« 東京スウィカ『東風コチ夕立土用波』 | トップページ | デヴィッド・シルヴィアン 来日コンサート 詳報 »

2007/07/08

花組芝居のヌーベルヴァーグ(新しい波)~花組ヌーベル『恐怖時代』

久々のスズナリに足を運んで、階段を上がると入口には加納幸和さんが。今回は加納さんがやりたいことやっちゃう!という実験企画、花組ヌーベルの第一弾。役者が素顔、浴衣姿で演じる「浴衣芝居」ということで、拵えやらメイクがないぶん、入口でお出迎えができるらしいです。物販には今回登場してない八代進一さんがいて、前説も担当されてました。(今日は初日だから、千秋楽に比べてよくないかもしれない。でも、初日にしかない感動もあるかもしれない。そのあたりもお楽しみいただければ……という挨拶が、心に残った。前説・物販にいらっしゃる役者さんも日替わりのようです)

今回演じられるのは谷崎潤一郎の『恐怖時代』。谷崎の戯曲は上演を想定しないで書いているものだそうで、これもあまり上演回数が多くないという難易度が高い作品。今回1回しか観劇できないこともあって(だって、4日間だし…)、先に原作を読んだのですが、これがまたまさに血みどろ。特に殺し場のト書きがすごくて、「谷崎は殺し場の凄惨なト書きが書きたくてこの戯曲を書いたんじゃ?」と思わせるようなものでした。演劇では再現不可能(再現したらただのスプラッタ(^^;)だと思われるところをどう舞台化するのだろう……というところに興味を抱きました。ちなみに私の予想は、以前のリーディング公演でやったのと同じ方式で「ト書きを声に出して読む」というのだったんですが……全然違いましたね(^^;ゞ。

スズナリの真っ暗な舞台に浮かび上がる蚊帳。そして、その中でうごめく人たち。空に浮かぶ丸い明かりは夏の花火もイメージさせる。その不思議な雰囲気に、まず心を持っていかれます。

(以下、配役・内容・ラストなどに触れています)

江戸時代らしき話。お銀の方(加納幸和)は春藤家の太守(北沢洋)の愛妾。しかし、家老の靭負(水下きよし)と通じて、太守の妻を暗殺しようと企む……。

というお家騒動の定型を借りながら、描こうとしているのはそのお家騒動の模様ではない。また、私が予想したような、血みどろな耽美に描く、とかでもなくて。
この花組ヌーベルの舞台で展開されていたのは、皆、突っ走ってあっけなく死んでいく人たちの刹那の輝き。それが一瞬の花火のように大空に打ちあがっていくような、舞台でした。なんかもう、2時間15分口をぽかんと開けさせながら(いや、実際には開いてないですけど)、見つめているのみ、という感じです。

血みどろの場面の表現も、とても工夫がありましたね(でも、舞台とか体に絡み付いて、結構大変そう?)。
一番ぞくっと来たのは女中お由良が死ぬ場面の血の滴り方。そして、武士の氏家(嶋倉雷象)と菅沼(松原綾央)がむごたらしく殺されるのを皆がワイワイ言いながら見てるところが、なんだか肝が冷えました。

原作で読んでたときには、なんでこのラストなの??と訳分からなかったんですが、舞台で見たらなんか力技で納得させられちゃうみたいな(笑)パワーがありました。

お銀の方は加納さん以外には考えられなかったけれど、こんなに可愛らしい部分も持ちつつ見せてくれたのには、ヤラレタ!って感じです。予想を超えた演じ方でした。

で、ヌーベルヴァーグ(新しい波)と書いたのは。
前回の『かぶき座の怪人』で入座した谷山知宏さん、丸川敬之さん、そして、その前に入座した小林大介さん、美斉津恵友さん、堀越涼さんがそれぞれ大役を与えられて、好演されていたことです。
一気に5人というと、まさに新しい風が吹き抜けていっている感じがします。

私の予想配役ではお由良の堀越さんしか当たらなかった(笑)。

お銀の方の腹心の女中、梅野に小林大介さん。加納さんともしっかり渡り合えるような大きさがありました。女形らしからぬところが逆に、悪事を堂々と働ける梅野の強さにピッタリ。それと裏腹に、最後に愛する人に裏切られ殺される場面の切なさはぐっときました。

芝居のとっぱしから大活躍の丸川敬之さん。輪郭がハッキリした芝居をするところが良いなあと思います。

平成のメガネ女形(なんて称号があるのか??)堀越さん。前回の柿喰う客の『誰も笑わない「検察官」』のときも思いましたが、長い場面でも緩急のつけ方がとてもお上手な方だなあと思います。

臆病で自分が生きることだけに必死な珍斎の谷山さん。これってすごく難しいお役だと思うのですが、谷山さんはうまく自分の持ち味のほうに役を引っ張ってこられるのですね。(しかし、お近くで見るととてもきれいな顔立ちしてらっしゃるのに、舞台で見ると百面相ですね…(笑))今回感心した方の一人です。

そして、お銀の方と実は密通している伊織之介の美斉津さん。若い人って長足で進歩するなあ~と…。前の『百鬼夜行抄2』の主役経験も生きてるんでしょうね。役柄の、幼い色気がうまく出ていて、その中に酷薄な部分があって、加納さんの相手役としても遜色ない感じに仕上がってました。

ただまあ、新しい方が出てくるということは、それ以外の方の踏ん張りどころでもあるわけで。新しい波の中で、またさらに発展していくものを見せていってほしいなあ……と思います。

ラストシーンのあと、再び、かやの中でうごめく人たちが出てきてカーテンコールふうに挨拶します。しかし、それが一巡では終わらずに何度も繰り返されるところで暗転。同じ愚かさを繰り返すであろう、人の世がそのまま表れているようで、印象的な幕切れでした。

これは、花組芝居でしかできないような舞台ですね。20周年記念に相応しい、アグレッシブなあり方を見せてくれたのが嬉しかったです。

|

« 東京スウィカ『東風コチ夕立土用波』 | トップページ | デヴィッド・シルヴィアン 来日コンサート 詳報 »

コメント

HSさん
こんにちは(^_^)。『恐怖時代』面白かったですよね~。個人的にはとても好きな作品でした。4日間で終わっちゃうのはもったいない。

今回は、ぼんぼり(?)を花火に見立てるのとか、蚊帳の使い方、面白かったですねー。

最近は怖いものを怖く見せる芝居が多いのですが(←そういうの、結構苦手なのです…)、昇華させた形で見せてくれる加納さんの描き方が好きですし、そのほうがより本質に近づいていけてる気がします。

投稿: kaoru(おおはら) | 2007/07/11 01:01

お久しぶりです。私も本日拝見してきました。
「わかりやすい話だから原作は読まないほうが楽しめるかもしれません」と加納さんからコメントを頂いたので,今回は全く原作は読みませんでした。「ゴクネコ」のあらすじとだぶるところがあり(セミナーで「恐怖時代」をモチーフにしたという話は聞いていたのですが),観ているうちに何となく流れは見えてきました。でも最後があのような結末とは思いませんでした。人間の身勝手さやどこまでも残忍になれる人間の怖さを思ってしまいました。ただその怖さを笑いに紛れ込ませ,陰惨なあるいは陰鬱な舞台にならなかったのはやはり加納さんのうまさなのでしょうね。音楽,照明なども最近はどのようなものを使ってみせてもらえるのか楽しみで,どのようなものが出てきても驚かなくなりました。ゆえの加納ワールドなのでしょうね。

投稿: HS | 2007/07/08 21:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/15693137

この記事へのトラックバック一覧です: 花組芝居のヌーベルヴァーグ(新しい波)~花組ヌーベル『恐怖時代』:

« 東京スウィカ『東風コチ夕立土用波』 | トップページ | デヴィッド・シルヴィアン 来日コンサート 詳報 »