« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005/01/25

中村勘三郎襲名披露お練り

oneri…に行って参りました。

仕事でなくてただ拝見しに行っただけなのですが、雷門の出発点から、仲見世のお練り、奉納舞踊と一通り拝見することができて私にとってもとても充実した体験でした(^^)。

お練り初体験で、行く前はなんとなく「宝塚のトップスターの退団パレードみたいなものかしら?」と思っていたんですが(^^;、涙涙の退団パレードとは違ってこちらのほうはこれから襲名するというお祝いのものだから、見る側の気分としては楽しくて良いですね。

奉納舞踊もきっちり拝見することができました。三番叟でしたが、三番叟がこんなにカッコいい踊りだというのは認識を新たにしました。特に七之助君がカッコ良かった。勘九郎さんはまさに「奉納」というか、神にささげるという気迫のこもった踊りを見せてくれていました。

改めて思ったのですが、襲名というのは人間の死と再生を端的に見せているものでもあるな、と。普通人間は死んだらいなくなってしまいますが、襲名というのは勘三郎という偉大な人物が、また新しい肉体を得て再生している、とい捉え方もできるわけです。昔の庶民はその生命の連続性や(再生するという)奇跡の連続を襲名の中に見ていて、だから殊の外襲名を喜んでみていたのかなあというふうに、お練りを見て感じました。

それは勘九郎さんのそれこそ神事(お寺でやってるから仏事か)のような姿を見て特に感じたのかもしれません。

私は先代の勘三郎さんは本当に最後のほうしか拝見していませんけれども、私の母が勘三郎さんをずっと見てきていたわけで。襲名披露というのは、役者さんの生命の連続性を寿ぐことで、たくさんのお客さんたちの生命の連続性を感じさせる催しでもあるのだな、と思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/20

新春浅草歌舞伎

先週見て参りました(^^)。3時開演の部。開幕前のご挨拶は七之助君でした。

『御所五郎蔵』はお正月の浅草らしい出し物。

七之助君初役の『春興鏡獅子』。前半の弥生の初々しい輝きは、まさに時分の花ですね。最初の恥らってるところとか、本当に可愛らしいなあ。
後半りはもうちょっと力強さがほしいかな?

見てる内に思い出したのですが、演舞場で勘九郎さんが『鏡獅子』を演っていたときに、勘太郎君と七之助君が胡蝶で出ていたのですね。(これって15年くらい前?)

そのとき「千秋楽は100回回す(毛振りする)らしい」という噂がありまして、私はたまたま千秋楽を見てたんです。
イヤ、本当に迫力があってカッコいい鏡獅子だったんですが、ついに毛振りになって……噂があったので思わず数えてしまったのですが確かに100回以上回してました。
で、ふと横の胡蝶を見ると、胡蝶としての振り付けが足りなくなってしまったらしく、二人で困った顔して「ど、どーする?」「どーする?」って顔を見合わせつつ踊ってました(笑)。

あのときの困った顔が妙に印象的だったのですが、その彼が今は鏡獅子を踊るんだなあ、と思うと……なんだか感慨深いですね。

『恋飛脚大和往来~封印切』は片岡愛之助さんの忠兵衛と市川亀治郎さんの梅川。
ドラマとしての面白さを感じる封印切でした。人間という生き物の愚かしさ、愛らしさを感じるというか。
愛之助さんはつっころばしのじゃらじゃらした感じがよく出てましたねえ。
亀治郎さんの梅川はふっくらとした女らしさがありましたね。

さて、この間お会いした中村銀之助さんは『御所五郎蔵』では立役、『封印切』では女形を演じてました。立役のときは口跡が良く、女形のときは温かみのある優しい雰囲気が出ていましたね(^^)。女形での品の良さが好きでした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2年…

昨日(19日)は母が亡くなって2年、3回忌でしたのでお寺に法要に行ってきました。

住職(知らぬ間に代替わりされていて、ビックリ。前住職は「今はラフランス……洋梨→用なしですな」と言っていました(^^;ゞ)の法話で
「人は2度死ぬといいます。一度目は肉体の死、そして二度目は人々に忘れられることによる死。亡き方を思い出し、亡き方の声に耳を傾けましょう」
というようなことを言ってました。

この言葉(人は2度死ぬ)は『トーマの心臓』(萩尾望都先生)……。(いや、お坊さんは『トーマ』は読んでないでしょうが)

人間は見えるものしか分からないし、正直私には亡き人の声は聞こえない、かもしれない。(イタコじゃないし←そういうことを言ってる訳ではない)
どうしたらいいかわからないような、自分自身の根底からひっくり返されたような2年がたって。
でも、どこかでお坊さんが言ってることにうなずきたいような。そんな気持ちになった2年目の1月でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/12

初芝居「劇場の神様」(THEATRE1010)

10日に見てきました。今年の初芝居です…遅いっすね(^^;(12月忙しかった反動で、のんびり過ごしてました)

「丹下左膳」とその舞台裏の役者さんたちの模様とが交互に描かれている舞台です。原作は原田宗典さん、脚本演出は大谷亮介さん。
THEATRE1010の館長である市川森一さんに劇場オープン前に取材させていただいたことがあったのですが、そのとき伺った話を思い返してみて、「劇場の理念としてはこういう舞台を作りたかったんだな……」と思いました。
「古くからある芝居を大事にしつつ、新しい生命を与える」ということでしょうか。
舞台の内容としては、バックステージ部分が本来は主なのかもしれませんが、最終的には左膳の世界が印象に残ります。
私が知らない出演者の方もたくさん出てたんですが、元新国劇の方だったんだそうです。さすがに立ち回りに見ごたえがありました。

岡本健一君はちょっと情けない役ですが、惑う感情とかがリアルで役に似合っていた気がします。

しかしなんと言っても近藤正臣さん! いやー、カッコ良かったです。立ち回りもすごい。「古田新太もビックリですね」と言ったら「それは言いすぎ」とたしなめられましたが(笑)、そんな感じでした。

佐藤誓さんは劇中劇で8歳(!)の男の子の役。バックステージでは尾藤イサオさんのこしぎんちゃくの役者の役ですが、ああいう芝居に出てくるこまっしゃくれた子供の感じがよく出てました。

カーテンコールで尾藤さんの歌を聞けて更にお得感のある舞台でした(^^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/06

平成中村座NY公演 reloaded

ニューヨーク旅行のバイブル?としてよく眺めている「NEW YORK LOVES YOU」
そちらの掲示板の書き込みのリンクをたどっていたら、私のことが書いてあるのを発見(^^;。
こちらです。
いや、私は歌舞伎専門記者ではないのですが(^^;、ブルックリンの「ワン・ハンドレッド」に泊まってて、平成中村座の記事を書いたと言ったら私ですよね、多分。
私、こんなこと言ってたのか……とすっかり忘れてました。

このときのニューヨーク行きの前半に泊まっていた宿「スタジオガンボ」のジュンコさんからご連絡いただき、平成中村座にも出ていた中村屋さんのお弟子さんとその後日本でお会いしたのも幸せなことでした(^^)。

一回のニューヨーク行きでもいろんなご縁があるんだな…と改めて思った次第。

2月3月の航空券が安いのを見て、またニューヨークに行きたい病がうずいています(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/01/03

明けましておめでとうございます

本年もよろしくお願いいたします。

29日から31日まで、2004年3度目(笑)のソウルに行ってまいりました。いや~、駆け抜けまくったソウルでした。でも充実したソウル滞在となりました。
今回はリッツ・カールトンに泊まりましたが、こちらもなかなか快適だった。

帰りの飛行機から「初日の出」ならぬ「ラスト日の入り」を拝みました。暮れ行く2004年を思いつつ、新しい年の展開に期待を馳せる…そんな年の瀬でした。

……そう!! 2005年は、サイト上でも私の人生上(笑)?でも新展開がある予定です。1月中旬~下旬からスタートできればと思っています。どうぞ、お楽しみにお待ち下さいね。

クリスマス前からめちゃくちゃ忙しくて、結局旅行前に年賀状を作ることがかないませんでした。というより、プリンタが壊れた……。28日ギリギリにプリンタを買って(成田前泊だったので)そのまま出かけちゃいました。

そして、帰ってきてから、プリンタをつなぎ、ドライバをインストール…しようと思ったら……CD-ROMドライブが認識しない……(;_;)。なんか、CD-ROMドライブが壊れているようです。
ドライバはなんとかネットから落とせたのですが、実は、年賀状宛名ソフトをインストールしてなかったため(前のパソコンからデータだけは移してあったんですが)、使えない(T_T)。宛名をエクセルに入力することから始めました。
いやー、新年早々パソコンと格闘しました。

(今サポートセンターが休みなので、聞くこともできないんですわ…)
これ、修理に出さないといけないよねえ…。うーん……。

と、ちょっととほほ模様ですが、ま、こんな調子で今年も頑張っていこうかと思います(?)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »