« 「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」7月16日 | トップページ | 花組芝居オフシアター「ハイライフ」 »

2005/07/25

歌舞伎座「NINAGAWA十二夜」

見てまいりました。
蜷川幸雄がシェイクスピアの十二夜を歌舞伎に演出するという趣向の舞台です。

とにかく、主役の主膳乃助(セバスチャン)と獅子丸実は琵琶姫(ヴァイオラ)を演じる尾上菊之助の良さを十分に生かして出し切っていましたね。
男女の双子を一人二役で演じているのが、立役と女形を兼ねる菊之助君にピッタリだし、何よりとても美しく魅力的です。冒頭で大船に乗って主膳乃助が出てくるところ。シンプルな形ながら有無を言わせぬ迫力でもって見せられるのはこれが歌舞伎役者の力だな……と改めて思った次第。

もう一つ、これは歌舞伎の力だなと思ったのが。

「お気に召すまま」もそうだけど、「十二夜」って、性別の取り違えで女同士が好きになって、最後にそれが分かって急に気持ちが変わって男女カップルになる……っていうのがありますが、現代人の私たちが見てると「ええー、そんなもんなの?」(^^;と思ってしまうところがありますよね。でも、時蔵さんの織笛姫は「女を好きになっていたなんて……、おお、恥ずかし」と手で顔を覆うポーズをするだけで、なんか納得できちゃう。こういう力技さが、なんか「カブキ」だなあと思ってしまいます。

麻阿(マライアの市川亀治郎も利発な女性を気持ち良く演じていて、印象的です。尾上松緑の安東英竹(アンドリュー)は、なんかすごかった(笑)。

鏡を多用した演出は、人間の二面性を見せようということでしょうか。白百合いっぱいに真ん中に橋が架かる舞台面も美しかった。(白百合は多分処女性を象徴するものだと思うんですが、安東がガンガン白百合を踏みにじっていくのは、なんか意味あるんでしょうかね?)

余談ですが、1階2等席の一番上手の席で見てたのですが、席に着いたら私の横のところにたたんだ補助椅子が置いてある……と思ったら、係りの人がその椅子を座れる状態にしに来た。そしたら、寺島純子さんがその席に(@_@)。「失礼します」と小声でおっしゃいながら座ってらっしゃいました。何故か会釈を返してしまうワタシ(^^;。1幕だけそこにいらしたんですが、意味もなくちょっと緊張してしまいました。(寝不足だったんで、「これは寝てはいかん」と思ったんですけど、眠くなるような舞台じゃなかったので大丈夫でした)

|

« 「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」7月16日 | トップページ | 花組芝居オフシアター「ハイライフ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/5143801

この記事へのトラックバック一覧です: 歌舞伎座「NINAGAWA十二夜」:

» 美しすぎる菊之助〜藤十郎襲名披露で実感 [万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記]
 南座へ行った。ことしの「吉例顔見世興行」は231年ぶりに復活した上方歌舞伎の大名跡「坂田藤十郎(中村鴈治郎改め)襲名披露」とあって、話題沸騰、連日超満員である。僕にとって、10数年ぶりの歌舞伎見物であり、初めての南座。席は上手の端ではあるが4列目で、か....... [続きを読む]

受信: 2005/12/22 17:58

« 「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」7月16日 | トップページ | 花組芝居オフシアター「ハイライフ」 »