« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007/04/30

直島を旅した(その2)~デヴィッド・シルヴィアンを探して(inカフェまるや)

前も書きましたが、私が直島を知ったきっかけは、David Sylvianが「Naoshima Standard 2」展にミュージシャンとして参加する、という話を聞いてからでした。
スタンダード2展は4月15日までだったので、なんとか駆け込みで見に行く(聞きに行く)ことができました。

P1000207

音楽は、に70分ほど、デヴィッドの曲だけ入ったi Podを借りる形で聞けます。貸し出し時間が2時間と決まってるので、最初の日は全部聞けずに終了(汗)。翌日もう一度借りて、なんとか全部聞くことができました。

デヴィッドのことを知る由もない、年配の方たちがデヴィッドの曲を聞いてる様子を見ると、なんだか愉快です。

前のブログで「呪いの音楽」と感想を書いた人がいた(笑)…と書きましたが、まあ、そう感じるかもしれません(^^;。聴いてて陽気な気分になれる音楽では決してないので。
直島の土地に生きる精霊を、こういうふうにデヴィッドは表現したんだなあ、という感覚です。

現実を音楽によって演出されている感じで、ちょっと不思議な感じになりました。(現実をありのままに受け入れたい人には、ちょっと演出が過ぎるように思われるかもしれません)
「デヴィッドが見た直島」という体感して、なかなか面白い2時間×2日間でした。

さてさて。
デヴィッド・シルヴィアンは、昨年2月と10月に直島に滞在して、作品を作ったのだそうです。
行く前日に「カフェまるや」にデヴィッド・シルヴィアンの日記がある、という書き込みを発見!
もともと、まるやさんには行くつもりだったので、到着そこそこに早速お昼を食べがてらまるやにお邪魔しました。

P1000206P1000208

普通の民家を改装して作ったまるやさんは、縁側からお店に入って、ホントに普通のお宅にお邪魔している感覚です。私がいただいたのは、豆腐のカレー。あっさりとしていて、美味しかった(*^^*)。

さて、気になるデヴィッドの日記……。
店内を密かに物色し(?)、日記らしきものを手にしてみる。

P1000210

しかし、なかなか見つからない…。ので、お店の方に「デヴィッド・シルヴィアンさんの日記があるって聞いてきたんですけど~」と聞いたら、親切に教えてもらいました。

これです!(ちょっと文章をそのまま載せるのははばかられるので、一部分だけね)

Ds


見慣れたデヴィッドの文字が。サインは「d,s」のみです。
お店の方は「何で皆さん知ってるんでしょうね~。(「いや、私もどこかで書き込みを見て…」と返答)シルヴィアンさんはとても気に入ってくださって、3度も食べに来てくださったんですよ。本当に素敵な方ですね」と話してくださった。
図々しく「シルヴィアンさんは何を食べられたんですか?」と聞くと「ベジタリアンだそうなんですが、そのときはベジタリアン・メニューを出してたので、それを召し上がってました」と教えてもらった(笑)。

ちなみに日記の内容は…、「朝○時に起きて、どこどこに行って……」という、ホントに日記だった。

なぜ、こんなところに日記を書くんだ、シルヴィアン……。

日記にも「まるやに行くんだ、と主張した」と書いてあったから、ホントに気に入られたんでしょうね。

まるやさん、お食事も美味しかったし、コージーな場所で、デヴィッドのおかげで楽しい経験ができました。

こちらは、まるやさんのブログ

そして、直島滞在中のデヴィッドが撮った写真たち、さらにこちらもデヴィッドの写真。(デヴィッドの写真って、視点が面白いですよね。こういうふうに日常や風景を切り取るんだって思います)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

直島を旅した(その1)

P1000214

4月12日から13日まで、香川県の直島に行って参りました。

現代アートと普通の島の生活が共存しているところです。
固い表現をすれば「サイトスペシフィック・アート」ということですね(^_^)。
この写真みたいに、「詩吟教室」が似合いそうな古い町並みの中に、現代アートが違和感なく(もしくは違和感アリアリに)入り込んでいて、町歩きがとても楽しいところでした。


こんなふうに

P1000212P1000213_1
P1000215_1

普通のお宅にもきれいなのれんやら、銅版のアートが掛けられてます(のれんは、5年前の直島スタンダード展のときの、加納容子さん作の「のれんプロジェクト」に端を発しているそう)。

町の方も、地図を見て探してると「○○は、ここから行くといいよ~」とか気軽に教えて下さいました。

ということで、いくつかのアーティクルに分けて、直島の思い出を綴ってみますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/27

力がこもったミュージカル~扉座「ドリル魂」

扉座は新しい鉱脈を見つけたのではないか。

と思わせるような、日本のオリジナルミュージカルが生まれた。

扉座「ドリル魂」。
客席は工事現場見学会に行っているという設定。(前方2列は、舞台に合わせてヘルメットを被ったり防塵マスクをつけたりする)
工事現場で起きる様々な人間模様や事件が描かれる群像劇の中で「何かを作ろう」とする人間の力を信じたくなるような芝居。


以前、ロンドンで「Billy Elliot the musical(リトルダンサー)」を見たとき、むくつけき炭鉱の男たちが踊ってるのを見て「こういうのが違和感できるのって、イギリス人ならではだよなあ~」と思ったのだけれど、こういう文脈なら日本人の工事現場の人たちも全然違和感なく歌ったり踊ったりできるということは、自分にとっては発見だった。

違和感がなかったのは、芝居の高揚感と歌と踊りがしっかりマッチしているから。
空中パフォーマンスまで、芝居の中できっちりマッチさせているのは、初めて見ました。
初めは工事道具をつかった「Stomp」みたいな感じ? と思ったのだけれど、芝居の中にその工事道具と、歌とダンスがきっちり融和していることに驚いた。

扉座のベテラン、中原三千代さんも頭の上まで脚を上げてラインダンスしたり、タップを踊っていたのに、喝采(^_^)。

一つ惜しいなあと思うのが、宣伝文句で。「芝居でも、ミュージカルでも、サーカスでもない、本邦初の建築劇」というチラシの文句では何が行われるのか、検討がつかない(今回、いわゆる扉座のメインキャストの方々が出ないこともあり、「見るのパスしようか…」と一瞬思ったことを告白する)。
公演パンフレットを見ると、作・演出の横内謙介さんが「私がイメージする本物のミュージカルへのリスペクト故」(ミュージカルと名乗らなかった)とのことだが、これはもう、日本のオリジナルミュージカルの中の水準をはるかに越えてると思いますよ。
(やっぱり、芝居の部分がきっちりしているから、魅かれるものがあるんでしょうね)

「扉座初のミュージカル!」と素直に銘打ったほうが、いわゆるミュージカルのお客様にも見ていただいて、評価もより得られたと思うので、もったいない気がしてなりません…。


ともあれ、素直にお勧めできる公演だと思います。ミュージカル好きな方にもぜひ。
紀伊国屋ホール、4月30日まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/26

加納幸和さんに聞く『かぶき座の怪人』

花組芝居20周年記念公演『かぶき座の怪人』が閉幕して、早1ヶ月近く…。
今回も、加納幸和さんにお話を伺わせていただきました。
加納さん、花組さんのご厚意により、こちらにアップさせていただきます↓。

「加納幸和さんに聞く『かぶき座の怪人』」

20周年記念公演に相応しいアグレッシブな公演でしたね。よろしかったらぜひお読み下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/24

『コンフィダント・絆』を見る

ゴッホ(生瀬勝久)・スーラ(中井貴一)・ゴーギャン(寺脇康文)という後世に名を残す画家、そして、画家としての才能はまったくないけれどそれに気づいていない、シュフネッケル(相島一之)、モデルのルイーズ(堀内敬子)たちが共に過ごした1ヶ月間の物語。

コミカルな展開の中に、徐々に人々のコンプレックスや悩みが浮き彫りになってくる。それは人々がうらやむような天分を持っている画家たちも同じことで…。悲しい、けど、それでも生きていかないといけないという思いが切なく、そして温かく胸に響いてくる。

印象に残る場面は。
自分自身の才能のすごさに気づいていないゴッホが、天才の煌きを見せる場面。自分との差異を感じて衝撃を受けるスーラとは対照的に。…本当に煌いて見えるんだよなあ。すごいですね、生瀬さん…。

それと、天才たちとは違う、普通の女性であるルイーズが、ゴッホに描かれることによって永遠の生命を得られるのだ、(←私の解釈ですが)、という場面。これもまた、書き手である三谷さんの視点が投影されているのかな。

中井貴一さんがこれほどコメディセンスがおありとは思わなかった。嬉しい誤算でした。

上質な3時間弱でした。
客席のロビーに、4人の絵が掲げられているのも、なかなか粋で素敵です。
そうそう、2幕目の頭に三谷さんが出てきてアコーディオンを弾いてました(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Studio Life奉納芝居+上演祈願

東京大神宮にて行われた、スタジオライフの『Romeo & Juliet』上演成功を祈念しての奉納芝居と上演祈願にお邪魔してきました。

東京大神宮は初めて伺いましたが、昭和初期の建物らしくシャンデリアとか、隅々まで磨きぬかれた木の手すりとか、重厚でとても素敵なところでした。(ご一緒してた編集さんに伺ったのですが、結婚式場としても人気があってなかなか予約が取れないとか)

会場前で、ロミオ役とジュリエット役の役者さんのサインが入った絵馬が売られていて、売り場にいた関戸博一さんが満面の笑顔(ホントに満面だった…)でお客様を迎えてました。

奉納芝居は30分ほど。倉田淳さんが作られた台本により、シェイクスピアのソネット集をロミオとジュリエットが朗読する、というもの。ロミオとジュリエットを抜粋版で演じないところが、面白いところでしょうか。衣装は本番で使うものなのかな。これは、オリビア・ハッセーが演じてた映画の衣装を彷彿とさせるような、クラシックな趣のものでした。
神社での奉納芝居なので、三上俊さん扮する巫女さんがロミジュリの二人を結び合わせる、というオチがついてます(笑)。

ロミオ役の岩崎大さん、涼やかな雰囲気でした。脚長いですね~。会場の一番後ろで拝見してたのですが、通路を通るときに間近に拝見したジュリエット役の舟見和利さんが、14歳の少女の初々しい雰囲気になりきってたのに感嘆しました。この間取材でお会いしたときの舟見さんとは(当たり前ですが)全然違う。役者さんてすごいなあ、と素直に感動するひと時でありました。

感動したといえば。最初に序詞役の藤原啓児さんが後方(つまり一番後ろにいた私たちの真横から)から登場しました。登場のスポットが当たる前、前を向かってるお客さんが見てないときで、今までロビー周りに立っていたときとは打って変わって、役のテンションにすっと入っている姿を間近で見て、これもまた、役者さんの肉体のあり方というのを感じられた貴重な瞬間でした。(ま、実際には、かなりコミカルな進行をしてらしたんですけど)

その後、本堂に移って上演祈願。皆さん、本堂に入る前にはお1人お1人、手と口を水で清めてらして、とても神妙な表情で祈願に参加されてました。でも、ロミオとジュリエットが本堂にいるのってなかなかシュールですよね(笑)。神主さんの祝詞と巫女さんによる舞のあと、皆さんお神酒をいただいて退出。最後に撮影がありました。

どんな『Romeo & Juliet』になるのでしょうね。本番が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/22

ウェディング・シンガー井上芳雄さん&上原多香子さんで上演!

以前、「ウェディング・シンガー 日本で上演?」という朝日新聞の記事に載ってたのをご紹介したのですが、そのときの記事と違い、東宝さんで来年2月上演だそうですね。詳細はコチラ。

井上芳雄さんと上原多香子さんという配役だそうです。王子様キャラの井上さんが、あの、アメリカンなノリのギャグ満載の男性をどう演じるのか、とても興味がありますね(^_^)。気持ちのピュアさは似合いそうです。

昨年夏のニューヨーク滞在中に見た「The Wedding Singer」の感想はこんな感じで、とても楽しんだ1本でした。
80年代パロもきっちりとやってほしいなあ。脚本が飯島早苗さんなのも、「プライベート・ライヴス」のときにホントにイキイキと楽しめる訳台本にしてくれたのが印象深いので、楽しみです。

個人的には、ブロードウェイ版ではボーイ・ジョージヘアーだった(そして、高翔みず希さん似だった(笑))キーボード走者役の人が誰がやるのか、とても気になってます(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/16

ウィーン版「エリザベート」

直島→大阪から帰って来ました~。
14日の夜にウィーン版「エリザベート」を見て参りました。

とても刺激的な作品でした。
オペラの演出を手がける鬼才クプファーらしい、かなり意表をついた演出です。

冒頭の甦る死者たちの後ろに、朽ち果てた、おそらくはプラター公園のものであろう観覧車(映画「第三の男」で有名)があるのを見てぞっとしました。これは、昔の物語ではなく、現在までにつながっている話なのだ…ということを端的に表現していました。
(フランツ・ヨーゼフがエリザベートに求婚する場面も、観覧車の上という設定になっているのですね)


そして、トートダンサーたちが、いくつかの場面でつけている片腕の羽根。初めは「きれいにできてるな」と思って見てただけなのですが、「最後のダンス」の場面になって、「あっ」と思ったことが。東宝版や宝塚版とは違い、トートダンサーは「最後のダンス」の場面では踊らず静止しているのですが、その片翼の羽根はオーストリア・ハプスブルク家のシンボル「双頭の鷲」の羽根の形とそっくりに見えました。つまり、ハプスブルクのシンボルそのものが、ハプスブルクを滅ぼそうとしているのだ……というイメージなのではと。

最近は電光掲示板式に装置を表現する舞台が多いですが、今から10年以上前の舞台ということを考えると、映像の使い方・表現方法は(電光掲示板式ではないにしろ)最先端をいってたものだろうなあと思います。
映像と現実の組み合わせ方というか。
結婚式の場面で、宮殿で歌ってる人たちの上に、見学している現代のひとたちの絵が重なって見えたり。

現代と、滅び行くハプスブルクと、そして強い意志を持った女性シシィと、死そのものであるトートと、すべてが鮮烈に自己主張して絡み合ってるような舞台でした。

「私は美貌で生きていくわ」とか、とりなしをたのむルドルフに「私はもう、夫には頭を下げることは絶対にしないのよ」と厳しく拒絶するのだとか、おそらく日本人には受け入れがたいところもあって、そのへんは小池修一郎さんは日本人に理解しやすい、受け入れやすいように作品をうまくアレンジしていたのだな……というところも、改めて気がつきました。

私が見たときは、エリザベート役がマヤ・ハクフォートさん休演でセカンドの人だったこともあってか、マテさんのトートが主役に見えました。マヤさんで見られなかったのはちょっと残念。

演出の意図しているものをすべて掴みきってない自分がちょっと悔しくもある。もう1回見たかったのですが、さすがにもう大阪には行けないです(・_・)。とにかくマヤさんが見たいので、コンサートバージョンの東京のチケットを取ることを決意しました。

マテさんは、メイクが古田新太さんのようで、見た目そのものはものすごくカッコいいというわけではないと思う(す、すみません…)のですが、見ているうちにどんどんカッコよく見えていくのも、舞台の古田新太さんと同じだなあ~と思います。役者として、非常に魅力がある方ですね。セクシーなロックスターという趣のトートでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/04/12

直島へ!

以前、「大竹伸朗展 全景」のときにも書いたのですが、香川県の直島というところで、「NAOSHIMA STANDARD2」という展覧会をやっています。
もともと、「ベネッセアートサイト直島」として、ベネッセハウス、地中美術館ほか、現代アートが多数展示されている、「現代アートの島」なのです。

私が中学時代からもっとも影響を受けた人の1人、ディヴィッド・シルヴィアンが、この展覧会に参加しています。…といっても、ミュージシャンなので、直島で録音したものをもとにした70分の音楽作品です。これを、i podに入れたものを貸してくれて、聞きながら直島を回る…というものだそうです。

直島スタンダード2展は15日まで、ちょうど14日に大阪で仕事がありますので、前乗りして明日から直島まで行ってくることにしました(^_^)。

そのために一生懸命仕事をして、なんとか終わらせました~。明日6:30出発なのに、まだ荷物は詰めてないぞ~(笑)。(横浜6:30に出て、現地に着くのは12:30くらいです。6時間くらいかかってしまいます…)

ちなみに、ネットで検索していて発見した某ブログのご意見(スタンダード展でデヴィッドの曲を借りた人)。

「私には呪いの音楽にしか聞こえなかった」

……うわー、今までここまでデヴィッドの曲のことを的確に表現した人は初めて見たかも(爆笑)。まだ聞いてないけど、そう言いたい気持ちはわかります。決してエンタテイメントな、楽しくなるような曲にはなってないと思うので。でも、その内省性が良いところなんですよ…。

では行って参ります(^_^)/~~。

さて、呪いの音楽に聴こえるかどうか? 明日、(PCは持っていかないので、多分携帯から)アップできたらしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/10

鈴木勝秀さん演出の『ファントム』

今週末に仕事で大阪に行くこともあって、今必死に仕事しております。
気持ちがほのぼのとできたラッパ屋『妻の家族』とか、柳家花緑さんの落語の会「花緑まつり」の新作落語「最後の一本」が面白かったこととか、いろいろ書きたかったことがたくさんあるのですが、ひとまず。

来年1月、大沢たかおさん主演、現在ウィーン版「エリザベート」に出演中のルドルフ役、ルカス・ペルマンさん出演で『ファントム』を上演するそうです。
演出は鈴木勝秀さん。…と聞くと、宝塚版とは全然違うものになりそうで、今から楽しみです。

というか。
宝塚版『ファントム』ではクリスティーヌが最初に登場する場面、「メロディ、メロディ~」と歌う大オペレッタみたいな場面だったんですが、こんなメジャーコード&オペレッタっぽい曲をスズカツさんが演出したらどんなふうになるのかっ?!というところが、今一番気にかかってます(笑)。

大沢たかおさん+スズカツさんは以前『ディファイルド』で拝見してますし、良い組み合わせなんじゃないでしょうか。
大阪に行ったときに、ついでに梅田芸術劇場で『エリザベート』を見てくる予定なので、ルカスさんにも注目してきます(^_^)。(記者会見にお邪魔したときに拝見したのですが、とても2枚目な方ですよね~)

ところで、クリスティーヌは誰なんでしょーね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »