« Studio Life「銀のキス」 | トップページ | 明けましておめでとうございます »

2006/12/24

大竹伸朗展 全景

まさに「全景」。その膨大な量と作品群が持つ力に圧倒されました。

12月24日まで開催という大竹伸朗さんの1955-2006RETROSPECTIVE。「もう終わってしまう~」と終了ギリギリに、用事と用事の合間の2時間ほどで見に行ってきました。
大竹さんの小学生時代から現在までの作品が年代順に展示されていました。
入ってすぐにあるのが、大量のスクラップブック。1977年頃のロンドンの地下鉄の切符20Pなんてのも貼ってあって、ちょっと懐かしく思ったり。そのうちの一冊なんて200キロ以上(!)あるって書いてありました。1冊200キロのスクラップ……どんなんだ……。並の人ができることじゃありません。目に見えて興味があったもの全てを遺しておきたい、とでもいうようなその貪欲さもアートの源なのかなあ。

立体作品で、その細部の一つ一つに細かい細工(新聞の写真の切抜きが貼ってあったり)してあって、遠くから見るのと近くで見るのとまったく作品の印象が変わってくるんですよね。
どういうアーティストか、なんて決して一言では言えない、ただただ圧倒されるばかりの展示でありました。

個人的にはデヴィッド・シルヴィアンとの交流から知った人なので、ちょっとそのあたりの展示もあるかと期待してましたが全然触れられませんでしたね(^^;ゞ。唯一、1977年頃ロンドンに留学していたころに大竹さんが撮影してた写真が展示してあるコーナーで、JAPANのファーストアルバムのポスターが数枚街角に貼られている様子を撮った写真がありました。あのころのジャパンはイギリスでは全然有名でなかったはずなのに、よくこんな写真を撮ったなあ、と思います。(後でUK77という写真集を売店で眺めたのですが、この写真は載ってなかったですね)
ラッセル・ミルズと交流があった、というのが年表に載っていたので、そのあたりのラインからデヴィッドとも親交を持つようになったのかなあ??

直島という島全体がアート展示になってるところがあるのですが(←ということは、私も最近知りました)そちらで「NAOSHIMA STANDARD 2」という島中を使った展覧会が開催されています。大竹さんが出展しているせいか、デヴィッド・シルヴィアンも参加アーティストの一人になってます。ミュージシャンが展覧会に参加って何よ……?と思ったのですが、どうやらi podを貸してくれてデヴィッドの曲を聞きながら展覧会を見るというものらしいです。
行ってみたいのですが、岡山駅から1時間くらい電車に乗って、そこから更にフェリーで行く(もしくは高松からフェリー)ということなので、ちょっと二の足を踏んでます(行けるとしたら、来年3月の「かぶき座の怪人」の神戸公演のころか…? でもそのとき行くとしたら、ウィーン版「エリザベート」の梅田芸術劇場公演も見てきたいんだよなあ……)。この展覧会は一時休止し、2月から4月半ばまで再び開催されるそうです。

|

« Studio Life「銀のキス」 | トップページ | 明けましておめでとうございます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/13178243

この記事へのトラックバック一覧です: 大竹伸朗展 全景:

« Studio Life「銀のキス」 | トップページ | 明けましておめでとうございます »