« SHINKANSEN★RS「メタルマクベス」 | トップページ | スタジオライフ「トーマの心臓」 »

2006/06/05

新橋演舞場「和宮様御留」初日

一昨年花組芝居で公演された「和宮様御留」の同脚本で、(加納幸和・脚本)演出を竹邑類さんに変えての舞台。

今までは加納さんのホンは加納さんが演出していただけに、加納さんのホンについて単独で語られることって少なかったかと思うんですが、改めて「うーん、加納さんって天才……」と思わされてしまいました。緻密なほどにすべての登場人物の生き様が描かれていて、「作り物」とかコマになってる人がいないんですよね。非常にスケールが大きいというか、登場人物と時代の波がうねりのように舞台に波及してくる。

演舞場の大舞台に乗ってもそれはそのまま生かされていて、「加納幸和ワールド」の大きさを感じました。

花組芝居版を先に見てしまって刷り込みができているせいか(^^;、前はこうだったなと思うところもあるんですが。
ま、花組版で観行院を演じた加納さんと、庭田嗣子を演じた八代進一さんは、今回それぞれ、元の役と二人で対する場面があって「ああっ、W観行院!」とか、「ああっっっ、W庭田嗣子!」とか思う密かなチェックポイントがあるんですけどね(笑)。

演出が変わったことで(大分公演時間の尺が伸びました。花組でやってたときは相当スピーディだったんだなと気がついた)一番思ったのは、前回よりもフキの悲劇が前面に出ていたなと。フキ役は花組公演のときと同じく植本潤さんがやってますが、生き生きとした活発な少女から始まって、和宮の替え玉にされ、だんだん羽を少しずつもぎとられた小鳥のようになっていく様が、ありありと伝わってきて。狂ってしまって祇園囃子を言い続けるところは本当に悲しかった。花組版ではなかった、フキの死の場面も加わっていたこともあって、よりその悲劇性が前面に打ち出されていました。

今回は、観行院の池畑慎之介さん、乳人藤の英太郎さん、そして勝光院の加納さん、フキの植本さんと、女形が舞台に揃うという珍しい趣向になってます。全員が歌舞伎外の女形というのも珍しいことで、それぞれの女形としての来歴を感じさせて、とても見ごたえがある。池畑さんの最初の登場シーンのインパクトのつけ方に目を見張りましたし、英さんの独特の存在感が素晴らしい。そして、池畑さん、英さんとならんでも、まったく遜色ない女形姿に、花組芝居19年の歴史を感じたりしました。勝光院の花道から登場する姿は(女形さんに対する形容で不適切かもしれませんが)ホント、カッコ良かったです。

今回は御所言葉に皆さん苦労されているようで、このあたりはまた日がたつにつれて変わってくるのかなあと思います。
花組から出演の皆さんが既に一度この作品をやっているだけに、作品世界に馴染んでいる度が高く、全体のペースを引っ張っていってたように思います。加納さんのもう一役、橋本実麗は情けな~いお公家さん。この時代の公家の男性を象徴的に切り取って見せてくれました。花組版のときと同じ、酒井若狭守忠義を演じる水下きよしさん。そのまま演舞場の大舞台に乗っても全然違和感ない「大きさ」が出てました。この作品には小道具として扇がたくさん出てますが、物語の扇の要である岩倉具視の桂憲一さん。屈折したものを内に秘めて「お腹黒々さん」ぶり。「お任せあれ」は名台詞ですね。二代目偽和宮を迎える花道でのシーンに、その内面が一番表れていたようで印象深いです。八代さんは前述の庭田嗣子とやりとりをする女官が面白い。関白尚忠は年配の役で、他の皆さんが実年齢に近い役を演じている中で演じるのは得がたい経験になるのかも。

大きな時代の流れの中で、愚かなことをしたり、必死に生きたりしている人間の切なさ、愛おしさ、馬鹿馬鹿しさ……など、いろんなことを感じさせてくれる舞台です。

あと何度か観劇しますので、また追々書いていければと思います。

|

« SHINKANSEN★RS「メタルマクベス」 | トップページ | スタジオライフ「トーマの心臓」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/10397468

この記事へのトラックバック一覧です: 新橋演舞場「和宮様御留」初日:

« SHINKANSEN★RS「メタルマクベス」 | トップページ | スタジオライフ「トーマの心臓」 »