« 加納幸和さんに聞く『百鬼夜行抄2』アップしました | トップページ | 誇り高くあれ~劇団四季の『コーラスライン』 »

2006/10/17

『JAIL BREAKERS~ジェイル・ブレイカーズ~』

ロックとスピード感と、そして何より役者の魅力とが溢れてる舞台でした。
無実の罪にはめられた男(松岡昌宏)が「ムショ(刑務所)・ロック・フェスティバル」を利用して脱獄(ジェイル・ブレイク)を試みようとする話。
ジャニーズの松岡さんと小劇場の手練の面々がうまく絡み合うことで、プロデュース公演のお手本みたいな舞台に仕上がってました。荒唐無稽な設定もありますが、役者の熱気で乗せて見せてくれて、最後は熱いライブで終わる。素直に楽しめました。
結構場数があるのですが、装置転換に工夫があって(二つの場面を重ねて見せるところや大胆な装置転換もあり)、テンポ良く見せてくれてます。
久ケ沢徹さんのギャグが本領発揮(^^)。梅ちゃん役の植本潤さんはラブリーな気弱キャラから一転してみせる凄みが怖いほど。なんかすごい役者さんになったものだなと思います。
私にとっては「ベスト・テナルディエ」(『レ・ミゼラブル』の)の一人であったコング桑田さんは、レミを経て一段と大きさが増したなあ……と(体型じゃないですよ(笑))。刑務署長の役なので歌は聞けないかしらと思ったら、カーテンコールで迫力のボーカルが聞けて嬉しかったです。
河原雅彦さんも意外な扮装が見られますが(誰よりも衣装替えが多いし(笑)、でもおキレイでした)、不思議な存在感が役にはまってたように思います。

こういうまさに百戦錬磨の人たちのサポートを受けて、松岡さんもさらに魅力的で堂々たる主役ぶりでした。チンピラっぽい雰囲気(…スミマセン)はお手の物でしょうが、この舞台のタイトルにならえばギンペイ自身が最後に自らの何かを「ブレイク」させてる様子がハッキリ伝わってきました。

植本さんは以前からキーボードはやってらっしゃいますが、三上さんや久ケ沢さんがギターやベースを弾くのが殆ど初めてだったようで(@_@)、芝居の稽古よりも楽器の稽古のほうをたくさんやってたとか(笑)。でも、それで演奏してこれだけ魅せてくれるのって、やっぱり役者さんだなあ……と思います。

|

« 加納幸和さんに聞く『百鬼夜行抄2』アップしました | トップページ | 誇り高くあれ~劇団四季の『コーラスライン』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/12318084

この記事へのトラックバック一覧です: 『JAIL BREAKERS~ジェイル・ブレイカーズ~』:

« 加納幸和さんに聞く『百鬼夜行抄2』アップしました | トップページ | 誇り高くあれ~劇団四季の『コーラスライン』 »