« 心のオアシス、ネットラジオ「accu broadway」 | トップページ | 「Daisy pulls it off」を見る »

2007/02/23

山本耕史さんとスズカツさんによる『ヘドウィグ』を見る

「歴史は塗り替えられなければならない」
というのは、最近取材した方(注・山本さんでも鈴木勝秀さんでもありません)から聞いて印象に残った言葉。

『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』新宿FACEというライブハウスで公演です。
私は三上さんバージョンの初演と再演、そして、韓国でのオ・マンソクさんのヘドウィグを見ていたので、とても楽しみにしてました。韓国版の感想にリンクを張ったので、作品については概ねそちらを見ていただくことにして…。

(ということで、例によって思いきりラストにも触れてますので、未見の方はご注意下さい)
(そして、ヘドウィグの話を知らない人にはわからないような話で申し訳ないm(_)m)

自分の切り離された片割れを苦しいほどに追い求めるヘドウィグ。
今回の舞台の山本ヘドウィグから伝わってくるのは、その悲しさや切なさで……。なんでこんなにも悲しい表情をするのだろう(楽しげな表情を見せるのは、自分を裏切った「片割れ」トミーのためにつくった「WICKED LITTLE TOWN」を歌うときくらい)、と思いながら見てたのですが。

ラストのラストに来て、ガツンと来ました。(今回の)ヘドウィグは最後、トミーのいる(という設定になっている)ドアの向こうを凝視して終わるのですね。
今まで何回か見てきた舞台では、私はトミーがヘドウィグの真の片割れではないと思ってました。最後にヘドウィグはどこかに去っていくラストは、もう一度片割れ探しに出かけているのかと…。
でも、とりあえず、今回で描かれているヘドウィグの片割れは、トミーなのだなと、感じました。
自分を手ひどく裏切り、痛めつけた相手であるトミー。今回の舞台は、ラスト近くに山本さん(というかヘドウィグ役者)がヘドウィグからトミーに早替わりして、「WICKED LITTLE TOWN」を歌うのですが、その前に「どこかで聞いているあの人のためにも歌う(←ヘドウィグの意味)」という台詞を付け加えています。(……今までもあったのだったりして(^^;ゞ。韓国版は言葉が聞き取れなくて分からないしなー)トミーもヘドウィグにある種の思いがあったのだな、と思わせます。

トミーがヘドウィグの片割れであったとしたら……確かにこんなに切なく悲しい話はない。
でも、人間が生きていくということってそういうことなのかも、と思わせるような説得力もあったりして。

今回のヘドウィグはバンドさんからもちょっと冷たい目で見られてる? 感じで、韓国版であった「お気に入りのイケメン・ギター奏者に絡む」なんていう設定は皆無だったのですが、確かにこんな切羽詰った気持ちでいるヘドならバンドさんと楽しく遊んでるようなゆとりの部分はないわな(^^;。

そこで、冒頭に書いた「歴史(解釈)は塗り替えられなければならない」という言葉の連想になったのですが。
それだけのものを受け止められるだけの幅がある作品なのだな、と改めて思いました。

悲しみや切なさが前面に出て、せっかくライブハウスでやってるのにあんまり観客参加型でないのはちょっともったいない気もしますが、まあ、映画のヘドウィグを見ると観客はしらーっとしてますので、そういうのもアリかもしれません(笑)。

個人的には今まで4バージョン見てきた中で一番好きだったのは韓国版ですが(エンターテイメント要素があるもののほうが、個人的には好きなせいかも)、それも人の好き好きだと思います。
とりあえず生きているヘドウィグの切なさを、実体験してみてほしい、そんな作品です。

|

« 心のオアシス、ネットラジオ「accu broadway」 | トップページ | 「Daisy pulls it off」を見る »

コメント

>ユウズさん

ようこそ、こんなところまで(^^;ゞ。よくお気づきになられましたね。…というか、失礼いたしました~。

スズカツさんは今度、大沢たかおさんで『ファントム』の演出もされるんですよね。結構意外な組み合わせですが、こちらもどんなふうに演出されるのか、とても興味深いですね。今まで見てきた宝塚版の『ファントム』とは全然違うものが見られそうで、期待大です。

投稿: おおはら | 2007/04/09 01:13

初めてコメントさせていただいます。
このエントリー冒頭の「歴史は塗り替えられなければならない」にご一緒に立ち合わせていただきましたモノです^^
偶然にもこちらのブログを発見し、「なにかヒントになるものないかなぁ~」と拝見いたしておりましたら、Kaoruさんですよね!?

「ヘドウィグ―」とってもとっても見たかったのですが、結局予定があわず見れませんでした。
スズカツさんの描かれる切なさはずっと心に心地よく残る余韻があってダイスキです、やっぱり見たかった~!

投稿: ユウズ | 2007/04/08 00:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/14014455

この記事へのトラックバック一覧です: 山本耕史さんとスズカツさんによる『ヘドウィグ』を見る:

» オ・マンソク主演「恋するハイエナ」放送&DVD発売記念ファンミーティング開催! [「恋するハイエナファンミーティング」開催決定!【恋するハイエナ公式サイト】]
☆「恋するハイエナDVD-BOX」発売記念ファンミーティング開催決定! 4月16日(月)品川プリンス ステラボールにて 詳細はこちら [続きを読む]

受信: 2007/03/12 13:13

« 心のオアシス、ネットラジオ「accu broadway」 | トップページ | 「Daisy pulls it off」を見る »