« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006/10/31

『RENT』を見た後に見た『チック,チック...ブーン!』

『tick,tick...BOOM!』は前回の初演のときも拝見していますが、実はそのときは『RENT』を見たことがなくて。

映画とブロードウェイの『RENT』を見た今、再び『チック,チック...ブーン!』を初日に見て、前回とは全然違う印象を受けた自分に驚きました。良いことか悪いことかはわかりませんが、『RENT』を見てるのと見てないのとではこの作品の見え方は大分違う気がします。

ジョナサン・ラーソンが35歳に突然死し、遺作となり唯一の作品と言われていた『RENT』。その『RENT』より5年ほど前に作られた作品は(パンフレットによるジョナサン・ラーソンのお父さんのコメントによると)元々一人芝居で、「ロック・モノローグ」とジョナサンは呼んでいたそうです。「あまりに挿話が私的なので、作品の上演許可を求められたときに心が揺れた」ともあります。この作品を最初に上演しようとしたスコット・シュワルツ(演出家)らはおそらく「『RENT』のジョナサンが作ったものを、世に出したい」という思いが強かったのではないかと思います。
これがどうして3人芝居という形に進化していったかは、パンフやネットでちょっと調べた範囲では判明しなかったのですが。

さて、劇場に足を運んで一番最初に思うのは「……『RENT』のセットに似ている」ということです。
「ジョナサンの作ったものを世に出したい、表現したい」という演出の吉川徹さんや、自ら「日本のあなた(ジョナサン)は、僕です」と語っている山本耕史さんの強い思いが、装置のみならずこの舞台に溢れていたように思います。
それは真似をするという意味ではもちろんなく、ジョナサンの生き方に刺激を受けた人が、その精神を自分のものとして表現、体現しようとトライする意思、というのでしょうか。そういう意味でとても「思いが深い」舞台だったと思います。

30歳の誕生日を目前に、ミュージカル作者として成果を出せないで、揺らぐジョナサン。その心の揺らぎを、激しいロックや美しい曲に載せて山本耕史さんは余すことなく見せてくれました。ためらい迷う様も魅力的に映るのは、今山本さんが充実している証でしょうか。次の『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』もとても楽しみです。
非常にリアルな人間の息遣いを感じさせてもらって、私が『ライフカフェ』に行って感じたこととは違う意味で、またジョナサンという人物に触れられたような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/27

冬のソナタ・ザ・ミュージカル(結末・内容に触れてます)

今、韓国の演劇事情はなかなか興味深いものがあります。
今回のNY行きで『ALTAR BOYZ』を見たのですが、後で調べたら韓国では既に公演されていたのですね。日本よりも韓国の方が欧米作品を取り上げるサイクルが全然早い気がします。
私自身、観劇して非常に良い印象を頂いた、韓国版「ジキル&ハイド」日本公演「ヘドウィグ」(韓国・ソウル・大学路ライブ劇場)
韓国の小劇団がソウルで上演した『ガラスの仮面 舞台版』なども見ていて、これも非常に面白かった(特にepisode1のほう)。
今回は『冬のソナタ』をユン・ソクホ監督が演出してミュージカルにする…ということで気になっていて、千秋楽ギリギリでしたが見て来ました。

20061026130958

韓国ドラマもすごいファンというわけではないですがいくつか見てます(今は『チャングム』見てる(^^))。でもその中では自分としては『冬ソナ』は別格かなと。多分ユン・ソクホ監督が作ってる世界観が好きなんだろうなと思います。

作品としてはあまりカッコよろしくないところもあります。明るいミュージカルシーンを盛り込んだところは振付などがちょっと古臭い感じ。ミニョンさんが明るく歌い踊るところはクールな人という役の設定と外れてる気もします。あと、映像系の方が演出するとなりがちな「全場面暗転転換」というのもちょっといただけません。(映像で見せてくれる絵面の美しさは、舞台版では残念ながらあまりなかった)

ただ、そういったものを超えて、人の愛する思いの切なさを美しく伝えようとするユン・ソクホ監督の姿勢に心打たれました。
『冬ソナ』は名場面がいっぱいあるので、名場面と名台詞をつなげて『冬ソナ』の曲だけで作ることもできたはず。そうしないで、『冬ソナ』に新しい生命を与えようとしたことも高評価です。

ドラマ版のキーワードは「初恋」なら、ミュージカル版のキーワードは「記憶」ですね。(韓国語でも「記憶」は「キオク」というんですねぇ)

(以下結末に触れてます)
ドラマ版では目が見えなくなったチュンサンとユジンが再会するところで終わりますが、今回の舞台はチュンサンは死んでいく。でも彼は死んだ後もその愛を生きている者に残すことができると分かって、従容として死に向かうのです。こういう死生観が『冬ソナ』の根底にあったんだな、というのは新たな発見でした。ドラマ版で伏線として描かれていたポラリスとかも、実はその残した愛が(その人が死んだ後も)生きている人にポラリスのように道しるべになるということを描きたかったのかなと。そこで、最後に(ドラマ版の曲)『マイ・メモリー』につなげていくのは見事だなあと思いました。(泣いちゃいました)

私が見たときはチュンサン(記憶を喪っているときはミニョン)役はイ・サンヒョンさんで、素晴らしい歌唱力でした。ドラマ版では2話分くらいのミニョンの心情の変化を1曲の歌の中に込めて聞かせていたのが、すごかったです。

死の精霊を演じてたヤン・ジュンモさんは(役柄から連想されるように)ファントムをやったら似合いそうな感じでした。

写真は劇場に展示してあったドラマ版14話「2度目の交通事故」の衣装。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/24

ブロードウェイ・フリー・マーケット

Flea1_1
「ブロードウェイ・フリー・マーケット」という催しがNY滞在中にあって、行って参りました。エイズ基金 「BROADWAY CARES/EQUITY FIGHTS AIDS」への募金のためのフリマなのですが、これがすごい!

現在のブロードウェイ公演中のスター15人くらいにその場でポスターにサインしてもらう権が30ドル。
そしてスターとツーショット写真が撮れる権が10ドル!(@_@)
(私が覗いたときは、『ターザン』主演の超イケメンスター、JOSH STRICKLANDが笑顔でファンとツーショット撮ってました)


Flea2_3
  
  
  
これはオークションで売るお宝グッズを展示中。
  
  
  
  
Flea7_2
  
  
  

『ダンス・オブ・ヴァンパイア』のお宝グッズです。
  
  
  
  
Flea3_1
  
  
  

『WICKED』のブースです。サイン入り写真やサイン入り魔女帽子も売ってました。
  
  
  

Flea6_2
  
  
  

『RENT』のブース。
  
  
  
  
Flea8_1
  
  
  
 
こちらは『ライオンキング』のブース。
  
  
  
  

Flea5_1
  
  
  
売り子さんもこんな感じでした(^^)。

ブロードウェイ関係のレアグッズや古いプレイビルなんかも売っていて、見て歩いてるだけでも楽しかったです。

以前夏に行ったときは「ブロードウェイ・イン・ブライアントパーク」という無料のイベントで、現在ブロードウェイで公演中の舞台出演者が普段着スタイルで歌い踊ってくれるというのを見ました。
ニューヨークってこういう催しを無料でやってくれるのがいいですよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ブロードウェイ一の有名人を激撮

Cow

……いや、ネイキッド・カウボーイなんですけど(汗)。
タイムズスクエアに毎日立って裸姿でギターを弾きまくる謎の超有名人男性。でも私は遭遇するのが初めてだったので、嬉しくて写真撮ってしまいました。
(大勢の人が写真撮ってましたが、それも何故か女性ばっかりなんですよねぇ……(笑))

Cow2

おまけで、先に書いたニューヨークのアバクロ前のイケメン店員様の写真もアップします。

(別に上半身裸の男性の写真を撮る趣味があるわけではありません(^^;ゞ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/23

「ウェデイング・シンガー」日本で上演?(@_@)

NY滞在中にとても楽しく拝見した『THE WEDDING SINGER (ウェディング・シンガー)』ですが、朝日新聞の夕刊によるとフジテレビさんが上演権を買ったとありました。上演予定とかはまだ出てないようですが、日本でも見られそうですね。
NY版は機知に飛んだ舞台だったので、あの楽しい雰囲気のままセンス良く見せてくれる日本版を期待します(^^)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/10/22

誇り高くあれ~劇団四季の『コーラスライン』

ブロードウェイで16年ぶりに帰ってきた『A CHORUS LINE』を見たことは前のブログで書きましたが、これを機会に久々~に劇団四季の『コーラスライン』を見てきました。

えー、どれくらい久々かというと、多分山口祐一郎さんが出てたとき以来(汗)……って何年前……(^^;;;? 劇団四季ももちろん時々拝見してますが、やはり新しい作品中心に見てしまうので、ご無沙汰になってしまいました。
実は日本初演版も見てまして、そのころの私は高校生で「もうすぐ30歳、嬉しくてたまりません」と言っていたシーラ(前田美波里さんでした)が自分にとってははるかに遠い、想像の中の年代のことのようだったんですが、今はキャシーよりも年上になってる自分に驚いてしまいます(笑)。

さて、冒頭。アバクロのTシャツを着てオーディションを受けに来ている人もいたりして、ああ、これは現代の話なのだな、ということを感じます。実際台詞の中も、たとえば26歳の人がいたとしたら1980年生まれという設定になっていて、リアルタイムという設定になっているのですね。(ブロードウェイ版が初演当時の年代の設定となっているのとは対照的です。衣装も70年代ファッションでしたし)

25年間、リアルタイムであり続けることは非常に難しいことだと思うのですが、それに果敢に挑戦し続けてきたのはやはりすごいことだなと思います。もちろんそれは普遍・不変の魅力を持つ作品だからこそできることなのですが。

翻訳作品を日本人としてのリアル感を得られるようにアダプトするという試みは、たとえば最近の『ゴルフ・ザ・ミュージカル』や『プライベート・ライヴス』などがあります。が、それよりはるか前から、『コーラスライン』の中でもトライされてきたのだ、ということを今回拝見して改めて感じました。
下のブログにポールが過去を語るシーンで「7歳が42丁目の映画館に?」という台詞があったことを書きましたが、四季版を見たら「42丁目」の部分はカットなのですね(「7歳なのに一人で映画館へ?」と驚くというニュアンスに変えてありました)。確かに日本人に42丁目=悪場所という感覚はないですから、言われても分からない。その後「イーストヴィレッジの劇場に出た」という台詞があるのですが、(当時の)イーストヴィレッジが柄が悪いところというのはやはり今の私たちでは(よっぽどNYとか行ってる人でないかぎり)分からないので、それもカット。と一つ一つの台詞まで吟味しているのだということを、NY版を見て改めて気づきます。

やはり個々のキャラクターを打ち出すという点では、肌の色も人種も違う人たちが演じるのと、同じ民族の人が演じるのとは(中国人の方も出演してらっしゃいましたが、まあ同じアジア人ですので)大分違って見えるのは仕方ないし、それで当たり前かなと。
一方、「ONE」になるということの魅力は四季版のほうにより強く感じました。NYで見たとき「ちょっと古めかしい感じ……?」と思ってしまった♪12、13~♪から、♪俺にボール回せ♪(タイトル不正確です)というナンバーは、集団の迫力やパワーがあってとても素晴らしかったですね。
これも、一つの作品を長く上演してきたことの賜物かと思います。

さて、タイトルに書いた「誇り高くあれ」というのは、シーラ(八重沢真美さん)のこと。オーディション会場を去るシーラの姿は、毅然として誇り高かった。NYで見たシーラは終りが近づいている悲しみを感じさせたけれど、八重沢さんのシーラは多分(この後も舞台に立ち続けるかどうかは分からないけど)どんな形であれ誇りを持って生きていける人に違いないと、そんな強さと気概があるシーラだったように思います。
そう。そして、劇団四季の『コーラスライン』も、日本初演から年月を経た今でもやはり「誇り高く」存在し続けてくれていて、それが嬉しい観劇でした。

余談ですが、パンフと舞台を見て「……私、多分、この人と話をしたことがある」と思った前田員範さん。最初のオーディションで落ちてしまうメンバーの役でしたが、家に帰って調べてみたら分かりました。昨年シアターコクーン『キレイ』のパンフレットの仕事でコメントをお聞きした出演者のお一人でした(@_@)。(あのときすごい人数の出演者がいらしたので…)ちょうど稽古場に伺ったときに、台本にない「ドンキホーテ文化村前店の前田」さんという役をやり始めたところで、ドンキの袋を持った松尾スズキさんと一緒に登場してらした姿が思い出されました。『コーラスライン』のパンフによると「2005年11月オーディション合格」とあります。『キレイ』のあともこうやって頑張ってらっしゃるんだなあ、と密かにエールを送らせていただきます(^^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/17

『JAIL BREAKERS~ジェイル・ブレイカーズ~』

ロックとスピード感と、そして何より役者の魅力とが溢れてる舞台でした。
無実の罪にはめられた男(松岡昌宏)が「ムショ(刑務所)・ロック・フェスティバル」を利用して脱獄(ジェイル・ブレイク)を試みようとする話。
ジャニーズの松岡さんと小劇場の手練の面々がうまく絡み合うことで、プロデュース公演のお手本みたいな舞台に仕上がってました。荒唐無稽な設定もありますが、役者の熱気で乗せて見せてくれて、最後は熱いライブで終わる。素直に楽しめました。
結構場数があるのですが、装置転換に工夫があって(二つの場面を重ねて見せるところや大胆な装置転換もあり)、テンポ良く見せてくれてます。
久ケ沢徹さんのギャグが本領発揮(^^)。梅ちゃん役の植本潤さんはラブリーな気弱キャラから一転してみせる凄みが怖いほど。なんかすごい役者さんになったものだなと思います。
私にとっては「ベスト・テナルディエ」(『レ・ミゼラブル』の)の一人であったコング桑田さんは、レミを経て一段と大きさが増したなあ……と(体型じゃないですよ(笑))。刑務署長の役なので歌は聞けないかしらと思ったら、カーテンコールで迫力のボーカルが聞けて嬉しかったです。
河原雅彦さんも意外な扮装が見られますが(誰よりも衣装替えが多いし(笑)、でもおキレイでした)、不思議な存在感が役にはまってたように思います。

こういうまさに百戦錬磨の人たちのサポートを受けて、松岡さんもさらに魅力的で堂々たる主役ぶりでした。チンピラっぽい雰囲気(…スミマセン)はお手の物でしょうが、この舞台のタイトルにならえばギンペイ自身が最後に自らの何かを「ブレイク」させてる様子がハッキリ伝わってきました。

植本さんは以前からキーボードはやってらっしゃいますが、三上さんや久ケ沢さんがギターやベースを弾くのが殆ど初めてだったようで(@_@)、芝居の稽古よりも楽器の稽古のほうをたくさんやってたとか(笑)。でも、それで演奏してこれだけ魅せてくれるのって、やっぱり役者さんだなあ……と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/11

加納幸和さんに聞く『百鬼夜行抄2』アップしました

先月閉幕した花組芝居『百鬼夜行抄2』、花組らしいテイストが溢れた楽しい舞台でしたね。

今回も加納さん、そして花組芝居さんにご協力いただいて、「加納幸和さんに聞く『百鬼夜行抄2』」をアップさせていただきました。

コチラです↓

http://homepage3.nifty.com/kaoru_web/hana/interview/hyakkiinterview.html

『百鬼夜行抄2』のことももちろんですが、来年の20周年記念公演のことも伺っています。
早くも楽しみになってまいりました(^^)。

ぜひご覧下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/08

NYでお会いした…

キャサさんのブログ「Thanks!」です。
渡米前にちょっとご縁あってやりとりしてたんですが、NYで初対面! と相成りました。
ステキなご主人様とボストンで仕事してらっしゃる妹さんともご一緒させていただきました。
文章から伝わってくるとおり、活気があってチャーミングなキャサさんで、とても楽しい一晩になりました。

ご一緒したお店はNY32丁目のコリアンタウンにある「シーラ(新羅)」。突き出しもいっぱい出てくるし、チゲ、プルコギなどとても美味しかったです。サービスで出してくれたお豆腐を薄味で煮たのが、疲れた胃袋に優しかった。

食後はキャサさんたちが泊まってらっしゃるホテルの屋上のバーに。エンパイヤステートビルとクライスラービルが両方眺められるという絶好のポジションでナイスビューを堪能させてもらいました。

こういう新しい出会いがあるのも旅の醍醐味の一つですよね(^^)。キャサさん、どうもありがとうございました。
NY旅行については、キャサさんのところがとても参考になると思いますので、ぜひそちらもどうぞ(^^)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/10/07

久々の木原さん

昨日WAKUプロデュース『VS。! ~とりあえずビール??~』を拝見する。多くは声優さんが出ている舞台だそうなのだが、花組芝居の原川浩明さんと元花組芝居で現在は日本テレビ気象予報士の木原実さんが出演するということで見に伺った。木原さんが出ると急に芝居の輪郭がハッキリしてくる気がする。その存在感は得がたいもので、また機会があれば舞台を拝見したいなと思う。(日テレで毎日19時まで番組があるから、そうは出られないでしょうけど…) 原川さんが『少女人形』伊藤つかささんの相手役というのも(@_@)でした。

終演後、とてーも久々に木原さんとお会いした。変わらぬ明るいテンションの木原さんが好きだわー(^^)。
「原川と絡みがある役をやるのは長九郎以来だから18年ぶりくらいですかね~」
エエッ、長九郎、長九郎……、家に帰ってから調べると『ザ・隅田川』(1989年)だった(@_@)。
私「前、お子さんと一緒に舞台に出てませんでしたっけ? 博品館で……」
「そうそう、『怪誕身毒丸』のときのゲストで。それも原川と一緒にやったなあ」
私「そのとき原川さんが博品館の案内さんを拉致して、『エリザベス』って呼んでましたよね?」
…周りの人に「なんでそんなこと覚えてるの?」と驚かれる(笑)。
いや、そのときの方が非常にノリが良い方で印象が強かったから、それ以来私の中では博品館の案内さんは「エリザベス」としてインプットされているのです。なんと当時のエリザベスさんは今も現役で博品館で案内してらっしゃるそうだ。

原川さんと木原さん、そして加納幸和さんも含めて日大芸術学部の学生時代以来の仲だから、今も心の絆が深いのでしょうね。それをとても気持ちよく拝見できた一晩でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/04

ニューヨークに帰ってきた『A CHORUS LINE(コーラスライン)』

Acl


16年ぶりにブロードウェイに帰って来た『A CHORUS LINE』。実は日本初演版から見てる私としては(汗)これを外せるはずもなく、プレビュー公演を見に行ってきました。
NY観光を終えて普通の観劇のつもりでのんびりと劇場に現れた私は、まずお客さんのテンションの高さにまずビックリしたのでした。いつものブロードウェイの劇場と違う! ブロードウェイの劇場って観光客率も高いので、割といい加減な服装の人が多いのですが、スーツ姿の男性やワンピースでオシャレしてる女性とかきちんとした身なりの人が多く、本場の舞台ファンが期待を持って劇場に来ているのを肌で感じました。

開幕してからも、一曲一曲終わるごとの拍手がものすごくて、ショーストップ状態。一番最後のオーディション結果が出るところで驚きの反応がなかったので、多分『コーラスライン』を一度は見たことがあるお客さんが多かったのだと思います(まあ、映画版もありますしね)。名作をブロードウェイに再び迎えるという喜びに満ちた客席でした。
ちなみに、私の後ろの男の人は一緒に歌を口ずさんでいた(^^;ゞ(日本ではたまにいるけど、海外で「口ずさみオヤジ」に会うのは初めてです……)。

私が取れたチケットは前方の下手端。結構見切れもある席でしたが、見てる間中本当にワクワク感がずっと続きました。
内容はというと(私の記憶の範囲ですが)ほぼ改変はないと思います。もしかして冒頭の人数が絞られる前のオーディションシーンの尺がちょっと長い気もしましたが、確信は持てないです(※実は変わってないようです)。衣装はきっちり70年代テイストで、たとえばボビー(ご指摘により名前訂正。シーラと仲が良い男性です)の衣装が体にピッタリしたセーター。振り付け、台詞も大きな変更はなく、初演演出を踏襲する形の舞台になってたと思います。

ニューヨークの劇場でのオーディションという設定なので、「ブロンクス」という台詞が出ればブロンクス在住の人(?)から「イエ~~」と声が上がったりします。「ブロンクスがどこかって? だから、劇場を出て右に行って…」という台詞がリアル感があるのですね、当然。
でも、たとえば、ポールの独白中に「えっ、7歳で42丁目の映画館に行ってたの?」とザックが突っ込みを入れるところを聞くと、時代の変化は如実に感じるのですね。70年代当時は本当に悪場所だった42丁目ですが、今の42丁目は7歳が一人出歩いても平気な感じの健全な娯楽の街になってるので。
「Hello twelve,Hello thirteen,Hello love」のところなどは今見るとちょっと古めかしいというか懐かしいテイストに感じる部分もあります。

だから、今の「ACL」で変わったものは、ブロードウェイとアメリカを取り巻く社会状況。そして、変わらないものは現地のリアル感と、「一人一人が特別な人」というテーマなのだと思います。

日本版しか見てない私としては、東洋人やユダヤ人、黒人、白人と様々な人種が並んでいることにまず驚いてしまうのですが。本当にすべての人が個性的なのですね。「俺にボール回せ」の歌の人が、ファンキーな黒人だったりして、「ああ、なるほどね~」と思ったり。舞台に立ちたいという思い、恐れ、希望などをすべてさらけ出して、舞台に向き合っている様子が一人一人から伺えました。
中でも特に印象的なのは、「私、強いの」のシーラ役の方。見事なスタイルのブラック・ビューティで、オーディションに落ちて去っていくときの思いが残っている様子は忘れがたいです。

今のアメリカの状況だからこそ、(人種の違いを超えて)「一人一人がスペシャルな人」というテーマの舞台を創りたい、という制作側の主張はとても明確。そして、それを受け入れようとするアメリカ人のお客さんの意思があって、これだけの盛り上がりを見せているのだなということを肌で感じました。

オーディションに落ちた人も受かった人もカーテンコールで一列になって踊るところを見ると涙が出ますね、やっぱり。
名作と言われている作品が持つ普遍的な生命力を、今回の『コーラスライン』で改めて感じました。

余談ですが「ダンス10、ルックス3」(見た目が悪くてオーディションに落ちまくる女性が整形したというエピソード)の歌では、男の人がヒューヒュー言って大ウケでした(^^;ゞ。カーテンコールでもその人が出てくるときは男性大騒ぎ(笑)。日本であり得ない反応なので妙におかしかったです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/10/02

NYより無事戻りました(^^)

昨日無事NYより戻りました(^^)。
久々の11泊という長期海外滞在でしたが、すっかりのんびりと楽しんでまいりました。
楽しみすぎて明日からの仕事復帰が心配です……(笑)。
NYで見たのは計7本、「THE WEDDING SINGER」「STOMP」「WICKED」「RENT」「ALTAR BOYZ」「A CHORUS LINE」「PHANTOM OF THE OPERA」。楽しかった旅行の報告も含めて追々書いていこうと思ってます。

今回の旅行でもお世話になったJさんのブログ「ニューヨークとアンティーク」です。いつも温かい心遣いが嬉しいステキなJさんに心より感謝しています。最終日に一緒にビールが飲めて楽しかった~(^^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »