« 劇団四季『コンタクト』 | トップページ | 鈴木勝秀さん演出の『ファントム』 »

2007/03/27

花組芝居「かぶき座の怪人」千秋楽

終幕、恋助(小林大介)が「姥ケ池」を演じる劇中劇。この世を去り、「天地座の怪人」となってしまった「母」(と知ってか知らずか)九重八重子と目を合わせた瞬間、すごく嬉しそうな顔をする。恋助のその無垢なほどの嬉しそうな顔に思わずちょっと涙ぐむ私。

初日のときは、正直前回2001年公演のときの印象に引っ張られる部分もあって、小林さんの恋助のことが頭の中にきちんと入ってきてなかった気がする。でも、2回目、そしてこの千秋楽と、どんどん頭の中でピースがきちんとはまっていく感じがしました。若手の方は(別の公演のブログでも書いたけど)見違えるほど、どんどん上手くなっていきますね。そういうのを見られるのは観客冥利につきます。

小林さんて、今までの役(「ザ・隅田川」の軍助、「百鬼夜行抄2」の鬼灯)の印象などから豪胆な人なのかなと思ってたんですが、そういう無垢な魅力も持ってるんだなあ。アンビバレンツな二面を持っていらっしゃることが魅力なのかも、と思いました。

そして、私は高荷邦彦さんが花組芝居で演じた役の中で最大の当たり役は、2001年版の「かぶき座~」の早瀬支配人だと思っている人です。その私が、今回の桂憲一さんの早瀬のこともどんどん好きになっていく自分に気づきました。桂さんなりの早瀬がどんどん見えてきたというか。八重子さんと二人で話してる場面とか、本当に相手との呼吸の合わせ方がうまい方なのだなあ、と思う。キュートな早瀬さんでした。
(次の舞台は安寿ミラさんの恋人!!の二枚目クリスチャン役の「シラノ」なので、そちらも楽しみですね)

千秋楽、加納さんの演じる八重子さんは本当に思いがこもっているものでした。ある種鬼気迫るというか…(表現悪いかなあ、でも「怪人」だしね)。下にも書いた、姥ケ池を指導して演じるところは、八重子自身の思いと姥ケ池の鬼婆とがまさに重なって見えたし、「欲望列車に飛び乗って…」とひとりごつところの哀しさは無類です。
一瞬演じる「籠釣瓶花街酔醒」の八つ橋も本当に見事でした。ちょっと見てみたい妄想が膨らんだ。

今回は今まで見たことがない加納さんを見たような気がします。

私は公演としては再演の「ザ・隅田川」(1989年)から花組芝居を見てきて、もう18年くらいになるのですが、「ああ、私は加納幸和という人の魅力を、まだまだ見尽くしてはいないのだなあ…」なんてことを思いました。もちろん見尽くすなんてことはありえないのですが、いろんな作品、いろんな共演者との絡みでもって触発されて、新しい加納さんが次々と生まれていってるんでしょうね。

基本的に観客の立場というのは受身のものだけれど、こと花組芝居に関しては、常に挑戦というか、変わっていく花組芝居に対して、どうそれを私たちが受け止めたらいいかということを試されてる劇団な気がします。
ついていけるだけの感性と柔軟性を持っていきたい、と劇団20周年にして改めて思いを強く持ちました。

|

« 劇団四季『コンタクト』 | トップページ | 鈴木勝秀さん演出の『ファントム』 »

コメント

神戸の件すみません、勘違いしてしまいましたm(_)m。
昨日、「加納さんに聞く『かぶき座の怪人』」でお話を聞かせていただきました(^_^)。今回の八重子さんは大分心情的に変わる部分があったようですね…という詳しい話は、来週アップできると思います。お楽しみに!

投稿: おおはら | 2007/04/12 00:54

こんばんは 残念ながら神戸には行っていません。
ただ東急のセミナーには出席したのですが,その際に加納さんがおっしゃっていたことに,東京の千秋楽で,小林さんが「姥ケ池」のなかで向かい合ったときに,「母さん」と呼んだのだそうです。おもわず「おっ」と万感迫ったそうです。そのような事が舞台の雰囲気を変えたのかもしれませんね。
 おそらく神戸ではもっと盛り上がっていたのかもしれませんね。行きたい気持ちはありましたが,年度末でもあり,仕事の関係上動けませんでした。

投稿: HS | 2007/04/09 23:22

HSさん、神戸公演にも行ってらしたのですね。

>「姥ケ池」の八重子と恋松がタロウの死骸を挟んで向き合うときの雰囲気/印象

ここで恋松が本当に嬉しそうな顔をしてるのが印象的ですが、神戸はどんなだったんでしょうね? ご覧になっていて羨ましいです。

今回の公演は加納さんもまた、(役者として)新しい扉を開かれた公演でもあったのではないかと思います…。


投稿: おおはら | 2007/04/09 01:09

大原さん こんばんは 
東京での千秋楽から1週間が過ぎ,神戸の公演も終わってしまいましたね。1週間たってみてあの千秋楽の雰囲気が忘れられません。「姥ケ池」の八重子と恋松がタロウの死骸を挟んで向き合うときの雰囲気/印象がそれまでに観たときと何となく違って感じられました。大原さんが加納さんの演技をさして「鬼気迫る」と表現されていましたが,まさに「母」としても強い想いを感じさせられました。稽古の場面で鬼気迫り,本番の場面で優しさ,暖かさを感じました。すごく印象が強すぎて,ほかの場面が飛んでしまった気がしています。

投稿: HS | 2007/04/02 23:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/14420898

この記事へのトラックバック一覧です: 花組芝居「かぶき座の怪人」千秋楽:

« 劇団四季『コンタクト』 | トップページ | 鈴木勝秀さん演出の『ファントム』 »