« 劇団健康「トーキョーあたり」 | トップページ | この1ヶ月・まとめ書き(^^; »

2005/08/23

八月納涼歌舞伎「法界坊」

pic_0240

初めての平成中村座の演目でもあった串田和美演出の「法界坊」を歌舞伎座で……という趣向。

改めて思うのだけれど、歌舞伎ってアバンギャルドだよねー。2幕まで芝居で来てて、最後は舞踊劇になっちゃう飛躍、とか。法界坊と野分姫の霊が合体。とか。
このアバンギャルドさに気づかせてくれたのは串田さんの演出の妙かな。

今回三階で見てたので、平成中村座で見たときほどの臨場感はもちろん味わえなかったのだけれど、1幕の人の出し入れの見事さとか(弧を描くように人を動かすのって、音楽劇の演出のときでもよくされてますよね)は楽しめたかも。

しかし亀蔵さんの体はどうなってるんでしょうか。あの体の動きは、「エクソシスト」の悪霊が憑りついた少女を思い出してしまいました(笑)。
勘三郎さんの前半のギャグの部分からひょっと覗かせる怖さと、ラストの舞踊の双面の面白さが印象的。
福助さんの松若は、おくみと一緒にいてもその実誰も愛していないような、不思議な空虚感というか透明感というかが、あったような気がします。

(この写真は、劇場ロビーに飾られていた串田さん作の「法界坊人形」。なぜか1円とか5円とか10円とかが供えられていましたが……法界坊でどんなご利益があるというのだ(笑))

|

« 劇団健康「トーキョーあたり」 | トップページ | この1ヶ月・まとめ書き(^^; »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/5597763

この記事へのトラックバック一覧です: 八月納涼歌舞伎「法界坊」:

» 八月納涼歌舞伎 [美食探求記]
昨日は八月納涼歌舞伎を観劇に歌舞伎座に行ってきました。 私達がもっていたチケット [続きを読む]

受信: 2005/08/24 00:57

« 劇団健康「トーキョーあたり」 | トップページ | この1ヶ月・まとめ書き(^^; »