« PARCO劇場「開放弦」 | トップページ | こどもの城+ネルケプランニング「南国プールの熱い砂」 »

2006/07/23

鏡花の一日~七月大歌舞伎

泉鏡花作品を昼夜2演目ずつ上演という意欲的な企画の歌舞伎座・七月大歌舞伎。どうせなら…(?)と一日で見て参りました。
一日で見た鏡花作品数の自己記録です(笑)。
ちなみに以前の記録は昨年の花組芝居「鏡花まつり」で、『泉鏡花の日本橋』『泉鏡花の草迷宮』の2本。
このときは鏡花の小説作品を加納さんが脚本にしたものでしたが、今回の歌舞伎座の企画は鏡花自身が戯曲にしているものばかりを舞台化しています。

さて、自分としてはもっとも印象に残ったのが夜の部の1本目『山吹』。
以前、この戯曲を読んだときは「…これは今の日本では舞台にできないだろう」という感想だったもので。
だって、以前女の人で罪を犯したと思っている人形遣いの老人が、美しい夫人に「私のことをぶって下さい」って言うんですよ(^^;ゞ。その美しい夫人(縫子)も、娘の時分、言葉も交わしたことのない画家に恋焦がれ、その人の言葉を聞くために近くの部屋で必死で聞き耳立てる、しかもお風呂の隣の部屋のときは裸で壁に耳をつけて必死で聞く……って変な人でしょう、これは。(会った回数が殆どない人に恋焦がれて、その人のために命も落とすという『義血侠血』のように、鏡花作品には極端な思い込みタイプの女性が出てきますよね)

しかし、本で読むと「うーん、変…」と思っていたのに、実際の舞台になったらなんだか受け入れられた。
それは市川笑三郎さん演じる縫子が登場した瞬間、「ああ、この人は異形のものだ…」と感じられたからで。
「異形のもの」というのは、先月の新橋演舞場『和宮様御留』で英太郎さんが出てきた瞬間にもそう感じたんですが。
普通の理性や理屈を超えた存在というのでしょうか。
多分、生半可な女優では演じ切ることができない、深い情念を持った人間がそこには存在していました。

「もう一度だけ手を……」といって再会した画家の男性と縫子が手を握るところがとても印象的で、実際には手を握っているだけなのに、具体的に動きや言葉で見せることの数倍ものエロスを感じさせてくれました。

終幕の花道から老人と縫子が退場するところは、能の橋掛かりを連想させます。これは戯曲でも「花道から退場」と指定がありますが、このホンが「序破急」という能の形式で書かれてることを考えるとピッタリかなと思いました。

さて、他の3作品はそれぞれ以前玉三郎さん版でも、他の方が演じているのでも拝見したことがあります。

『海神別荘』では市川海老蔵さんが妖怪で玉三郎さんが人間。
『天守物語』では玉三郎さんが妖怪で海老蔵さんが人間。
と逆転した配役になっているのが面白いですね。個人的には『天守物語』の戯曲の持つ面白さを改めて感じさせてもらいましたし、玉三郎さんの冨姫、海老蔵さんの図書之助さんはピッタリだなあと思いました。

『夜叉が池』は冒頭の百合、晃、学円の3人の台詞劇をしっかり頭に入るように聞かせるのは難しいな…と常々思っていますが、寝起きの朝11時に聞くと余計キビシイので(^^;、これはもう一工夫あってほしいかも。
市川春猿さんは妖怪の白雪姫。激しい恋に燃える様子がとても情熱的で素敵でした。

|

« PARCO劇場「開放弦」 | トップページ | こどもの城+ネルケプランニング「南国プールの熱い砂」 »

コメント

>どえらえもん さん
はじめまして。「ドラえもん」さんかと思ったら「どえらえもん」さんなのですね(^^)。ナイスネーミングです。

でたらめな妖怪人間……って面白い表現ですね。今回書いた七月大歌舞伎は妖怪が出てくる舞台でしたが、人間よりも妖怪のほうが真っ当な生き方や考え方をしているんだ、というのが泉鏡花の考えらしいです。
もしかしたら、人間のほうが妖怪より怖いのかも(^^;。

よろしかったらまた遊びにいらして下さいね。

投稿: おおはら | 2006/07/27 02:27

初めまして

どえらえもん、といいます。

ココログの検索で遊んでたらこちらにたどりつきました。

毎日毎晩いろんなBlogサイトを拝見させていただいてますが

どれも私の知らない世界ばかりで、

いかに自分が世の中を知らないかを

痛感させられます。

こちらのサイトもとても興味深いです。

いつも、でたらめな妖怪人間を相手にしている自分とは大違いです。

どうもお邪魔しました (^^)

投稿: どえらえもん | 2006/07/26 23:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/11067685

この記事へのトラックバック一覧です: 鏡花の一日~七月大歌舞伎:

« PARCO劇場「開放弦」 | トップページ | こどもの城+ネルケプランニング「南国プールの熱い砂」 »