« 梅酒を漬けてみた | トップページ | 柿喰う客企画公演「誰も笑わない『検察官』」を見る »

2007/06/05

Damn Yankees (くたばれ! ヤンキース)

湖月わたるさん、宝塚退団後初の舞台を拝見しました。

「くたばれ!ヤンキース」はタイトルは有名だけど、あまり日本ではやっていない舞台で、公演前にDVDで借りてみたのが初めてでした。「打倒ヤンキース」を目指す弱小球団セネターズのファンの中年男性、ジョーが悪魔の力を借りて若くなって球団に入り、大活躍。でも悪魔の思惑通りにいかなくなったので、ジョーのもとに魔女を誘惑に使わす……。
その誘惑する魔女ローラの役を湖月さんが演じます。
とても男らしい男役だった湖月さんがどう女性役を演じるのか? というのが見る前の注目点でしたが、非常に良かったですね。新しいものに挑戦しようとする意欲が舞台に反映してて、それがますます彼女を舞台で輝かせていたのだと思います。
特に1幕の最後に、ジョーに対する自分の思いに気づいてハッとするところはとても良かった。この作品の中で、ローラが徐々に成長していく様子が見てとれました。

場面として特に見ごたえがあったのは、ラスト近くのジョーとローラのダンスシーン。ダイナミックな高揚感があって、胸躍りましたね。ジョー役の大澄賢也さんも素敵でした。

ジョーの帰りを待つ妻役の杜けあきさんが温かみがある演技で好助演。新聞記者役の矢口真里さんは男性陣を率いてのダンスシーンがあるのですが、さすがモー娘のステージで鍛えているだけあって、きちんと舞台の芯が取れてるのがさすがだなと思いました。

楽しいミュージカルでした。

|

« 梅酒を漬けてみた | トップページ | 柿喰う客企画公演「誰も笑わない『検察官』」を見る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/15318987

この記事へのトラックバック一覧です: Damn Yankees (くたばれ! ヤンキース):

« 梅酒を漬けてみた | トップページ | 柿喰う客企画公演「誰も笑わない『検察官』」を見る »