« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006/02/22

家族の物語…『レインマン』&『屋根の上のヴァイオリン弾き』

たまたまですが、家族が重要なモチーフとなる作品2本を見てまいりました。やはり人が生きていく上で「家族」の問題はとても大きいものなのだなあ…と改めて思う次第。

『レインマン』はダスティン・ホフマンとトム・クルーズの映画を元として、鈴木勝秀さん脚本・演出。出演者を四人に絞っての公演です。
映画らしいエンタテイメントな場面だったカジノで大勝ちとかのシーンはあっさりカット、でも心が通った象徴である二人のダンスのシーンはあって、スズカツさんらしい技が光ります。
弟の役の仕事は最近のものらしく、ネットトレーダーに。まあ、ネットトレーディングしてる人が一日に1回くらいしか値幅をチェックできない状態で旅行するのはリアリティはないですが(^^;(普通なら、ポジション決済してから出かけるでしょう)、ある内面の乾きの象徴としては合っている仕事かなとも思います。
何より、兄・レイモンド役の橋爪功さんが素晴らしかった! 自閉症で表情が出せない中で、その心の内にある震えを如実に感じさせてくれました。そして、ずっと父と絶縁状態にあった弟(椎名桔平)が、兄と出会い触れ合うことで、父の思いを理解し再び向かい合うことができる……その心の過程を椎名さんは丁寧に掬い上げて見せてくれた。死して後も、連綿たる命の、そして家族のつながりを感じさせてくれる舞台だったと思います。

余談ですが、スズカツさんの舞台の選曲っていつも良い感じですね。『ママが私に言ったこと』のときとか、今回もすごく良かった。スズカツさんセレクションのコンピレーションアルバムとか出たら買いたい気がする。

『屋根の上のヴァイオリン弾き』市村正親さんにテヴィエです。とってもキャンプだったヘロデ王から見てる私とすると、テヴィエってビックリしちゃうんですが、(森繁さんのイメージからなんか70歳くらいの役のように思ってた(^^;ゞ)よく考えると長女が20歳の子の親だから、せいぜい50前くらいで、市村さんがやってもおかしくない年齢の役なんですよね。

神様の前で一生懸命生きてる様子がとても愛らしいテヴィエでした。愛する娘たちは自分が望んでいくのと違うほうになってしまうけれど、それでも心から愛する気持ちは変わらない……、そんな父親の思いがありました。

なんか昔の印象だと、あんまりダンスシーンがない舞台という印象がありましたが、そうでもなかったですね。
いつも見終わると、なぜか「仕立て屋のモーテル♪」の歌を口ずさみたくなっちゃうんですが(^^;、何故でしょうねー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/02/16

労働者M 2月14日マチネ(アクシデントあり)

シアターコクーンで見て参りました。

まずはアクシデントの話から。始まって30分くらいして、スクリーンが出たところで音響機器のトラブルがあって音が出ず、舞台監督さんが出てきて「いったん止めます」と。
舞台冒頭で「この舞台には『欠損』があります」という説明があったため、実はスクリーンで音が出ないとき「これって、ふだんのケラさんの舞台だったら音楽流れてるとこだよなー、これが欠損かー」と信じて、客席全員真剣に無音のスクリーンを見詰めてました。「トラブルで…」と言われたときに、「あ、そうだったの??」というギャップがあったのがおかしかったです。

と程なく、堤真一さん、池田鉄洋さんが出てきてつなぎのトーク(@_@)。実は今まで何度か舞台トラブルで中断してる舞台を見たことがありますが、役者さんがつなぎのトークで出てきたのを見たのは初めてで、結構感心してしまいました。途中から松尾スズキさん、小泉今日子さんを呼んで、途中でネタにつまって客席からの質問コーナーに(^^;。「10年堤さんを見てますが、こんな姿は初めてです」という人に「それは質問じゃないですから」と松尾さんの突っ込み。バレンタインの思い出とか、皆の「(堤さんは)恋愛の達人ですから」という言葉に「週刊誌に書いてあることは、ホント、全部嘘ばっかりですから!」と堤さん大否定とか、不思議~な時間が流れて15分。再び舞監さんが現れて「もうちょっとかかるので10分休憩します」とのことで、皆さん退場されました。

結局30分押しくらいで始まって、ラストのカーテンコールではKERAさんが現れ「音響トラブルがあったそうで(←その場にはいなかったらしい)、でもある意味、停電した8時だヨ!全員集合を見に来たような貴重な公演だったかも。もしかしてDVDの特典映像になるかも」などと言ってました。ちょうどこの日はWOWOWのカメラが入ってたのです。

ある意味貴重な経験…だったのか(^^;? でも、つなぎで出てらした役者さんたちには本当に感心しました。堤さんとかこういうの苦手そうなのに、頑張ってらしたし。
再開後はちょっと客席のテンションも必要以上に笑いがちになってたような気がしますが、概ね普通に進んでたんじゃないかと思います。

とアクシデント話が長くなりましたが、舞台は近未来の収容所の話と、現代のネズミ講の会社の話を交互に演じる話。徐々にいやな感じになっていき、最後パタッと終わるところが、「砂の上の植物群」のときに感じた感覚を思い出させてました。松尾スズキさんが演じただんだん崩壊していく男性が印象的です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

十二単体験

himejihimeji-1
前回の関西行のときに姫路城に行きまして、歴史博物館にて十二単体験をしてきました(^^)。
1枚1枚重ねていく過程で、徐々に締め付けるような重みがあって……最後には殆ど身動きもままならぬ感じになりました。この重みは、もう、エリザベートがフランツ・ヨーゼフから首飾りをもらって「とても重い」と思ったような感覚かなーと思いました(←わけのわからないたとえでスミマセン)。
本当に貴重な経験で、感動してきましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/03

怒涛の関西行

…から帰って参りました。
前半は神戸メリケンパークオリエンタルホテル泊(なんと、楽天トラベルでシングル1泊6500円の破格値が出てた)

玲香と一緒に姫路城に行き、以前コメントしてもらった歴史博物館で十二単を着せてもらいました! こういう着せ方をするんだ~、こんなに重いんだ(これ着たら身動きできないっすよ)ということに驚きつつ、貴重な体験をしてきました。
ご存知『天守物語』の舞台である姫路城はとても美しく、中に入ったときの暗さも印象的。(夜だったら本当に真っ暗だと思うから、確かに火を消された図書之助は、火を取りに戻らないと歩けないなあ~、なんて考えてました) 天守閣では「ここから釣りをしたのか」なんて思いつつ(笑)、一番上の神社で「明日は富姫様に会うのね(*^^*)」と思いながら拝んでまいりました。
城の下にある「お菊の井戸」も見てきましたよ。

で、翌日は兵庫県立芸術文化センターこけら落とし公演『KANADEHON忠臣蔵』加納幸和さん演出です。
詳細は稿を改めて書きたいと思いますが、加納さんらしい才気溢れる、スピーディな忠臣蔵でした。全段通しで2時間30分! 大きな物語のうねりの中に人々が生き生きと描かれてましたね。
ぜひ再演を重ねてほしい舞台です。

後半は大阪に移動して、夜5:30~翌朝5:00までノンストップトークの集い(?)に参加してきました。

とまあ、とても充実した関西行でした。
明日は朝から取材。頑張りまっす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »