« こどもの城+ネルケプランニング「南国プールの熱い砂」 | トップページ | 伝統の現在Next3「眉かくしの霊」 »

2006/08/04

『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(ネルケ・プラニング)

……こういうのも見るんですよ(笑)。何回かラサール石井さん作・演出・主演で何度か上演されていますが、私は今回が初見。小劇場ファンとしてはラッパ屋の木村靖司さん、ナイロンの松永玲子さん、カムカムミニキーナの松村武さんなどが出演とあってどういう芝居が見られるのかという興味もあって足を運びました。
会場には等身大の両さんと一緒に撮影できるスペースとか、おみやげ物などが置いてあって、(劇場外のスペースでは「こち亀」展も開催)楽しさを演出してました。
(以下、配役内容に触れます)

一幕目であんまり出番がなくて「これだけではないはず」と期待して待っていた、海津義孝さんは「海パン刑事」! あの強面の海津さんが黒の海パン一つで踊ってます。

木村さんは「スーパー金持ちの白鳥麗二」。しかも親に勘当されたり、親の会社が倒産したりして「スーパー金持ち」と「スーパー貧乏」を行ったりきたりしちゃう。

松永さんはセーラームーンふうのコスプレで、松村さんは「テニスの王子様」ならぬ「テニスのおじ様」(爆)。

いやー、めちゃめちゃですが、それぞれ芸達者な皆さんが思いきりよく、それも楽しそうに演じていて気持ちよく楽しむことができました。

「こち亀」らしく漫画っぽい飛躍があるところと、真面目にメッセージ性があるところと配分良く見せてくれたラサールさんの手腕は大したものかなと思います。
しかし、自分で作・演出していて、自分の役(両津勘吉)にあれだけ踊らせる人も珍しいと思う(笑)。両さんがヒップホップから下駄タップ、サンバまで踊ってみせてるんですもん。(最後のほうはへとへと気味でしたが(^^;ゞ)主役自ら体を張ったというか、「三十周年いいとこどりスペシャル」と銘打つだけのことはある?
ラサールさんは両さんキャラに成り切ってましたね。楽しい舞台でした。

|

« こどもの城+ネルケプランニング「南国プールの熱い砂」 | トップページ | 伝統の現在Next3「眉かくしの霊」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/11256912

この記事へのトラックバック一覧です: 『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(ネルケ・プラニング):

« こどもの城+ネルケプランニング「南国プールの熱い砂」 | トップページ | 伝統の現在Next3「眉かくしの霊」 »