« 春のシェイクスピア祭りその3…「ハゲレット」 | トップページ | 城まにあ&ソースカツ丼の旅 »

2006/03/19

韓国版『ジキル&ハイド』

いや~、とにかくチョ・スンウさんが素晴らしい舞台でした。
私自身はミュージカル『ジキル&ハイド』をブロードウェイと日本版とで既に2回見て今度で3度目。でも、初めてこの作品が伝えたいものがとらえられた気がします。
ブロードウェイで私が見たときは、元スキッド・ロウのセバスチャン・バッハがジキル&ハイドを演じていて、正直歌は良いけどあんまり演技がうまくなかった;。最後の見せ場、「一人二役瞬間連続入れ替わり」は「あれはおかしかったわよね~」と一緒に見てた母と後々語り草になりました(←だから、見方が違うって)。

チョ・スンウは日本のミュージカル俳優にはあまりいないようなタイプで(映画などで主演されているからかもしれませんが)非常に芝居が細部にわたるまで行き届いているんですね。
彼が演じているのを見て、これはジキル&ハイドという特異な人物の悲劇ではなく、自分の心の中の「良い種と悪い種」(『トーマの心臓』の表現を借りれば)に揺れ動く人間を描いているのだということがわかりました。すごく普遍性があるというか。自分にも置き換えて考えられるような……だからその悲劇性が胸に迫ってきます。
婚約者のエマと娼婦のルーシーとの間の複雑な感情もよく伝わってきました。

歌声もとても魅力的。(ただ、他の人がソロで歌ってるときにも感じたことですが、マイクの音量が日本で聞き慣れた耳には小さい音に設定されてる気がしました。座った席の位置にもよるかもしれないけど。もうちょっと音を大きくしてもらって聞きたかったなあ)

ジキルの声と潰したような声で歌うハイドの声と両方を歌うのは、歌い手としてはすごくハードなことだと思いますが、これも見事に表現できてましたね。

ルーシー役の方も女心が伝わってきてなかなかよかった。

ロンドンを表現する後ろの絵だとか、ジキルとエマの愛のデュエットで後ろで3組のデュエットダンスが踊っちゃうのとか(^^;、あんまりカッコよろしくない場面もありましたし、やはり字幕を見ながら舞台を見る辛さもありましたが(知ってる話ではあるので、できるだけ字幕はチラ見にして舞台に集中するようにしました)、それを補って余りあるほど、チョ・スンウは素晴らしかったです。

あー、こうして考えると彼の『ヘドウィグ』も見たかったなあ。8月の来日公演はどなたで来るんでしょうね?

余談ですが、この原作は19世紀末のイギリスの恐怖小説。先日見たスタジオライフの『DRACULA』『ヴァンパイアレジェンド』(原作は『吸血鬼カーミラ』)も同じく19世紀末のイギリスの恐怖小説。この時代の恐怖小説は現代の人の心を捉える何かがあるんでしょうかね? 文明やテクノロジーが格段に進歩を遂げた19世紀末だからこそ、人の心の闇や孤独を、過去の亡霊のような怪物の姿を借りて表現したくなったんでしょうか。その世相と今が似てるってことかな…。(『DRACULA』『ヴァンパイア・レジェンド』はトップステージ次号にてレビューを書かせてもらってます)

|

« 春のシェイクスピア祭りその3…「ハゲレット」 | トップページ | 城まにあ&ソースカツ丼の旅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/9158981

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国版『ジキル&ハイド』:

« 春のシェイクスピア祭りその3…「ハゲレット」 | トップページ | 城まにあ&ソースカツ丼の旅 »