« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006/04/27

「私感想」……ナイロン100℃「カラフルメリィでオハヨ」

終幕泣けて仕方がなかったです。周りで泣いてる人なんていなくて恥ずかしかったけど…。

『カラフルメリィでオハヨ』初見です。今度で3回目の再演だそう。前回再演時(97年)のチラシにケラさんが書いている文章を引用すると(ナイロンのホームページより)

「どんな作家にも一生に一本しか書けない“特別な台本”があると思います。劇団健康で「カラフルメリィでオハヨ」を初演したのが88年の8月、会場は下北沢のザ・スズナリでした。台本はもっぱら墨田区にひっそりと建つ、ある病院の一室で書きました。公演数カ月前に余命わずかの宣告を受けた父親につきそいながらの執筆でした」

とのことでした。このチラシで「なんか、私には受け止めきれないかも」という気持ちになって見に行くことはありませんでした。

今回のチケットを取ったときのチラシにはそこまでの説明はなかったのですが、上の文章の大雑把な記憶は残っていて。

舞台は脳梗塞のためにボケが生じている父親(山崎一)の亡くなる前後の家族の様子と、その父親と同一人物である少年?(みのすけ)が入院している病院を抜け出して海に向かう模様とを交互に描いています。
家族が現実で少年の世界が空想かというと必ずしもそうとも言い切れないようで、家族の世界も父親が窓がない病院で囲まれている様子と、家にいる様子と両方描かれているし、その家の中にみのすけ演じる少年が父親の子供としているけれども、その少年の姿は周りの人間たちからは見えてなかったりするし、一筋縄ではいかない感じです。

3時間という長尺の中で、だんだんその二つの世界が重なっていくように感じていくのです。
そして海に向かって目を輝かす少年の姿と、脳梗塞で亡くなろうとしている父親の姿のイメージが重なったとき。

それは(おそらくケラさん自身と重なっているであろう)息子(大倉孝二)が、死を前にした父親がせん妄の中で言っている言葉を、「今、父親はこういう世界を見ているんだな」と空想してるものではないかと思ったら……もう涙が止まりませんでした。
人間の命が止まろうとしているときに、こういう美しいものが見られたらいいなあ、という思いと。
そういうふうに父親のことを思える息子(というか、ケラさん)の優しさと。
そして、最後に、すべての人間は「致命傷」を既に負っている身なんだ、だからこそ、こうやって笑い飛ばして立っていようという自分たちに対する思いと。

いろんな思いが身にしみて、泣けました。

この作品を前回見ていたら自分がどう思ったかは分かりませんが、私の母が亡くなる前の様子に重なるものがあって(母は最後のほうに薬の副作用で何か不思議なものを見てるようなことを言ったりしてたので)……。人の死を受け止めてその後どう生きていくかは人様々だと思いますが、ケラさんの「生き方」は多分私とは全然違うけれど、その「強さ」(と言っていいかどうか)はとても刺激になったし、自分の身を振り返って考えさせられた。
「一生に一度の私戯曲」に対する、「私感想」でした。

大倉孝二さん、男の人の生き方が不器用なところが伝わってきて、とても魅力的でした。峯村リエさんの女性役はいつも変なパワーがあっていいなあ。
客演の小松和重さんは、病院で少年と一緒に脱走する患者の役で、表情が本当に無邪気でしたね。その無邪気さが、サモアリで倉森勝利さんと一緒にやっていたときの表情を思い出させて、それはまた別の意味で(こういう作品であるし)胸に詰まるものもありましたが……。

ナイロンのオープニングの映像はいつもカッコイイですが、今回は白い装置を透けるように見せていて、一瞬本当の人間? と錯覚させるものがあって、現実と空想の間を行ったり来たりしてる舞台の感覚をそのまま映像で見せててすごかったですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/04/23

ザ・隅田川(花組芝居)千秋楽

本日、大阪での大千秋楽でしたね>ザ・隅田川。私は初日の後、17日と東京千秋楽の19日に拝見いたしました。(ちなみに17日は尾上松緑丈、19日は中村福助丈の隣で拝見し、やや緊張気味の観劇となりました(笑))

初日は初日で素晴らしかったんだけど、17日には初日とはさらに見違えるほどいろいろなものが緊密になり、芝居の楽しさがふんだんに溢れた舞台となってました。
物語の面白さでなく、役者の肉体を楽しむ――千秋楽の加納さんのご挨拶の言葉を借りていますが、単純なレベルでいくと、「ああ、役者が演じているのを見るのって、なんて楽しいんだろ」と芝居の楽しさが素朴に体感できた、そんな公演だった気がします。

たまたま前回書いた「私のこだわり人物伝」を見ていて、天井桟敷「青森県のせむし男」の初演が「ザ・隅田川」が上演された草月ホールであったことを知りました。演劇の新世代を生んできた劇場が、今また新しいアバンギャルドを作り出したのだな…と思うと感慨深いです。

前回触れられなかった人のことを書くと。松原綾央さんが通し稽古、初日とは全然違って、初めて舞台を背負って立つ大きさが感じられたのが嬉しかった。通し稽古を拝見したとき、実は加納さんに「もっと松若の出番が多いのかと思ってました」なんて聞いてしまったんですが(^^;ゞ、前回の脚本とは殆ど変わってないとのこと。「松若が主役に見えるように書かれてるんですけどね」と言われて「う……そうかな……」と思ってしまったんですが(ああっ、すみません)、今回になってそれが分かった気がします。『泉鏡花の草迷宮』と続けての大役で、何か掴めたものがあったのでしょうか?
忍ぶの惣太の各務立基さんは線の太さが出て色悪ぶりが光ってました。一回り大きくなった印象。
入座披露の小林大介さんは軍助役で良い立役さんになりそう。日本舞踊をやってらっしゃるんだそうで、しっかりした身のこなしでした。初日はすごく緊張してらした美斉津恵友さん(この苗字の方、初めてみました…)、年代的に似合いそうな冒頭の弟役よりも女衒勘六が面白い雰囲気でしたね。
嶋倉雷象さんのお初は生き生きした感覚があって、気持ちの良い役でしたね。

最後の卒業式のイメージからか、10年前見たときもなんとなく「卒業」という言葉が浮かんだのですが。来る20周年に向けて、新しい花組芝居の始まりというか、一つの区切りとなった舞台であった気がします。
以上、堀越さん4歳の時から花組芝居を見てる(爆笑)おおはらより。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/15

花組芝居「ザ・隅田川」初日

観劇してまいりました(12日)。

のっけから、書いてもいいですか?

難しくないですよ~!

チラシに書いてある「素ネオかぶき」という言葉とか、私が稽古場レポートで「ストーリーはわからない」と書いたのとかで、もしかして「難解なの…?」と思われた方もいるかもしれないので、最初に書いておきます。
確かに筋を追うという形で見ることはできないのですが、むしろそれが快く気持ちよい。
その場その場を楽しんで、最後に「うわっ、終わった!」と思えるようなそんな清清しさがある舞台です。
いろんなものを取っ払っても「やっぱり芝居って面白いんじゃん」と思える。
そんな舞台です。

隅田川ものの演目を「鯉魚の一軸」をキーワードに集め、ないまぜにしたような舞台。素の姿でありながら、豪華な衣装をまとっているような錯覚を覚える。なんか不思議な感覚です。

前回の公演とは配役をすべて変えたとのことですが、加納幸和さんのみがそのまま。初演以来(そして姉妹作の『奥女中たち』を含めて)の持ち役である局岩藤を演じます。とりあえず加納さんには

生涯一岩藤

をお願いしたい(笑)。憎らしいほどの強さ、大きさ、意地悪さ(?)はちょっと加納さん以外考えられないですね。

岩藤によって草履打ちの辱めを受ける尾上は植本潤さん。坊主でアゴヒゲで眼鏡なのに、なんで可憐に見えるのか……? 不思議です。

桂憲一さんが僧清玄。ラップ僧(^^;(なんだそれ)のはじけてる部分と、妄執の人の哀しさと両極端な面がそれぞれに際立って見えてたのが印象的です。

私が初めて花組芝居を見たのが再演の『ザ・隅田川』で、そのときのパンフに当時新人だった、植本さん、大井さん、八代さん、桂さんとかの稽古場日誌が載ってたと思うのですが、今回のパンフにも入座披露の3人、小林大介さん、美斉津恵友さん、堀越涼さんの稽古場日誌が載ってました。そういえば、同期が何人かいる形で花組芝居に入るのって久しぶりですよね。それぞれ個性が違う人たちなので、新しい風が呼び起こせそう。

特に堀越涼さんは花子の大役を演じていて、新女形誕生を予感させた。一回目が「素」で演じるというのはいきなりハードルが高かったと思うけれど、今後が楽しみです(^^)。

次回見るのは17日なので、また改めて――。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/09

「私のこだわり人物伝」美輪明宏が語る寺山修司&その時代

なんともすごい番組でした…と言っても途中から見たんですが。
NHK教育テレビで4回放送。「私のこだわり人物伝~私と彼のただならぬ関係-寺山修司」と題して、美輪明宏さんが寺山修司さんについて当時の映像を交えて紹介する…という番組です。

番組の内容はNHKのサイトをご参照のこと。

私は番組途中から偶然見たので全部は見られなかったんですが、幸い、第1回放送分は「4月11日午前5:05~」再放送があります。その後は毎週火曜日午後10:30~放送。

天井桟敷の舞台は年代的にさすがに拝見してないので、その映像が見られたのも嬉しかった。(実はチャンネルをパパッと回してるときに舞台映像が映って、そのグロテスクなほどのゴージャスさに「何これ??」と思わずチャンネルを止めたのが、見たきっかけでした)
60年代後半~70年代の日本の演劇界を知るためでも、資料的にも貴重なものになるのではないかと思いますので、お知らせします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/03

花組芝居「ザ・隅田川」稽古場レポート

この間お知らせしたとおり、花組芝居の稽古場セーヌ・フルリにお邪魔して、素ネオかぶき「ザ・隅田川」通し稽古を拝見してきました。
そのレポートをアップいたしました。こちらです。
よろしかったらご覧下さい。

素ネオかぶきは、衣装もお化粧もつけないで、「素」で芝居を見せるというもの。まとうものがない分、役者さんがあらわになる舞台だなあ、という印象を強く持ちました。

初日の12日が待ち遠しい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »