« 和宮様のお墓参り~『和宮様御留』 | トップページ | 日本橋で待ち合わせとは粋な感じです »

2006/06/24

帝国劇場『ミー&マイガール』

やっぱり楽しい舞台ですよね、これは。
今回は開幕前からロビーでオケの方やアンサンブルさんがランベスウォークの予行演習をしてたりして、始まる前から楽しい空気が満ちてます(^^)。

ランベスの下町出身のビルが、公爵家の血を引く跡取りだった…、という男性版シンデレラストーリーですが、やっぱり中を貫くのはビルとサリーの愛情なんですよね。もちろんビル(とサリーも)はいろいろ変化していってるのだと思いますが。
ビルを演じる井上芳雄君のキャラとしては純愛的な部分が似合うのかなと思います。サリーと一緒の場面が特に生き生きしてたようですし、「街灯に寄りかかって」(題名不正確)でサリーへの思いを歌うところがとても爽やかでステキでした。
下町育ちの粗野さは、今まで「ミュージカル界の王子様」で売ってきた彼には新しい挑戦だったようで。なんと寅さんの映画を見て下町言葉を勉強したそうですが(笑)、確かに台詞回しは寅さんぽかった(笑)。
見る前は正直言ってビルがすごい難しい役だとは気づかずにいたんですが、いろいろしどころやポイントがある大変な役だったんですね……。今まで(私がロンドンで見たバージョンも含めて)芸達者なベテランの方がやってるのばかり拝見してきてたので、見落としてました。そういう意味では井上君にとっても新しい財産になる舞台、役柄でしょうし、再演を繰り返して、どんどん自分のものにしていってほしいなと思います。

サリーの笹本玲奈ちゃんは、非常に彼女のキャラに合ってる役で、ピッタリでしたね。「ハートを取られたら」や「あごで受け止めて」の歌に込められた切ない恋心は非常に印象的です。

そして、ある意味影の主役といってもいいのが(?)、「踊る指揮者」塩田明弘さん。すごいパフォーマンスです。とにかくあれだけお客さんを楽しませようとする姿勢は、驚嘆に値すると思う。(できたら、『春野寿美礼 コンサート I GOT MUSIC』で共演していた、長田君こと春野さんにこの塩田さんの活躍ぶりを見せたかった(笑)と思ったくらい)

余談ですが、今改めて振り返ってみると宝塚月組初演版の『ミー&マイガール』は、世界に出しても遜色がないぐらい良い出来の舞台だったんだなあと(当時はそこまで意識してなかったけど)思いましたね。
宝塚は座組が決まってるので有り物の作品だと役と役者が合わないこともままありますが、『ミーマイ』に関してはすべての配役がピッタリだったし。剣幸さん、こだま愛さん、涼風真世さん、郷真由加さん、桐さと実さん、そしてパーチェスターの未沙のえるさん! 
ロンドンのユアン・マクレガーが出た『ガイズ&ドールズ』を見たときも思ったけど、当時の宝塚は奇跡のように良い舞台を作り出していたんだと再評価してしまいます。

|

« 和宮様のお墓参り~『和宮様御留』 | トップページ | 日本橋で待ち合わせとは粋な感じです »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/10653988

この記事へのトラックバック一覧です: 帝国劇場『ミー&マイガール』:

« 和宮様のお墓参り~『和宮様御留』 | トップページ | 日本橋で待ち合わせとは粋な感じです »