« スタジオライフ「トーマの心臓」 | トップページ | ツマミにつまませて »

2006/06/13

「和宮様御留」2度目の観劇

「芝居見たなあ~」という、ズッシリとした感触を味わえる舞台になってます。
初日に比べて、大分時間短縮になった公演。装置の転換がテンポ良くなり、台詞も刈り込まれたそう(←折角の台詞をカットしているのはもったいないけど)。
出演者の皆さんも「和宮様御留」の世界に更に入り込んでいったようです。勧行院の池畑慎之介さんは、フキとの最後のシーンでフキに密かに手を合わせたりしている。加納さんとは違う勧行院を作り出しているようで興味深いです。

フキの植本さんは、本当に台詞が殆どないとは思えないほど、舞台で物語ってるものが大きいですね。一つ一つの場面での違いが極めて鮮やかです。戸惑いの中でなんとか自分の役目を果たそうとする健気さや本物の和宮に対して向ける笑顔、自分を守ってくれた少進(波野久里子さん)がいなくなって疲弊していく様子がすべてまざまざと目に浮かんで……、なんともすごい役者さんだなあと思います。

加納さんの勝光院は本当に大きいなあ~。最後に和宮をセンターで迎える姿はすごい存在感です。(ここで和宮様の入れ替わりに気づく表情がとりわけ好き)

桂さんの岩倉具視は初日にも増して面白くなった感じ。最初の登場の瞬間から、ガラッと雰囲気が変わって重五郎と話し出すところとか、人物の振幅が大きくて、それが岩倉の怪しさ、底知れぬものを表してたように思います。

ああー、なんかまた見たくなってきた(笑)。ホント、見て損のない公演ですよ!

|

« スタジオライフ「トーマの心臓」 | トップページ | ツマミにつまませて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/10512596

この記事へのトラックバック一覧です: 「和宮様御留」2度目の観劇:

« スタジオライフ「トーマの心臓」 | トップページ | ツマミにつまませて »