« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007/01/24

2度目、25年ぶりに「スウィーニー・トッド」を見る

なんと25年前にも見てる(^^;ゞ『スウィーニー・トッド』を観劇。多分ツレちゃん(鳳蘭さん)が染五郎さん(当時)と共演するから…ということで見に行ったんだと思うけど、残念ながらあまり覚えてません(装置が2階立てだったことくらいしか)。10代だったので理解できてなかったのかなあ? (音で怖がらせる演出はなかった気がするが…)

ご存知、人肉パイ屋のお話。
で、のっけからラスト付近の話で恐縮ですが。
「殺しちゃダメだよ」
というトバイアス(武田真治)の台詞がとても印象的です。
復讐のために人を殺す……というのはなんとなく理解できる気がする。けど、そこから、来るお客さんを皆殺して、パイ用の肉にする、ということになるのはすごく距離がある気が、見る前はしてました。多分、その距離の短さがこの作品の描こうとしているものなんだと思います。(そうすることで、「復讐のために殺す」ことの是非を問うというか)

だからこそ、すごく単純な「殺しちゃダメだよ」という台詞が胸に響いてくるんだと思うのです。
(とはいえ、トバイアスはその台詞とまったく反対のことをすぐしちゃうんですけどね(^^;)
こういうテーマの舞台だけにいろいろ考えさせられるけど、あまり後味が悪くならなかったのはそのせいでしょうか。

時代性のあるセットでなく、現代的なメタリックなセットを使ったのも、今の時代に通じる雰囲気にしていて効果的。
2階の床屋で殺した人を下のパイ屋まですべり落とさせる自動仕掛けのスムーズさが、ブラックユーモアをきちんと表現してておかしかったですね。

トッドの市村正親さんは、まさにカミソリのような切れ味の舞台で、迫力がありました。大竹しのぶさんのラチェット夫人は、どこか憎めない可愛げがあるところがよかったなと。
前述のトバイアス、武田真治さんは、『エリザベート』のトートとは打って変わって、頭の弱い少年の純真さを見せてくれました(純真でなきゃ、ラチェットおばさんを好きにはなれない(^^;ゞ)。

ちなみに、誰の肉のパイはおいしくないか、という掛け合いの歌があるのですが、「ケーキ職人は?」「期限切れ」と時事ネタギャグが入ってました(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人生ラストに見る芝居って何だろうか?

先週末は初雪が降りましたね。全然つもらない雪は淡くはかなく、美しいです…。
1月19日は母の命日で、私の仕事が重なってしまい週末にお墓参りに行ってきました。(本来は命日より前にやるものらしいですが……ちょっと勘弁してもらいました)
もう4年もたってしまったのだなあ……と思うと信じられないし、まあ、時間がたっても悲しみは変わらないです。悲しみに耐える術は身につけられますけどね。

先日、鹿賀丈史さんご出演がファイナル公演となる『ジキル&ハイド』の取材に伺ってきました(鹿賀さんはダンディで、丁寧に話してくださる素敵な方でした)。
仕事はもちろん仕事として常と変わらぬ気持ちで務めましたが、個人的にはとても感慨深いものがあり……。というのは、この公演の2001年初演を見たのが、母と観劇した最後の舞台だったから。以前ブロードウェイで一緒に見て、日本でやるから見に行こうよ…という話になったのだと思います。
(最後に見た舞台って三谷幸喜さんの「グッドニュース・バッドタイミング」かなあと思ってたのですが、後で手帳を調べたら「ジキハイ」であることが判明)
実はこの公演のあとに母に頼まれたり、一緒に見ようとして買ったりしてた舞台もあったのですが、12月に病気が再発してしまったので、それらのチケットは使わずじまいになってしまいました。
だから、ときどき思うのですが、「自分が最後に見る舞台って何だろうな…?」と。多分、それを見てるときは「これが最後」とは思わずに、通り過ぎた後で「ああ、あれが最後だったのか」と思ったりするものなんでしょうね。
自分が生きていく上で、一つ一つを大事にしていかないといけないのだな……とふと思います。

年末に『銀のキス』を拝見しました。ステージが進行したガン患者であるお母さんとの娘とのやりとりを見て、心を揺さぶられるものがあって。自分より年下の、それも男性である林勇輔さんに、なんでこんなに(普遍的な意味で)母親を感じるのだろう……?と思いながら見てました。それは林さんがとても丁寧に、アンという人物の心情をくみ上げていたからでしょうが。林さんはウチの母にはまったく似てませんが、家族に残していったものの温かい手触りを思い出させてくれました。人間は吸血鬼ではないから肉体は永遠には生きられないけど、(この劇中の話で言えば)母や吸血鬼の恋人の思いを娘が受け継ぐことで、人間の命は永遠のものになるのだろうと……改めて感じ取ることがありました。

その伝でいけば、こうやっていろんな出来事をきっかけに思いをめぐらすことで、『トーマの心臓』の中のトーマの詩「人は二度死ぬという 一つは肉体の死 もう一つは人に忘れ去られることによる死……」のように、また母の生命を永遠のものにすることができるのではないかと……(まあ、幻想かもしれませんけど)と思ったりもします。

まあ、『ジキル&ハイド』で母との一番の思い出といえば、ブロードウェイで見たときで。ちょうど(ロックバンド)スキッド・ロウのセバスチャン・バックがジキル&ハイド役をやってたときで、彼はミュージシャンだから歌は上手いけど演技は……まあビミョーな(^^;感じな人でした(スミマセン)。この作品の一番盛り上がるべき場面で、ジキルとハイドの人格が1曲の中で一瞬にして何度も入れ替わるという超絶技巧の演技力&歌唱力を見せる「対決」という歌があるのですが……、見終わった後にずっと、日本に帰ってからも母とは「あれは面白かったよね~」と思い出して笑ってました(←二人とも解釈の方向が間違っている(笑))。楽しい思い出を作ってくれてありがとうって感じでした(^^;>セバスチャンさま。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/18

バタバタと…

8日過ぎから仕事モードに本格始動(遅い?)なんかバタバタしておりました。
先週半ばに伺ったのが、最近よく取材させていただいている劇団のお三人。あとでその内のお一人のブログを拝見しにいくと、「今日取材があった」とご紹介くださっていて恐縮しました。前向きなやる気が溢れている人はお話してても気持ち良いなぁ……と原稿まとめながら思いました。
今週は『タイタニック』『クラブセブン』などを見る予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/07

今日は七草粥

Nec_0054
今日は一月七日。ということで、七草粥を作ってみました。
まず「春の七草」を購入~。しかし、うちの近所ではどのお店でも全部「398円」で売ってましたが、何か協定でもできてるんでしょうか……?

そして、お粥を作ろう……とネットで検索していると「土鍋で作ったほうが美味しい!」と書いてあるもの多数で、お粥炊き上げに初チャレンジ。
土鍋、土鍋……と、「峠の釜飯」を頂いた後に残った土鍋(釜?)があったので、それで作ってみることに。
研いだお米に、2.5倍のお水を入れて、初めは強火、沸騰したら弱火にして30~40分くらい。
Nec_0055


自分でも意外なほど美味しくできました((*^^*)。
この土鍋、一人分のお米を炊くのにも最適らしいので、今度は炊き込みご飯とかに挑戦してみようかな~??

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/01/01

2006年観劇納めは『朧の森に棲む鬼』

2006年ラストの観劇となったのは29日、新橋演舞場の劇団☆新感線『朧の森に棲む鬼』プレビュー初日でした。

3時間半という長丁場ですが、本当にのめりこむように見てしまった。
リチャード3世と酒呑童子伝説から想を得た作品ということですが、冒頭はマクベスのようですね。三人の魔女(鬼女?)がライ(市川染五郎)に王になるという預言をするところから始まります。その預言に従い、己の口から出た出任せのような言葉でどんどん出世していくライ。
ライのゾクゾクするような悪人ぶり、そして、破滅していく姿が哀れです……。
そして、弟分のキンタ役の阿部サダヲさんがとても魅力的! ギャグのキレはもちろん、ラスト近くに見せる姿もはっとさせられるものでした。

ライが「お前(キンタ)は永遠の弟分だ」という台詞があるのですが、これすごいイメージにピッタリの台詞ですよね(笑)。しかし、実年齢を見るとサダヲさんのほうが染五郎さんより上なのだよなあ(笑)。

古田新太さんはマダレ。人物の大きさ(体格じゃないですよ)が出ていてさすがです。

この題材にしてシリアス一辺倒でなく、特に一幕目はかなりのギャグを盛り込んでいて娯楽作に仕上げているのがいのうえひでのり・中島かずきコンビらしい手練の技です。近年の新感線の中ではとても好きな作品でした。
前は大体1演目につき3回くらいは新感線の公演を観ていたのですが、このところは1回に留まってました。
今回はまた見たいな~、という気持ちが沸き起こってます(^^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明けましておめでとうございます

2007年の幕開けです(^^)。
ゆっくりのんびりしたお正月を過ごしています。
昨日は近所の天然温泉「極楽湯」に行って一年をキレイに締めくくってきました。

今年もこんなペースでこのブログを続けていこうと思ってますので、よろしくお付き合い下さいませ。
皆さんにとっても佳き年でありますように……。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »