« ウーマンズビューシリーズ『10か月』 | トップページ | 明けましておめでとうございます »

2005/12/24

伝統の現在NEXT2『海神別荘』

21日の初日に拝見しました。
伝統の現在シリーズ第一弾の『高野聖』のときはちょうどニューヨークに行っていて見られなかったので、今回シリーズ初見です。加納幸和さん演出。

まず目に付くのが、袖から舞台上部までブルーの幕?が幾重にも折り重なるような装置。海の中にいる感を呼び起こされます(以前の花組芝居でやったときとちょっと似てる?)。

夢幻能形式による、ということで、通常の『海神別荘』の前に、旅の青年が娘を海の中に失ったことを嘆く父親に出会う、という導入部がついてました。

えんぶゼミでやった女性だけの出演者版と、花組芝居版と、加納さん演出の『海神別荘』を見るのはこれで3本目。
周りのコロスの人が扇子を様々に使い、侍女にも黒潮の騎士にも一瞬にして代わる面白さは加納さんの演出ならではで、めくるめく世界に身をゆだねていくうちにあっという間に時間が過ぎていきます(^^)。
(特に、扇子を使って公子の鎧を表現するところは、いつ見ても目に鮮やかで好きだなあ~~)

今回は美女をお能の味方玄さん、公子は狂言の茂山逸平さんがやっていたのですが、(私はお能とか狂言は数回見たことがあるだけで全然詳しくないのですが……)、お能の拵えで面をつけた美女が、見てるうちにだんだん顔の表情があるように感じられてくるのが面白かった。お面なんだけど、絶世の美女に見えてくるんだよなあ。
台詞を美女はお能ふうの喋り方(←稚拙な表現で申し訳ないm(_)m)で話し、公子はわりと普通のイントネーションでしゃべっているようでした。一般的な感覚で言うと、海の中の世界で幻想的?に生きてる公子がお能ふうの喋り方をしそうですが、そうでないところが面白いし、その対比が不思議な効果を生んでました。
ラストの、美女と公子の二人の同時に話すところは美女の話し方になるんですよね。これも二人が添った感じがして効果的でした。

公子の茂山さんは髪に金粉をつけてキラキラさせてましたが、大きさのある立派な公子でした。個人的な好みとしてはもうちょっと酷薄な部分を出してる姿も見てみたかったかも。

コロスでは花組芝居の新人の小林大介さん、美斉津恵友さん、堀越涼さんと共に宇貫貴雄さんが演じてましたが、宇貫貴雄さんの身体表現能力の高さにビックリした。本当に気持ちよいほどで、結構目が釘付けになってしまいました。

(唯一難点は、紀伊国屋ホールは段差がないので、前の方がそんなに大きかったわけではないんだけど、一度に視界に入るのが舞台の半分くらいなこと(涙)。うーん、全視界開けてる状態で見たかったっす……)

古典分野と現代演劇との架け橋として、加納さんを選ばれたのは企画者の慧眼と思いますし(^^)、またの機会を楽しみにしたいですね。

|

« ウーマンズビューシリーズ『10か月』 | トップページ | 明けましておめでとうございます »

コメント

>HSさん
初めまして(ですよね?)。コメントありがとうございます。
花組芝居の『海神別荘』のときはもっと大人数でやっていたものを、4人で表現されて見事な迫力を見せていたのは、さすが加納さん、と思いましたね(^^)。

>来夏
のチラシも入ってましたね。面白い企画ですので、ぜひまた加納さん演出で見せていただきたいですね。

投稿: おおはら | 2006/01/02 00:27

「高野聖」,「海神別荘」と続けて観ることができて幸せでした。中心となる方々の力量の凄さは言うまでもないのですが、コロスの方々の表現にいつも感心しています。また舞台美術が素敵で雰囲気作りが最高ですね。今回は細いワイヤーを利用されたと加納さんがおっしゃっていらっしゃいました。
 来夏のNEXT3も楽しみです。もちろん加納さん演出と信じているのですが。

投稿: HS | 2006/01/01 00:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/7802107

この記事へのトラックバック一覧です: 伝統の現在NEXT2『海神別荘』:

« ウーマンズビューシリーズ『10か月』 | トップページ | 明けましておめでとうございます »