« グループる・ばる『八百屋のお告げ』を見て泣く | トップページ | zupa「幻想の虹」を見る »

2006/12/12

紫式部ものがたり

年末進行でなんだかバタバタしてまして、結構間が空いちゃいましたねm(_)m。
やっとちょっと落ち着いてきたので「紫式部ものがたり」(日生劇場)見てきました。もちろんタイトルロールの紫式部は大地真央さん。
コメディではじける真央さんを見るのは久しぶりかな~。なんでも徹底してやってる、真央さんのプロ意識はさすがだなと思います。(二部冒頭でブルーの口紅とすごい格好で踊っていても次に出てくるときはきちんとメイクも全部直してたり……という細かいところまで、手を抜かないんですよね)

劇中、真央さんが光源氏に扮するところがあって、「新源氏物語」を見てる私としてはなかなか感慨深いものが。
特に後半は源氏が頭中将と踊る(青海波)場面の衣装で出てくるのですが、宝塚時代の「新源氏物語」は大地真央さんの夕霧と剣幸さんの柏木が踊る場面があって「青海波を思い出させるな…」という設定になってて(そうだった筈……ややうろ覚え)、それを思い出して懐かしい気分で拝見してました。真央さんは当時は惟光と夕霧やってたんですよねー。
真央さんが源氏をやってるから、ということだけでなく、自分が学生時代に宝塚で見てた心のトキメキを思い出させてくれる人だなあ~と思います。

大地さんの隣に花組芝居の植本潤さんがいて、2幕の冒頭とか並んで踊ってらっしゃったりするのを見ると、「おお~~っ」と思いますね。
紫式部の侍女の役ですが、新橋演舞場『和宮様御留』に続いての十二単姿。1年に2度、十二単を着て舞台に立ってる人はきっと潤ちゃんくらいだろうなあ……。(今回は長い袴で出てくるのは、真央さんと中宮彰子役の神田沙也加さんだけなんですが)後半で大地さん、酒井美紀さん、いしのようこさんと一緒に出てる場面があるのですが、「違和感なく溶け込んで」って言うんでなく、微妙で絶妙な違和感というか存在感?があるところが良いなと思いました。もちろんそういう意図があって、潤ちゃんを女形で起用したんだと思います。

安倍晴明は姜暢雄さんで、なかなかカッコ良いキャラクターでした。ピアスが光ってた(^^)。晴明が台詞で「すまじきものは宮仕え…」と歌舞伎由来の台詞を言うのはちょっと気になりました(コメディなんで、わざと時代考証とかを外してるのは分かるんですけど)。

|

« グループる・ばる『八百屋のお告げ』を見て泣く | トップページ | zupa「幻想の虹」を見る »

コメント

いや~、近くで見てもすごくおきれいですよね(^^)>大地さん。前、SMAPの中居君がテレビで大地さんのことを「今まで会った人の中で一番キレイ」と言ってたそうですが、それも分かる気がします。
細かい部分まで決して手を抜かないのは、ホントにプロ意識が高い方なんじゃないかなと思います。

投稿: おおはら | 2006/12/13 15:20

かおるさんこんにちは!
大地真央さんの舞台はすごそうですよねー。
すごくプロフェッショナルなんだろうなーって雰囲気が
バシバシと感じますもん。
相当お綺麗なんでしょうね!

投稿: キャサ | 2006/12/12 21:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/13037528

この記事へのトラックバック一覧です: 紫式部ものがたり:

« グループる・ばる『八百屋のお告げ』を見て泣く | トップページ | zupa「幻想の虹」を見る »