後半のグリンダとエルファバの二人のシーンで涙、涙…。

うーん、見どころがいっぱいあって、一度だけでは見足りない作品ですよね。ぜひ、また見に行こうと思います。

|

« Studio Life『孤児のミューズたち』 | トップページ | 日本舞台写真家協会創立20周年記念協会展 »

コメント

miyakoさん、こんにちは。
「ウィキッド」、良い舞台だなと改めて思いました。また見たいです……。miyakoさんもぜひ。

「ターザン」終わっちゃいましたね~。主役の方は、一年前にブロードウェイフェスティバルのサイン会で見かけたハンサムなお姿が印象的でしたが、舞台は見ないで終わっちゃいました(^^;ゞ。
実は急に思い立って、来月ニューヨークに行くことにしました(笑)。「春のめざめ」が見たいなと思って(^_^)。
今、「レント」に映画に出てたオリジナルキャストのアダム・パスカルとアンソニー・ラップが出てるんですよね~。でも、確か9月9日までなので、私が行くときは終わってしまってるのです、残念ながら…。

投稿: kaoru(おおはら) | 2007/08/22 02:45

お久しぶりです!暑いですね~
ウィキッド、ついにご覧になったんですね。(って随分たちましたが)
詳細がわかり、ますます早く行きたくなりました!!!

ところで、、、、、ブロードウェイのTARZANが先月で終わっていたんですね。約一年でしたでしょうか。
映画のサントラが大好きだったし、TARZAN役の彼が素敵だったのでショックです。

投稿: miyako | 2007/08/20 21:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/16003884

この記事へのトラックバック一覧です: 劇団四季の「ウィキッド」:

« Studio Life『孤児のミューズたち』 | トップページ | 日本舞台写真家協会創立20周年記念協会展 »