« 筋肉痛の松本城 | トップページ | ウーマンズビューシリーズ『10か月』 »

2005/12/15

川島芳子のお墓参り

松本城と同じチケットで博物館も入れたので入館して展示を見ていたのですが、そこに松本の名所を示した地図がありまして。なんとはなしに眺めていたら、目に入ったのが「川島芳子の墓」の文字(@_@)。

博物館の人に場所を聞いてもすぐには分からない状態は(問い合わせてもらって、後で教えてもらったんですが)、「今はそんなに注目されてないのねえ…」というのを物語ってました。

第二次大戦中に「男装の麗人」と呼ばれ日本のスパイとして活動していた彼女は、高校時代は松本に住んでいたんだそうです。それも知らなかったし、何より最後は中国で処刑されたのでその後のことを考えることもなくて、失礼ながら「日本にお墓があるんだ…」ということにちょっと驚きました。

さて、博物館の人に場所を教えてもらって、松本城から歩いてそちらに向かいました(でも気がついたら30分くらい歩いてた…)。
お寺の横に併設されてる墓地の中にお墓があり、一応案内の札が二つくらいあったんですがちょっと探すのに手間取りました。
お墓を前にしてちょっと感慨深く、立ち尽くしました。突然思い立っていったので、着いてから「お花でも買ってくればよかった…」と気がついたんですが、周りにはお店とかコンビニとかはないところだったので、手に入れられず……。ちょうど新しいお水を持っていたので、それをかけさせていただいて、手を合わせてきました。

自分の中では映画『ラスト・エンペラー』、花組の『三国妖狐伝』など舞台、映画化されたものの印象(…あっ、宝塚の日向薫さんのサヨナラ公演もそうだっけ)が先立っている方なのですが、目の前の土の中にいるということがとても不思議で……、急にその実在が目の前に迫ってきたような気がしました。

自分にとっては何かに導かれてるような、不思議な体験でありました。

|

« 筋肉痛の松本城 | トップページ | ウーマンズビューシリーズ『10か月』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/7626656

この記事へのトラックバック一覧です: 川島芳子のお墓参り:

« 筋肉痛の松本城 | トップページ | ウーマンズビューシリーズ『10か月』 »