« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006/06/24

帝国劇場『ミー&マイガール』

やっぱり楽しい舞台ですよね、これは。
今回は開幕前からロビーでオケの方やアンサンブルさんがランベスウォークの予行演習をしてたりして、始まる前から楽しい空気が満ちてます(^^)。

ランベスの下町出身のビルが、公爵家の血を引く跡取りだった…、という男性版シンデレラストーリーですが、やっぱり中を貫くのはビルとサリーの愛情なんですよね。もちろんビル(とサリーも)はいろいろ変化していってるのだと思いますが。
ビルを演じる井上芳雄君のキャラとしては純愛的な部分が似合うのかなと思います。サリーと一緒の場面が特に生き生きしてたようですし、「街灯に寄りかかって」(題名不正確)でサリーへの思いを歌うところがとても爽やかでステキでした。
下町育ちの粗野さは、今まで「ミュージカル界の王子様」で売ってきた彼には新しい挑戦だったようで。なんと寅さんの映画を見て下町言葉を勉強したそうですが(笑)、確かに台詞回しは寅さんぽかった(笑)。
見る前は正直言ってビルがすごい難しい役だとは気づかずにいたんですが、いろいろしどころやポイントがある大変な役だったんですね……。今まで(私がロンドンで見たバージョンも含めて)芸達者なベテランの方がやってるのばかり拝見してきてたので、見落としてました。そういう意味では井上君にとっても新しい財産になる舞台、役柄でしょうし、再演を繰り返して、どんどん自分のものにしていってほしいなと思います。

サリーの笹本玲奈ちゃんは、非常に彼女のキャラに合ってる役で、ピッタリでしたね。「ハートを取られたら」や「あごで受け止めて」の歌に込められた切ない恋心は非常に印象的です。

そして、ある意味影の主役といってもいいのが(?)、「踊る指揮者」塩田明弘さん。すごいパフォーマンスです。とにかくあれだけお客さんを楽しませようとする姿勢は、驚嘆に値すると思う。(できたら、『春野寿美礼 コンサート I GOT MUSIC』で共演していた、長田君こと春野さんにこの塩田さんの活躍ぶりを見せたかった(笑)と思ったくらい)

余談ですが、今改めて振り返ってみると宝塚月組初演版の『ミー&マイガール』は、世界に出しても遜色がないぐらい良い出来の舞台だったんだなあと(当時はそこまで意識してなかったけど)思いましたね。
宝塚は座組が決まってるので有り物の作品だと役と役者が合わないこともままありますが、『ミーマイ』に関してはすべての配役がピッタリだったし。剣幸さん、こだま愛さん、涼風真世さん、郷真由加さん、桐さと実さん、そしてパーチェスターの未沙のえるさん! 
ロンドンのユアン・マクレガーが出た『ガイズ&ドールズ』を見たときも思ったけど、当時の宝塚は奇跡のように良い舞台を作り出していたんだと再評価してしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和宮様のお墓参り~『和宮様御留』

今日、芝公園近くを歩いていて偶然増上寺付近を通りかかったのですが、「そういえば、和宮様のお墓って増上寺の中にあるんだっけ…?」と思い出しました。
これも何かのご縁かと思い、増上寺の中に入ると、やはり徳川家の墓所がある。残念ながら壮麗な扉の中に墓所があったので、墓前に伺うことはできなかったのですが、扉の外から手を合わせさせていただきました。

『和宮様御留』に描かれている和宮様入れ替え劇はおそらくフィクションなのだろうけれど、やはり和宮様も大きな流れの中で(自分の意思ではなく)皇室から徳川家に嫁がされて来た人であることには変わりなく……。その魂が今は安らかでありますように、と願うばかりです。

『和宮様御留』の舞台も早あと3日となりましたね。私は先週の土曜日に一度拝見させていただいていて、あとは千秋楽観劇を残すのみ。
土曜日に観劇した折には、冒頭の幕が上がるところ、幕前に立つフキの後姿がどう見ても14歳の少女にしか見えないことに驚嘆させられました。本当に胸に迫るというか、運命に翻弄されていくフキが可哀想で仕方ないです(;_;)。
英太郎さんの藤の最初の登場シーン、異形の、というと言葉は悪いけど、普通の人の世と違う宮中に生きる女性の姿を端的に見せていて、印象深いですね。
今回は1階後方で見せていただいていて、二代目和宮様替え玉入れ替えのシーンで桂さんの岩倉具視が花道から登退場する歩き姿を初めてちゃんと見せてもらいました。実際は照明が当たってない暗い花道ですけれども、まっすぐに歩いていく岩倉に、何が何でもこの入れ替え劇を成功させなければならない意思の強さが感じられました。岩倉具視は人物のアップダウンというか緩急がすごくハッキリしてて、その怪しさと底知れぬ感じがいいなあと思います。

あと3日! これだけの台詞を堪能できる機会はそうそうないですから、まだの方はぜひ。お安い3階席もありますよ(^^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/21

ツマミにつまませて

普段こういうネットウォッチ的なことって書かないんですけど、どーしてもハマってしまったのでご紹介。

この間弟の子供が来て「どうしてもインターネットで見たいものがあるの~」と言われて探してみたのがココ。


「くわがたツマミ」

お父さんが昆虫でお母さんが人間で、その間に生まれたクワガタパワーを持つ「ツマミ」ちゃん。そのフラッシュアニメが毎週1回更新されてます。
シュールな設定ですが、アニメもめちゃくちゃ面白い(笑)。
一気に全18話見てしまいました。そして、その後ずっと♪ツマミにつまませて~♪ というくわがたツマミのテーマ曲が頭をぐるぐる回ってます。
ぜひ、皆さんもツマミパワーに毒されて下さい(笑)(特に曲が終わった、最後の最後のオチまで見ていただきたいですね)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/13

「和宮様御留」2度目の観劇

「芝居見たなあ~」という、ズッシリとした感触を味わえる舞台になってます。
初日に比べて、大分時間短縮になった公演。装置の転換がテンポ良くなり、台詞も刈り込まれたそう(←折角の台詞をカットしているのはもったいないけど)。
出演者の皆さんも「和宮様御留」の世界に更に入り込んでいったようです。勧行院の池畑慎之介さんは、フキとの最後のシーンでフキに密かに手を合わせたりしている。加納さんとは違う勧行院を作り出しているようで興味深いです。

フキの植本さんは、本当に台詞が殆どないとは思えないほど、舞台で物語ってるものが大きいですね。一つ一つの場面での違いが極めて鮮やかです。戸惑いの中でなんとか自分の役目を果たそうとする健気さや本物の和宮に対して向ける笑顔、自分を守ってくれた少進(波野久里子さん)がいなくなって疲弊していく様子がすべてまざまざと目に浮かんで……、なんともすごい役者さんだなあと思います。

加納さんの勝光院は本当に大きいなあ~。最後に和宮をセンターで迎える姿はすごい存在感です。(ここで和宮様の入れ替わりに気づく表情がとりわけ好き)

桂さんの岩倉具視は初日にも増して面白くなった感じ。最初の登場の瞬間から、ガラッと雰囲気が変わって重五郎と話し出すところとか、人物の振幅が大きくて、それが岩倉の怪しさ、底知れぬものを表してたように思います。

ああー、なんかまた見たくなってきた(笑)。ホント、見て損のない公演ですよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/10

スタジオライフ「トーマの心臓」

私の中学校~高校に、多大な影響を与えたものはいくつかあるが、その最大のものは萩尾望都先生の『トーマの心臓』であるかもしれない。何しろ、私が15歳になったときに「うーん、エーリクやユーリよりも年上になってしまった…でも、オスカーと同い年だからいいか…」と思った記憶があるくらい(^^;。
この舞台を見ていても、一つ台詞が聞こえれば次に出てくる漫画の台詞がぶわーっと頭の中に浮かび、「あ、この台詞はカットなのね」とか一人音声多重状態になるくらいなのである(笑)。

実はスタジオライフを見ている歴は結構長く、一番最初に見たのが1992年の「夜叉が池」のとき(今のライフと違う作風のころだった)。そのライフが『トーマ』をやると聞き、正直原作のイメージがあまりにも大きすぎて初めは見られなかったくらい。
しかし、意を決して(?)見に行ったのが、2000年の『訪問者』との連鎖公演のときでした。

今回はダブルキャスト両方を見るために5日と7日に足を運びましたが、まず、5日の開演前にトイレに行って手を洗う私の隣に萩尾先生が(@_@)。一瞬にして極度に緊張のボルテージが上がってしまったことは言うまでもない。

と前置きが長くなりましたが。
一つ間違えたらガラガラと崩れ落ちてしまうような、まさに薄氷を踏むように思いで作られた舞台ですが、萩尾先生の目線を丁寧に丁寧にすくいあげているな、という印象は、最初に見たときから変わらない。いや、その「丁寧度」は再演を重ねるごとに増してきているなと思う。なんだか再演することの大切さを感じさせるような舞台でした。

やはり今回も涙したのは、ユーリの魂を救うために自死したトーマの父親、ヴェルナー氏が幼いころのトーマに語ったという話。「人はなぜ、一人では生きていけないような寂しいものにお作りになったの?」「それは人が永遠の高みに上るために……」というような話なのだが、この世でもっとも美しい言葉なのではないかと思う。
これに限らず、本当に一つ一つの言葉を大切にして、演じているのが伝わってきましたね。

(以前見たときは、もうちょっと何度も台詞の文字が投影されていたように思うんだけど、今回は前より少なくなった気がしますが…違うかな? それだけ、役者さんたちが言葉を伝える力が強くなったということかしらん)

皆さん好演していらっしゃいましたが、あえて挙げると、曽世海児さんのオスカーを見て「ああ、オスカーってこんな人だから、私が中学~高校のころ大好きだったんだな」なんてことを思わされました(笑)。それは表面的にカッコいいってことじゃなくて、その奥に深い孤独と人を求める心があるからこそ彼がステキに見えるんだと、改めて気づかされた。
今回抜擢でエーリクを演じている三上俊さんは、まさに泣いたり笑ったり怒ったり……とまさにいろんな表情を見せていて、そのいろいろさがエーリクらしいなと思った。同じくエーリクに抜擢の松本慎也さんと共に、新しい世代が育ってきてるなという感覚です。舟見和利さんのサイフリートは意外な配役ですが、エキセントリックさの裏にあるものを感じさせてくれて面白い役作りでした。ダブルキャストの岩崎大さんはカリスマ性があるサイフリートで、ユーリが魅かれていく悪の魅力がありましたね。

終演後、一度取材させていただいたことがある篠田仁志さんと少しご挨拶する。大役バッカスに真摯に取り組んでらっしゃる様子がなんだか清清しいなあと思ってしまいました。

舞台の話から離れて余談ですが、修道院のシスターをしている私の大学時代の友人によると「上智大学の神学部の卒論は、今でも毎年一本は『トーマの心臓』をテーマにしたものが書かれている」のだそうで(@_@)。うーん、読んでみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/06/05

新橋演舞場「和宮様御留」初日

一昨年花組芝居で公演された「和宮様御留」の同脚本で、(加納幸和・脚本)演出を竹邑類さんに変えての舞台。

今までは加納さんのホンは加納さんが演出していただけに、加納さんのホンについて単独で語られることって少なかったかと思うんですが、改めて「うーん、加納さんって天才……」と思わされてしまいました。緻密なほどにすべての登場人物の生き様が描かれていて、「作り物」とかコマになってる人がいないんですよね。非常にスケールが大きいというか、登場人物と時代の波がうねりのように舞台に波及してくる。

演舞場の大舞台に乗ってもそれはそのまま生かされていて、「加納幸和ワールド」の大きさを感じました。

花組芝居版を先に見てしまって刷り込みができているせいか(^^;、前はこうだったなと思うところもあるんですが。
ま、花組版で観行院を演じた加納さんと、庭田嗣子を演じた八代進一さんは、今回それぞれ、元の役と二人で対する場面があって「ああっ、W観行院!」とか、「ああっっっ、W庭田嗣子!」とか思う密かなチェックポイントがあるんですけどね(笑)。

演出が変わったことで(大分公演時間の尺が伸びました。花組でやってたときは相当スピーディだったんだなと気がついた)一番思ったのは、前回よりもフキの悲劇が前面に出ていたなと。フキ役は花組公演のときと同じく植本潤さんがやってますが、生き生きとした活発な少女から始まって、和宮の替え玉にされ、だんだん羽を少しずつもぎとられた小鳥のようになっていく様が、ありありと伝わってきて。狂ってしまって祇園囃子を言い続けるところは本当に悲しかった。花組版ではなかった、フキの死の場面も加わっていたこともあって、よりその悲劇性が前面に打ち出されていました。

今回は、観行院の池畑慎之介さん、乳人藤の英太郎さん、そして勝光院の加納さん、フキの植本さんと、女形が舞台に揃うという珍しい趣向になってます。全員が歌舞伎外の女形というのも珍しいことで、それぞれの女形としての来歴を感じさせて、とても見ごたえがある。池畑さんの最初の登場シーンのインパクトのつけ方に目を見張りましたし、英さんの独特の存在感が素晴らしい。そして、池畑さん、英さんとならんでも、まったく遜色ない女形姿に、花組芝居19年の歴史を感じたりしました。勝光院の花道から登場する姿は(女形さんに対する形容で不適切かもしれませんが)ホント、カッコ良かったです。

今回は御所言葉に皆さん苦労されているようで、このあたりはまた日がたつにつれて変わってくるのかなあと思います。
花組から出演の皆さんが既に一度この作品をやっているだけに、作品世界に馴染んでいる度が高く、全体のペースを引っ張っていってたように思います。加納さんのもう一役、橋本実麗は情けな~いお公家さん。この時代の公家の男性を象徴的に切り取って見せてくれました。花組版のときと同じ、酒井若狭守忠義を演じる水下きよしさん。そのまま演舞場の大舞台に乗っても全然違和感ない「大きさ」が出てました。この作品には小道具として扇がたくさん出てますが、物語の扇の要である岩倉具視の桂憲一さん。屈折したものを内に秘めて「お腹黒々さん」ぶり。「お任せあれ」は名台詞ですね。二代目偽和宮を迎える花道でのシーンに、その内面が一番表れていたようで印象深いです。八代さんは前述の庭田嗣子とやりとりをする女官が面白い。関白尚忠は年配の役で、他の皆さんが実年齢に近い役を演じている中で演じるのは得がたい経験になるのかも。

大きな時代の流れの中で、愚かなことをしたり、必死に生きたりしている人間の切なさ、愛おしさ、馬鹿馬鹿しさ……など、いろんなことを感じさせてくれる舞台です。

あと何度か観劇しますので、また追々書いていければと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »