« 誕生日の夜に | トップページ | 紫式部ものがたり »

2006/11/24

グループる・ばる『八百屋のお告げ』を見て泣く

終わってから「何、風邪?(鼻声で)」と言われたんですが、実は泣いてたんです(^^;ゞ。恥ずかしいので人に分からないように泣く秘技アリ(笑)。

よく当たるという八百屋さんのお告げにより、「今日の深夜12時に死ぬ」といわれた女性(松金よね子さん)を中心としたお話。
終わった後の飲み屋さんで「なんかこういうの見た後って『もし明日の12時までの命だったらどうする~?』って話したくなっちゃいますよねー」と言ったら「それがきっと鈴木(聡)さんの狙いなんだよ」と言われて、なるほど~と思ったりしてました。

もちろん芝居なんですけど、見終わった後は自分の周りの友達に起きた話のような、実体験してたような気持ちになっちゃいました。それはる・ばるさんが20年間で培ってきた人間関係で松金さん、岡本麗さん、田岡美也子さん演じる3人のお友達がとてもリアリティあるものになってたということもあるし、シリアスな部分とコミカルな部分とのメリハリがハッキリしてて、細かいところまで作りこんである鈴木裕美さんの演出のせい、でもあるんでしょうね。
(細かいところ…といえば、ボックスティッシュ5個セットのビニールがピッチリ掛かってて、慌てて爪切りで切って開けようとするのとか、「死ぬかも」と言って落ち込んでた松金さんが「居間に出すティッシュは緑に決めてるのよ」と言うところとか←これは鈴木聡さんが書いてるのか……、リアルですごくおかしい)

自分の中ではたまたまこの劇中の人が考えてるようなことを考えていた時期でもあり(自分の人生があと○十年くらいで、今までの生きてきた時間より短いかな…と思うと、誰でも「どう生きたらいいんだろう」っていうことは考えると思うんですが)、いろんなメッセージを受け取ったような気がする(←これが普通の芝居を見た後の感覚と違うんだろうなー)。

劇中ネット自殺の話が出てきます(今朝日新聞の小説でネット自殺の話を読んでるので、個人的には余計リアルな感じ)。この3人の女性たちのところに、その日たまたま集まってきた3人の男性たち(加納幸和さん、井之上隆志さん、佐藤二朗さん)がいて、彼らがいつの間にか松金さんを真剣に思いやったりするようになる。ある意味、この6人の関係もネット自殺の逆バージョンのような気がふとしました。ネット自殺が人の集まりが「負(マイナス)」に向かったものなら、この劇中の人間関係は「正(プラス)」に向かってるもので、もちろんそのどちらもがあり得ることで。劇中言ってるように「ネガティブ思考は気分で、ポジティブ思考は意思」で変わっていくのかなと。

加納さんはセールスマンの役で、確かにこういう人が現れたら9800円のふとん圧縮セットを3人ともいきなり買っちゃうかも(笑)と思わせるような人でした(←鈴木さんは加納さんの魅力をうまいこと引き出しますよね、いつも)。三つ揃いが似合ってた。上に書いたメッセージというのは、多くは加納さんの役である坂手川さんの台詞で、そういう意味ではわりと鈴木聡さんが考えてることが投影してる役だったのかなと思います。いろんなものが胸に響いてきました。

ところで。たまたま出合った男性二人が、実はそれぞれのラーメン系のブログの読者で、急に仲良くなる! というのも、今はよくある感覚で面白い。しかし、加納さんがハンドル「男爵」で井之上さんが「カッパちゃん」って……ピッタリすぎる(笑)。台詞にたくさん出てきたラーメン屋って実在するのかなあ? それぞれ調べて行ってみたい気持ちになりました←つられすぎ?

|

« 誕生日の夜に | トップページ | 紫式部ものがたり »

コメント

>HSさん
お久しぶりです(*^^*)。
>本当に優しさあふれる舞台でした
本当にそうですね。最後にカッパちゃんのことで我がことのように喜んでる男爵を見て、会ったばかりのはずの(でもネット上では会ってたとも言える)二人の心の交流の優しさが感じられたのが、とても心に残りました。

投稿: おおはら | 2006/11/27 17:33

お久しぶりです。私も本日観てきました。4/5程度は涙目状態が続いて,坂手川さんの台詞聞きながら,思いっきり泣いていました。私も同じような事(どう生きて,どのように死んでいくのか,それはいつころなのだろう 等々)を感じていたり,考えていたこともあり,すごく気持ちに入り込んできた芝居でした。でも観終わったあと気持ちが陰にならずすんだのは,全くの他人である男性3人のありようにあったのかもしれません。人と人のつながり,やさしさに救われたのかもしれないと今思います。本当に優しさあふれる舞台でした。

投稿: HS | 2006/11/25 22:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/12802812

この記事へのトラックバック一覧です: グループる・ばる『八百屋のお告げ』を見て泣く:

« 誕生日の夜に | トップページ | 紫式部ものがたり »