« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005/12/24

伝統の現在NEXT2『海神別荘』

21日の初日に拝見しました。
伝統の現在シリーズ第一弾の『高野聖』のときはちょうどニューヨークに行っていて見られなかったので、今回シリーズ初見です。加納幸和さん演出。

まず目に付くのが、袖から舞台上部までブルーの幕?が幾重にも折り重なるような装置。海の中にいる感を呼び起こされます(以前の花組芝居でやったときとちょっと似てる?)。

夢幻能形式による、ということで、通常の『海神別荘』の前に、旅の青年が娘を海の中に失ったことを嘆く父親に出会う、という導入部がついてました。

えんぶゼミでやった女性だけの出演者版と、花組芝居版と、加納さん演出の『海神別荘』を見るのはこれで3本目。
周りのコロスの人が扇子を様々に使い、侍女にも黒潮の騎士にも一瞬にして代わる面白さは加納さんの演出ならではで、めくるめく世界に身をゆだねていくうちにあっという間に時間が過ぎていきます(^^)。
(特に、扇子を使って公子の鎧を表現するところは、いつ見ても目に鮮やかで好きだなあ~~)

今回は美女をお能の味方玄さん、公子は狂言の茂山逸平さんがやっていたのですが、(私はお能とか狂言は数回見たことがあるだけで全然詳しくないのですが……)、お能の拵えで面をつけた美女が、見てるうちにだんだん顔の表情があるように感じられてくるのが面白かった。お面なんだけど、絶世の美女に見えてくるんだよなあ。
台詞を美女はお能ふうの喋り方(←稚拙な表現で申し訳ないm(_)m)で話し、公子はわりと普通のイントネーションでしゃべっているようでした。一般的な感覚で言うと、海の中の世界で幻想的?に生きてる公子がお能ふうの喋り方をしそうですが、そうでないところが面白いし、その対比が不思議な効果を生んでました。
ラストの、美女と公子の二人の同時に話すところは美女の話し方になるんですよね。これも二人が添った感じがして効果的でした。

公子の茂山さんは髪に金粉をつけてキラキラさせてましたが、大きさのある立派な公子でした。個人的な好みとしてはもうちょっと酷薄な部分を出してる姿も見てみたかったかも。

コロスでは花組芝居の新人の小林大介さん、美斉津恵友さん、堀越涼さんと共に宇貫貴雄さんが演じてましたが、宇貫貴雄さんの身体表現能力の高さにビックリした。本当に気持ちよいほどで、結構目が釘付けになってしまいました。

(唯一難点は、紀伊国屋ホールは段差がないので、前の方がそんなに大きかったわけではないんだけど、一度に視界に入るのが舞台の半分くらいなこと(涙)。うーん、全視界開けてる状態で見たかったっす……)

古典分野と現代演劇との架け橋として、加納さんを選ばれたのは企画者の慧眼と思いますし(^^)、またの機会を楽しみにしたいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/12/21

ウーマンズビューシリーズ『10か月』

生きていくこと、そして死んでいくことの意味……。そんなことをじんわりと考えさせてくれるような佳作でした。

余命10か月と知った42歳(だったかな)の男性が大学時代の同級生である女友達を呼ぶ。最後の10か月を一緒に過ごすために……。二人の間に恋愛関係はあるのか、ないのか、というところは曖昧なかんじ。実際にこういう設定のことがありうるのかどうか、という問題は別として(いろいろなことをそぎ落として見せるために、こういう設定にしているのだと思います)どう人間が自分の死を見つめ、そして生きることを見つめていくのか、ということを改めて見つめなおさせてくれました。
「生死」をテーマにするとお涙頂戴にもなりがちですが、空間を感じさせる白のセットや主演の二人、香寿たつきさんと田口浩正さんの真摯な芝居もあって、決して重苦しいものにはならなかった。
結婚もしていない、子供もいない人が増えている今、シングルの状態で死んでいくということは(私も含めて)身近な問題ですよね。田口さんの芝居は、シニカルな雰囲気の人物がふと見せる恐怖感や女性に対する思いなどを余すことなく伝えてくれました。リアルでした。その存在が身にしみて感じるほどに。
香寿さんは宝塚退団後、現代劇のストレートプレイは初めてだったそうですが、田口さんの役と一緒にいることで彼女自身も変わっていく様を、こちらもリアルに見せてくれました。ふとした心の揺らぎを見せるのがうまいなあ……と彼女の芝居のうまさを改めて実感しました。(いたずらに暗い作品にならなかったのは、彼女の重過ぎない演技のおかげかなと思います)

個人的なことを書けば、正直、この作品を見るのは怖かった……、自分がどういうふうに感じるのかということが。でも、見られてよかったと思います。もちろん辛くなって泣いてしまう部分もありましたが、この作品では死んでいく人のあり方とともに、その後も生きていく人のあり方も描いて(劇中では「このあと40年生きていく準備」という台詞を使ってましたが)、自分の中には大きく響くものがありました。得るものが大きい作品だったかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/15

川島芳子のお墓参り

松本城と同じチケットで博物館も入れたので入館して展示を見ていたのですが、そこに松本の名所を示した地図がありまして。なんとはなしに眺めていたら、目に入ったのが「川島芳子の墓」の文字(@_@)。

博物館の人に場所を聞いてもすぐには分からない状態は(問い合わせてもらって、後で教えてもらったんですが)、「今はそんなに注目されてないのねえ…」というのを物語ってました。

第二次大戦中に「男装の麗人」と呼ばれ日本のスパイとして活動していた彼女は、高校時代は松本に住んでいたんだそうです。それも知らなかったし、何より最後は中国で処刑されたのでその後のことを考えることもなくて、失礼ながら「日本にお墓があるんだ…」ということにちょっと驚きました。

さて、博物館の人に場所を教えてもらって、松本城から歩いてそちらに向かいました(でも気がついたら30分くらい歩いてた…)。
お寺の横に併設されてる墓地の中にお墓があり、一応案内の札が二つくらいあったんですがちょっと探すのに手間取りました。
お墓を前にしてちょっと感慨深く、立ち尽くしました。突然思い立っていったので、着いてから「お花でも買ってくればよかった…」と気がついたんですが、周りにはお店とかコンビニとかはないところだったので、手に入れられず……。ちょうど新しいお水を持っていたので、それをかけさせていただいて、手を合わせてきました。

自分の中では映画『ラスト・エンペラー』、花組の『三国妖狐伝』など舞台、映画化されたものの印象(…あっ、宝塚の日向薫さんのサヨナラ公演もそうだっけ)が先立っている方なのですが、目の前の土の中にいるということがとても不思議で……、急にその実在が目の前に迫ってきたような気がしました。

自分にとっては何かに導かれてるような、不思議な体験でありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/13

筋肉痛の松本城

年末進行で早く仕事が終わり、ぽっかり空いたので突然松本まで行ってきました。
松本はなんと雪…!(朝だけですが)雪の松本城でした。

天守閣まで上がったのですが、どうしても思い出すのは「天守物語」。気分は富姫?で、「こんなふうに下界を見てたのかなあ」なんて想像してみました。

それよりも! 天守閣に上り下りする階段が急で狭いこと!
図書之助の「階段を踏み外し足でも折りましたら末代までの恥でございます」(不正確ですが)という台詞がホントにリアルに感じました。というか、急すぎて絶対駆け上がれないよ〜(>_<)。

今の私はめちゃくちゃ筋肉痛です(笑)。

20051211094417.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/12/09

チョ・スンウ主演「ジキル&ハイド」来日公演!

昨日記者会見があったそうですが、映画『マラソン』のチョ・スンウさん主演のミュージカル『ジキル&ハイド』の来日公演が来年3月にあるそうです(@_@)。

今年の5月に韓国・ソウルに行ったときに『ヘドウィグ』を見たんですが、そのときはチョ・スンウさんは見られず、オ・マンソクさん主演で見ました。オ・マンソクさんのヘドウィグはとても素晴らしかったので見られたことに満足してますが、評判よかったチョ・スンウさんの舞台も見ていたいなあと思ってたところだったので、この来日公演は嬉しい(^^)。

なんとかチケット取って見に行こうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

12人の優しい日本人(パルコ劇場)

チケットが取れたことを神(←チケットの神様?)に感謝しつつ観劇。

91年の再演の舞台を見たのが東京サンシャインボーイズを初めて。たくさん張られた伏線がストーリーの中でうねるようにきっちりと収束していく快感がすごくて、戯曲の力に引っ張られるように、シアタートップスでたしか一番前で体育座りしながら見たと思うのだが、その体勢の苦しさをまったく感じさせない舞台だった(それ以後、サンシャインボーイズの舞台は必ず行くようにしてたっけ)。何よりそのときビックリしたのは「…小劇場でこんなにフツーのおじさん、おばさんを演じられる人たちがいるのかっっ」ということで(笑)。よく考えるとそのときの出演者の方々はそんなにお年じゃなかったはず(20代後半か30代前半くらい?)。

今回はオールスターなキャスティングだけれど、戯曲設定は再演当時のまま(ギャグネタは「朝青龍と琴欧州」とかに変わってますが)だと思う。ところどころ「あ、このとき西村雅彦さんはすげー高圧的だったなあ」とか「宮地雅子さんは…」とか思い出しちゃうところはあったんだけれど、それは当て書きではない今回では仕方ないことですよね。

ともかく今回もストーリーのうねりの中に気持ちよく身を委ねることができました。
筒井道隆さんの朴訥な味わいとか、小日向文世さんの斜に構えた態度とか、「話し合いましょう」の生瀬勝久さんのラストの表情とか、いろいろ印象に残ることはありますが、一番すごいのは12人全員の人間心理の動きが手に取るように見えるダイナミックさと思います。ベスト・オブ・群像劇ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

母・肝っ玉とその子供たち(新国立・中劇場)

(※ラストに触れてますので、お読みになる方はご注意下さい)

圧倒的なのはラストシーン。累々たる墓標が新国立劇場の奥深い舞台いっぱいに並び、後ろのスクリーンには「1701」「1702」「1703」~と延々と数字が一つずつ浮かび上がってくる。
数字はもちろん西暦。舞台となった年代から1年ずつ増えていく年号を見ると、舞台で繰り広げられていた戦争の日々が、今の私たちとも地続きなのだということをハッキリと感じさせられる。

「ブレヒトの反戦劇」という簡単なくくりでは表現しきれない。ラストからも象徴されるように作り手の強い意志が感じられる舞台だった。
「肝っ玉」と呼ばれる母親(大竹しのぶ)。「戦争で痛めつけられるのは庶民」という描き方でなく、戦争を商売のタネにしているところがブレヒトならではの皮肉な視点(でも大きく考えれば、庶民が戦争をある意味認めている部分もあるわけで…)。大竹さんの「肝っ玉」はまさに地に脚がついているというか、大地に立っているような力強さが魅力的。息子の処刑前のやりとりの緊迫感はすごかった。
暗い色彩の舞台の中で鮮やかな印象を残した秋山菜津子さん、そして戦争牧師の山崎一さんの人物造形も面白い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »