« ニューヨークに行ってきます(^_^)/~~ | トップページ | STOMP(ストンプ)@ブロードウェイ »

2006/09/21

WEDDING SINGER(ウェディング・シンガー)@ブロードウェイ

というわけで、ニューヨークにいます(^^)。今回はニュージャージーの知人宅に泊まってまして、対岸のマンハッタンのすばらしい眺めを満喫しています。

満喫といえばもちろん観劇! 今回も見たいものが目白押しで困ってます。

第一弾は「ウェディング・シンガー」というミュージカル。お勧めいただいたのもあって1本目はこれにしてみました。ありがたくもtktsで半額です。(今タイムズスクエアの半額チケット売り場が改築のため目立たないところに一時移転しているため、ほとんど並ばずに買えて個人的に非常にラッキーです。以前は1時間待ちとかざらにあったようなので)

話は1980年代。結婚式で歌うことを生業にしているウェディングシンガーが、結婚式場に勤める女の子と恋に落ちたが、彼女はすでに婚約者がいて……。という非常によくある話です(^^;。(同名の映画があるそうですが、渡米前忙しくてチェックできず)
しかし話は普通でも演出と役者でこんなに面白くできるんだー、というのがわかって、思わぬ拾い物をしたような気分になりました。
演出が非常にテンポがよくて、センスが良い方なのだと思います(ジョン・ランドさんという人)。ひとつの曲の間で何人かが歌い継ぎながら転換したり、曲と曲の間が非常にスムーズで気持ちが途切れない。一幕の終わりのネオン管をつかった大ナンバーも見事で楽しかったです。
そして、最近ジューク・ボックスミュージカルがはやってますが、曲そのものは使わなくてもパロディとしてたくさんの80年代ネタがでてきて、それが面白い。シンディ・ローパーやマドンナ、ティナ・ターナー、最後には(なぜか)イメルダ夫人とレーガン大統領まで出てきちゃうのです。フラッシュダンスの水掛ダンスのシーンもやってしまう臆面のなさですが、それが陳腐な感じにならないところが多分演出さんがお上手なんだろうなと思います。

そして、皆さん役者が達者なこと。主役のスティーブン・リンチは私は初見ですが、コミカルな動きの間がとてもよい、個人的に気に入ったのがキーボード走者の役をやった方(Kevin Cahoonという人)が見た目的には宝塚花組みの高翔みず希さんに劇似で(^^;、格好髪型も宝塚の舞台でロックスターを演じるときみたいな感じになってたのが妙におかしく、その不思議な味わいに受けてしまいました。

話が個性的とかじゃなくても、面白い舞台は作れるんだ!という好例を見た思いで、とても楽しい観劇になりました。

|

« ニューヨークに行ってきます(^_^)/~~ | トップページ | STOMP(ストンプ)@ブロードウェイ »

コメント

totoさん、わざわざお越し下さりありがとうございます! totoさんの言葉がなかったら「ウェディングシンガー」を見ることはなかったかも…?
偶然のきっかけで、とても楽しい観劇をすることができました。ありがとうございました(^^)。

今日は「WICKED」を見てきたんですよ~。これも一緒ですね。
帰国したらまたゆっくり。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: おおはら@ニューヨーク | 2006/09/24 14:13

はじめまして、こんばんわ!!
NYC365より参りました!!「Wedding Singer」ときいて、飛んできちゃいました。
すいません。。。私も先日、3泊5日でNY行ってまいりました!!ほんとに短かったのですが。。。私はリンダ役の方が大好きなので、4回見られるチャンスがあった中、3回費やして参りました。。残り1作品はWickedです♪両作品ともとてもとても素晴らしくて楽しむことができました。
また帰国されたら是非お話しましょうねーー

投稿: toto | 2006/09/23 22:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/11981599

この記事へのトラックバック一覧です: WEDDING SINGER(ウェディング・シンガー)@ブロードウェイ:

« ニューヨークに行ってきます(^_^)/~~ | トップページ | STOMP(ストンプ)@ブロードウェイ »