« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007/06/26

因縁と死とエロス~三人吉三

シアターコクーンのコクーン歌舞伎『三人吉三』を見てきました。前回の三人吉三も拝見してますが、自分の中の印象は大分違っています。

庚申丸という刀と金100両が人から人へと渡っていき、それぞれの人の因縁の糸が次第に明らかになってくるという構成はとても見事です。

悪をなさざるを得ない人間って、なんて愚かで悲しく、だからこそ愛しいのだろうなあ…と思わされました。
それは、三人吉三のみならず、登場人物たちすべてがどうしようもなく、生きて、死んでいく姿がリアルに描かれているからでしょうか。(土左衛門伝吉の笹野高史さんの独白のシーンの迫力に圧倒されました)
これだけ耳障りが良い、七五調の河竹黙阿弥の台詞と様式美がありながらも、リアルに心情に訴えかけることができるのは、串田和美さんの演出の技なのでしょうか。

そして、死の影と。プロセニアムアーチ(…って歌舞伎の場合でも言うんだろうか?)が蓮の花の絵になっていて、死後の世界を連想させます。1幕の最後に、「死ぬまで悪党だ」みたいな台詞(すみません、うろ覚え)を3人で言うところで、福助さんのお嬢吉三がふと目線を上に上げるのですね。その目線の先には、客席から見るとあの世の絵があるわけで。そこにぬぐいがたい死への衝動というか、あの世が近い人間のエロス、というかを感じて、ぞくっとしました。
女性の振りをしている盗人のお嬢吉三は、福助さんが演じるとただの男性ではない、アンドロギュヌス的な不思議な魅力があって、際立っていました。

他、印象に残るところは、おとせ(七之助)と十三郎(勘太郎)が初めて出会うシーン。いったんすれ違ったあと、ヨタカのおとせに呼び止められて、振り返るところの勘太郎さんの芝居にうならされた。どうしようもなく恋に落ちていってしまう、男性の心がそのまま見て取れるようでした。

2幕で、因縁の恐ろしさを知り、すべての始末をつけようとする和尚吉三(勘三郎さん)は迫真でしたね。

ラストの壮絶な立ち回りと、3人の吉三の刺し違えるところでは涙がにじみました。

普段、あまりスタンディングオベーションには参加しない私ですが(いや、自分があんまり盛り上がってないのに、カーテンコールだけ盛り上がって拍手するのってヘンでしょ(^^;←辛口)、この作品は素直に立って拍手したい気持ちになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/25

デヴィッド・シルヴィアン 来日コンサート

下にも書いたDavid Sylvian 「The World is Everything」tour、日本のコンサートが決まりました。

10月29日 大阪・芸術ホール
10月30日 東京・オーチャードホール

(オーチャードホールって結構意外…)
詳しくはデヴィッドの公式サイトまで。

来日コンサートは2年ぶりくらいでしょうかね。楽しみです(*^^*)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/16

下北沢 ericafe

Nec_0071_1
「モスクワからの退却」を見る前に、ちょっと軽くお腹に入れて…と思い、ネットで発見したericafeに行ってきました。
このページを見て、一度行ってみたいなと思ったのです。

ザ・スズナリに向かう途中の、ビルの2階にあります。外から様子が見えないので、知らないとちょっと入りにくいかも。

店内はブラウンと白を基調に、シンプルでありながら落ち着いた感じ。椅子やテーブルもアンティークなもののようです。いただいたチョコタルトはほんのりと温かくて、甘味もくどくない感じでとても美味しかった!
カフェオレを頼んだら、こんな感じ←で、思わずお店の人に「上手ですね!」と言ってしまいました(笑)。

雨の下北沢を見下ろしながらしっとりした雰囲気が味わえて、のんびりできました。
また行きたいカフェです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「モスクワからの退却」…私的な感想

本多劇場で加藤健一事務所「モスクワからの退却」を見てきました。

「モスクワからの退却」をする話、ではありません。ナポレオンがモスクワから退却するときの兵士たちの日記「モスクワからの退却」を愛読している夫(加藤健一)と妻(久野綾希子)。33年連れ添っても自分をしっかり見てくれない夫に苛立つ妻、そして初めから掛け違っていた、と思い離婚を切り出す夫。その間に立つ息子(山本芳樹)…というようなストーリーです。

先日、やはり家族をテーマとした舞台の座談会の取材に伺ったのですが、そのときに「家族というのは一番身近な社会。こういう役を演じるときは自分自身の家族のことも考えるし、自分の痛い部分にも触れていかなければならなくなる。そういう意味で大変な作品だ」という話が出てました。なるほどと思ったんですが、やはり、こういうテーマのことだと自分の家族のことを考えてしまう。私は母親を亡くしてますが、非常に仲が良い両親だったので、こういう作品のときにうまく理解できなかったりするのです。(以前、宇宙堂を見たときも、同じようなことがあった)

もちろん、普遍的な部分で、33年間も二人の仲が掛け違っていた悲しさはどうだろう、とか、相手の気持ちが得られないために自分自身の苛立ちで次第に自分ががんじがらめになっていく切なさ、とか、いろいろ想像はするんですけど。

だから、作品評というよりは、私的な感想しか書けないなあ。

息子役を演じた山本芳樹さんが、終幕に両親への愛情を語るモノローグがとても印象に残ります。作品中では両親のとても人間的に未熟な部分(母親が奇矯な行動を取ったり、父親が優柔不断でイヤな態度取ってたり)を見せているけれども、そんな人たちに対して、変わらぬ愛情を注げる姿は、とても美しいです。劇中に息子は「キリスト教は信じてない」という発言を何度かしてますが、彼が最後に示してるのは、キリスト教的な愛に近い気がする。
キリスト教的…っていうか、『トーマの心臓』的な深い愛…?(←ちょうど劇場で萩尾望都先生をお見かけしたので、そういう連想なのかもしれません(^^;。私、萩尾先生と劇場での偶然遭遇率がとても高いです…。もちろん、一方的にお見かけしてるだけですが)
この愛情は血のつながりに由来するものでしょうか。

32歳の大人の男性の役でありながら、こういう清らかな愛を透明感を持って表現できるというのは、今まで劇団(Studio Life)で培ってきた力なのでしょうか。加藤健一さんも、うまく山本さんの本質を見抜いて配役したものだなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/15

デヴィッド・シルヴィアン ワールドツアー

David Sylvian [The World is Everything]ツアーのご案内が来ました。

既にヨーロッパ分は発表になっています。
…というか、ワールドツアーなのですが、日本ではやらないのっっっ。
「これから随時発表」というアナウンスだけに、日本でコンサートがあるかどうかが気になってます。

前回のツアーのときはロンドンまで見に行ってしまった私です。
2、3年に一度しかライブをやらない&デヴィッドも40代後半→ということは、ナマのデヴィッド・シルヴィアンを見る機会は人生の中で、あと数回しか残されていない、という驚愕の事実に気づきまして。
今回万一、日本でなかったら見に行ってしまうかもしれません(^^;。

でも、もうロンドンは後ろのほうの席しか取れないんですけど(涙)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/13

梅酒作りに関するプチショックな出来事

先日、梅酒作りに挑戦したことを書きましたが、今日少々ショックなことが…。
一応、売り場では一番高かった南高梅を買ってみたのですが、今日その売り場を見たらまったく同じ梅が
半額になっていた……。

梅って出荷時期によって大分値段が変わるんですねぇ。
(母が梅酒の瓶に張ってあった紙にも「99.6.17」と書いてあったので、やっぱり6月中旬くらいに買ったほうがお得なんでしょうね)
良い勉強になりました。来年の課題にします(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/06/12

スパイスショップ&カフェ『ポワヴリエ』・ジェラテリアバール『ナチュラルビート』

日曜日、友人が出てきたので外苑前で待ち合わせ…のはずが大雨のため急遽表参道に変更。私は初めての表参道ヒルズに行きました。

お天気のせいか人出も多くなく、のんびりと見て回れましたよ。

ランチはスパイスショップ&カフェの『ポワヴリエ』で大山鶏のカレー。まさにスパイシーで今まで食べてきた、いわゆるカレーとは違った味でした。ご飯がペッパーズライスというもので、雑穀などが入ったご飯。ご飯にペッパーって珍しいですよね(初めて聞いた)。でも、そんなに辛いということはなくて、雑穀系のご飯もカレーに合うのだな…と発見。

続いて、以前友人が来たときは長蛇の列だったというジェラテリアバール『ナチュラルビート』がすぐに入れたので、思わずデザートを(笑)。
種類が結構合って悩むけれど、バナナチョコレートをチョイス。いや、美味しいジェラートでした。バナナ味も濃厚で。アイス食べた、というよりは、ホントにデザート頂いたって感じです。ここはお店のキッチンでジェラートを作っているのだそう。お店の人が「今、あそこに出してるのがそうですよ」とキッチンを指して教えてくれました。お店の人が皆さんとてもフレンドリーでした(^_^)。

久々の友人と韓国ヘドウィグの話やらいろいろと話せて、楽しいお昼のひと時でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/06/11

「春のめざめ」トニー賞受賞!

つい先ほど発表になった2007年トニー賞。トニー賞のサイトによると
「春のめざめ」が

ベスト・ミュージカル賞・脚本賞・音楽賞・助演賞・振付賞・演出賞・オーケストレーション賞・照明賞

と8部門受賞だそうです。

前に「春のめざめ 日本公演?」というブログを書きましたが、今一番見たい作品の一つですね。

トニー賞の模様はNHK BS2で6月16日pm7:55~10:30まで放送されます。
舞台の模様も一部ここで見られるので、それも楽しみです(^_^)。

ちなみに15日~17日はNHK衛星放送3波連動して、「ニューヨークまるごと72時間」というスペシャル企画になっています。
上記のトニー賞のほか、ブロードウェイミュージカル「キス・ミー・ケイト」、中継ニューヨークナイトライフなどなかなか面白そうな企画が目白押し。bshでは「ライオン・キング」のジュリー・テイモアの特番も見られますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/05

柿喰う客企画公演「誰も笑わない『検察官』」を見る

花組芝居の堀越涼さんが出るというので、花組以外(女形以外)で演技をしている堀越さんはどうなのかしら??と思い、「柿喰う客」ホームページから予約して見に伺いました。本日千秋楽。

「柿喰う客」は堀越さんと同じ青山学院大学出身の中屋敷法仁さんが作・演出を担当している劇団。出演者もそのくらい(22、3歳?)の年代の方が多いようです。
いつもは中屋敷さんのオリジナルの戯曲を上演しているそうですが、今回は『検察官』というゴーゴリの古典喜劇に挑戦してます。

ロシアの小都市。賄賂を受け取り私腹をこやしていた市長(堀越)たちのところに、首都から彼らの悪事の査察のため「検察官」がやってくるという話が聞こえてくる。そのときたまたま旅行に来ていたフレスタコフ(玉置玲央)のことを、市長たちは検察官と勘違いして……という喜劇です。

思ったよりも正攻法で作品に当たってるのだなあ…というのが第一印象。
最後、市長がなぜか洋服を脱いでパンツだけになっちゃうのも、飾り立てた部分を取り去られた滑稽さをそのままストレートに表しているようだし、
最後のほうに市長が「お前たち(観客に向かって)は私たちのことを笑えない」(=私たち観客も、取り違えをして滑稽に見える市長たちと変わらないのだ)というところとか、
古典戯曲の中にある今と変わらない部分を、とても分かりやすく表現していたと思います。

場面、場面のつなぎの部分や照明の使い方などはスタイリッシュな感じですが、変に崩さないで演じている分、作品の持つ毒とか苦味がストレートに伝わってきたようにと思います。

ただ、今に生きる人の戯曲を演じる機会が多かったであろう、若い役者さんたちにはちょっと荷が重い感もあって…。こういう戯曲の台詞を生きた人間の言葉として聞かせるのは難しいんだろうなということも改めて感じました。何をもって芝居をリアルと思うのか……なんてことも、考えちゃったりして。

その中では、際立って生きた姿を見せてくれていたのが市長役の堀越さんとフレスタコフ役の玉置玲央さん(柿喰う客)でした。堀越さんは膨大な台詞の量の中で、緩急がハッキリした演技で、観客の気持ちを引っ張っていってくれていたと思います。台詞がないところでも、感情の流れがよく見えてました。玉置さんは(役柄のせいもあると思いますが)とてもイキイキしていて、パワーのある芝居でした。憎めないようなキュートさがありました。

中屋敷さんのオリジナル戯曲のときはもっと違ったタイプの芝居をしているみたいなので、劇団としての評価はそういう公演を観ないとできないですが(というか、この公演も劇団公演ではなく「柿喰う客 企画公演」なのですが)、堀越さんと玉置さんが出るのなら、また見に行ってみようかな…と思いました。

最後に挨拶に出てきた中屋敷さんが、なかなか特異な感じの方で驚きました(笑)。普段は出演もされてるようで、どんな芝居をなさるんでしょーかね??

私は出口付近の席に座ってたのですが、終演後ロビーに出て振り返ったら堀越さんがいらっしゃって驚きました(即行!笑)。おかげでちょっとご挨拶できました。

最後に、すごーく余計なお世話ですが。

続きを読む "柿喰う客企画公演「誰も笑わない『検察官』」を見る"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

Damn Yankees (くたばれ! ヤンキース)

湖月わたるさん、宝塚退団後初の舞台を拝見しました。

「くたばれ!ヤンキース」はタイトルは有名だけど、あまり日本ではやっていない舞台で、公演前にDVDで借りてみたのが初めてでした。「打倒ヤンキース」を目指す弱小球団セネターズのファンの中年男性、ジョーが悪魔の力を借りて若くなって球団に入り、大活躍。でも悪魔の思惑通りにいかなくなったので、ジョーのもとに魔女を誘惑に使わす……。
その誘惑する魔女ローラの役を湖月さんが演じます。
とても男らしい男役だった湖月さんがどう女性役を演じるのか? というのが見る前の注目点でしたが、非常に良かったですね。新しいものに挑戦しようとする意欲が舞台に反映してて、それがますます彼女を舞台で輝かせていたのだと思います。
特に1幕の最後に、ジョーに対する自分の思いに気づいてハッとするところはとても良かった。この作品の中で、ローラが徐々に成長していく様子が見てとれました。

場面として特に見ごたえがあったのは、ラスト近くのジョーとローラのダンスシーン。ダイナミックな高揚感があって、胸躍りましたね。ジョー役の大澄賢也さんも素敵でした。

ジョーの帰りを待つ妻役の杜けあきさんが温かみがある演技で好助演。新聞記者役の矢口真里さんは男性陣を率いてのダンスシーンがあるのですが、さすがモー娘のステージで鍛えているだけあって、きちんと舞台の芯が取れてるのがさすがだなと思いました。

楽しいミュージカルでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/03

梅酒を漬けてみた

Nec_0069

初めて、梅酒を漬けてみました。

ウチの床下収納庫に母が漬けた梅酒が何本かありまして…。最後に漬けたのが2001年。毎年、1年後に小瓶に分けて新しいのを漬けて…というのを繰り返してたのですが、2002年は退院後すぐで忘れてて、そのままになって……なんと既に2007年(^^;。
小分けの瓶に入ってる1998年というものもありますが、梅と一緒に漬かってる大瓶のものも数瓶ありまして、どうしよう…と思いつつそのままになってたのを、ついにチェック。

ちゃんとカビも生えず、おいしそう~な状態の梅酒になってました(*^^*)。

いろいろ調べたのですが、下に沈む果実は取り除かなくてもよい、と書いてあるのもあったので、(今更取り除いても…と思い(汗))、梅の実はそのままにしておくことにしました。
弟の子供が生まれた年に漬けたという小瓶もあったので、それは姪が20歳になるまで取っておくことにして、今、ちょっとずつ飲んでいます。温もりを感じつつ……。

そして、小瓶に分けて空いた瓶に梅酒作り初挑戦! なんか面倒くさそうだったので母が梅酒を作ってるのを手伝ったことがなかったんですが(^^;、母が書き残してた分量で(梅1キロ、氷砂糖800グラム、リカー35度1.8リットル)で、ネットで調べた作り方を見ながら、なんとか漬けてみました。
一つ一つ梅を丁寧に洗い、水に漬けてあく抜きして、梅の水気をふき取って、梅のヘタを取って、容器を熱湯&アルコール消毒して…と大変そうかなと思いきや、意外と簡単にできました。

母はそれぞれの瓶に梅と砂糖とお酒の量を書いたものを貼っていたんですが、最近のレシピを見ると、氷砂糖の量が全然少ないんですよね~。200~600グラムくらいらしい。今は甘いのは流行ってないでしょうね。でも、あんまり砂糖が少ないと持たない気がするんだけど…。

写真で見ると、なかなかキレイでしょ(*^^*)?

ちゃんと出来たかどうかは、1年後の報告をお待ち下さい(笑)。

(こーゆーこと書くのもアレですが、昨日の夜帰ってから、梅酒を漬けようとしたら、床に明らかにミシッと誰かが来た足音が。でも実際は誰もいず…。慣れぬ私を見に来たんでしょーかね、母が…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/06/02

韓国・Hedwig コンサートから帰って

Hed1

ナマで見られたことが貴重な経験だったなあ、と日本に帰ってきて3日たった今、改めてしみじみと感じています。

前半は、
韓国でヘドウィグを演じた役者さんのうち、チョ・スンウさんを除く全員、8人のヘドウィグとイツハク役の女優さんお二人が出る、というものでした。

ヘドウィグの曲1曲と自分の持ち歌なり好きな曲なりを1曲、という構成は、うーん、私がそれぞれの出演者をよく知らない分ちょっと単調な感じはあったかも。(「いつジョンが出るんだ~??」とハラハラしてた27日よりも29日のほうが自分自身が落ち着いて見られたかも。しかし、ヘドウィグと『愛しのエリー』は世界観が違いすぎると思うぞ……←『愛しのエリー』を歌った方がいた)

しかし、日本に当てはめて考えると、ミュージカルの俳優さんが出て、コンサートをやってすべての俳優さんに対してこれだけお客さんがキャーキャーと盛り上がることって考えられないですよね。ちょっと不思議な感じ。韓国の方は基本的にノリが良い国民性ではあると思いますが。

個人的にはヘドウィグの拵えで出てきたソン・ヨンジンさんがなかなかに美しく、通して見てみたいなあと思わせられました。オ・マンソクさんが感動の涙でちょっと言葉が詰まったりして、感激屋さんなのね(*^^*)と微笑ましく思ったりして。彼の「The Origin of Love」もとてもよかったな。


そして、ジョン。

ホントにジョン・キャメロン・ミッチェルのヘドウィグは可愛くてキュートで力強かったです……←いっぱい形容詞をつけても表現しきれない……。『ヘドウィグ』を愛してくれたお客さんに対して精一杯の愛情を、毒舌を交えつつ(笑)、返していました。
あえて、ドタドタしたような動きを交えてるところもとても可愛くて好きだった。ただ、キレイに女装してるだけではないというか。
お客さんの気持ちの吸引力がすごく、また、本当に歌声は圧倒的でした。ホントに力強い。

私は個人的には『ヘドウィグ』は自分の片割れを探す旅から、自立し、一人で立っていく力を身につけて歩んでいこうとする物語、と思っているのですが(正解かどうかは分かりませんが)、ジョンのヘドウィグには、なんであれ、力強い生命力とパワーがあって、それがキラキラと眩しいほどでした。

あと、スティーブン・トラスクのことを何度も丁寧に紹介したりしていて、とても大事にしている気持ちも伝わってきました。


歌った曲をちゃんと紹介してなかったので、改めて書くと。
「Angry inch」「The Origin of Love」
スティーブン・トラスクの「In Your Arms Tonight」のあと、
韓国の衣装アンドかつらで韓国語の歌を2曲(韓国の人は皆知ってるような歌だったみたいです)
再びスティーブンが「The Long Grift」
衣装を元の衣装に戻して「Wicked Little Town」

そしてアンコールで「Midnight Radio」
(初日は「Midnight~」を最後にしないでもう1曲歌うことにした」というようなことを言ってました)「Wig in a Box」

29日はその後にアリーナを走りまくり、ダイブしまくりの「コラージュ」(…っていう曲名でいいんでしたっけ? トマトつぶしてるあたりの曲)

27日からの変更点は。
韓国語の歌を歌うときに、イ・ヨンミさんとオ・マンソクさんと一緒に歌ってましたが、27日は(上手側に座ってた私たちからは死角になる位置の)上手端で歌ってて姿が見えませんでした。でも、29日は3人で並んで歌ってて、このあたりはジョンの配慮を感じました。

しかし、3人で並んでるときに「Oh! …マンソク」と言うジョン……結構オヤジギャグ(笑)?

また、27日は、スティーブン・トラスクが出た後は、ジョンの言葉に韓国語の通訳が入ってたのですが、29日は通訳なしでした。でも、見たところお客さんとも英語でちゃんとコミュニケーションできてたし、何より通訳が入るとどうしてもタイムラグが生じてうまく一体感が取れなくなってしまうので、これは通訳ナシにして正解だったと思います。

細かい手直しをすることでより反応がダイレクトになるものだし、プロ意識というか、より良いものを追求する意識の高さを感じましたね。

下のコメントにも書きましたが、4日には新作映画「ショートバス」の試写会、5日には渋谷(銀座と書き間違えてました、訂正)・アップルストアでのトークショーでジョンは来日するそうです。そちらには…行かないと思いますが(^^;ゞ。

個人的にはとても大きいものを受け取って帰れた気がする、韓国の『ヘドウィグ・コンサート』でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »