« 続「オペラ座の怪人」…スロット | トップページ | 「かおるちゃん」 »

2005/04/03

美しき日々最終回&骨髄バンクについて

テレビの内容のことでマジに書くのもどうかとも思うんですけれども…あえて書くことにします。
韓国ドラマ『美しき日々』昨日が最終回でした。実は半年間見続けていた私です。
ラストはチェ・ジウ扮するヨンスが慢性白血病になり、日本の骨髄バンクから適合者が見つかって骨髄移植を受けて寛解する…というものでした。
私は母親が白血病に近い病気でしたので結構リアルな感覚で見ていました。最後、治るというか寛解(医学的には「治った」という表現は使わないのです、悪性腫瘍の場合は)という結末だと先に知っていたからテレビ見てられたんですが。

医学的に見たら結構描写は変でしたけれどね(^^;ゞ。まあ、ドラマですからそんなもんかなと。

こういうものを見て考えるきっかけにする人もいると思うので。
本当に骨髄バンクに登録していただくことで、命が救われる人がたくさんいます。もしかしてこれがきっかけでそういうことを思う方がいたら、どうぞよろしくお願いします。
でもあんまり軽い気持ちで登録されても困るということもありまして。検査の費用は患者さんが負担しますし、何日か日数も掛かって仕事も休まなければいけなくなります。麻酔もしますから身体的な負担もかかります。実際に提供となると、「よく考えると、今仕事が忙しくて(とか、よく考えるとなんだかいやになってとか)できません」とか断られる方もいらっしゃるようです。
登録して断る人にとっては気軽なことでも、提供をお願いする側にとっては本当にそれで命がかかっていることなんです。
だからできたら提供者側のいろんなリスクもあることを真剣に考えていただいた上で、一人でも多くの方に登録していただけたら……と。元患者家族としては心から願ってやみません。

詳細はこちらまで。骨髄移植推進在団のアドレスです。

|

« 続「オペラ座の怪人」…スロット | トップページ | 「かおるちゃん」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/3548963

この記事へのトラックバック一覧です: 美しき日々最終回&骨髄バンクについて:

« 続「オペラ座の怪人」…スロット | トップページ | 「かおるちゃん」 »