« セブンイレブンで買えるミュシャ | トップページ | クリスマスモードin ディズニーランド&ディズニーシー »

2004/11/15

たゆとう瞳……宝塚花組『LA ESPERANZA /TAKARAZUKA舞夢!』

久々の宝塚花組の舞台。芝居は正塚晴彦作の『LA ESLERANZA』。ショーは藤井大介作の『TAKARAZUKA舞夢!』

エスペランサというのは「希望」という意味で、青春期の男女の挫折と希望の話…って簡単にまとめ過ぎですね(^^;。

私が宝塚を一番ちゃんと見てたのが真矢さんの時代なもので、当時の春野寿美礼といえば「弟キャラ」な人という印象がありました。だから、トップ披露公演の『エリザベート』のトートや『不滅の棘』のマクロプロスである意味耽美な魅力を見せたとき、「トップになってこうも印象が変わって新しい魅力を見せるとは…」ということに大変驚いた記憶があります。
さて、今回は。春野寿美礼は、挫折した青年のモラトリアム期間(と言っていいのか)を、怒るでもなく苛立つのでもなく…というと何もしていないように聞こえてしまうけれど、心の微妙な揺れをたゆとう瞳で表現して見せていて、それは充分に見ごたえのあるものだったと思います。
微妙な感覚で、挫折感という誰しもが持つ感情を見せてくれていた。
作品的にはちょっとご都合主義的すぎるかな? テイストとしては同じ花組の『メランコリック・ジゴロ』を思い出させるけれど、意外にも(?)安寿ミラからの花組の系譜を春野寿美礼が引き継いでいたと感じたのが新発見でした。

遠野あすかが役者として一回り大きくなったような印象。こうやって変わっていく人を発見することも、長いこと同じ劇団を見てることの醍醐味ですよね。

水夏希と霧矢大夢と元花組の二人が特出。なかなか見ごたえのある並びでした。(でも特出があるとその分、組の3番手以下の人の出番が減っちゃうので、良し悪しではありますね)
さて、このショーはアダム・クーパーが振り付けするという企画があったけど実現しなかった作品なのですが、これでアダム・クーパーが振付けていたらどうなってたんでしょうねー(^^;。

|

« セブンイレブンで買えるミュシャ | トップページ | クリスマスモードin ディズニーランド&ディズニーシー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/1968109

この記事へのトラックバック一覧です: たゆとう瞳……宝塚花組『LA ESPERANZA /TAKARAZUKA舞夢!』:

« セブンイレブンで買えるミュシャ | トップページ | クリスマスモードin ディズニーランド&ディズニーシー »