« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004/11/29

アトリエ・ダンカン「8人の女たち」

27日にアートスフィアで見てきました。
映画版も見てますが、ミュージカルふうの映画に対してこちらは原作どおりのストレートプレイ。原作どおりっていっても、携帯やハイビジョンTVが出てきて設定は現代のようですね。
雪で閉ざされた豪邸の中で、一家の主人が殺されてしまう。犯人はその家にいた奥さん、娘、妹などの8人の女性…。密室のやりとりの中で、だんだん女性たちの人間性が暴かれていきます。

とてもアートスフィアの劇場の雰囲気に合った芝居でしたね。
女優さんたちの緊密に組まれたやりとりが見もので、見ごたえ充分でした。木の実ナナさん、相変わらず素敵。山本陽子さんも落としたトーンの声で、カッコいい女性です。安寿ミラさんは中年オールドミス女性役で、いちいち間合いがおかしく、ヤンさんのコメディセンス全開といったところ。(途中の変身シーンは、チラシと違ってスカーレット・オハラふうで、余計おかしかったですね)
毬谷友子さんのセクシー女中の謎めいた雰囲気が印象的ですね。この人の可愛らしさは、既に化け物級かもしれない…。

!!↓ここから、推理劇及び今回の舞台の結末に触れてますのでご注意!!

芝居の最後は、実は一家の主人は殺されておらず、末娘(ソニン)と共謀して、一家の女性たちの本当の姿を見るために仕組んだものでした。でも、それが女たちに分かった後、主人は女性たちに絶望して本当に自殺してしまう……というものでした。映画もそのラストシーンで(正確に言うと、その後ヘンな感じのミュージカルシーンで)終わってるんです。でも、舞台で見たらなんか後味悪くていやだよなー、と(既に結末を知ってる私は)思ってたのです。

でも、今回の舞台は、自殺の銃声が聞こえてみんな愕然とした表情で幕が下りるときに、主人がいる部屋で人影が動いているのが見える(=死んでない)というのを表してるんですね。結末としては甘いかもしれませんが、日本人的にはこういう結末のほうがちょっと気持ちはほっとするし、女性たちにやりこめられた?男性が一矢報いてぺろっと舌を出してるような……、なんかその姿が演出の江守徹さんに(勝手に)かぶって感じられました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/26

新橋演舞場「マリー・アントワネット」

24日に見てきました。
この役ができるのは大地真央しかいない! と思わせるようなピッタリさですね。当たり役の一つになられたんでしょうか。
「私はぜいたくをしようと思ったことは一度もありません」と言い切るのが似合う女優さんてそうそういない気がします。

絶頂期の華やかさから、最後に至ってすべての虚飾を捨てて本当の一人の女性となった姿まで余すところなく見せてくれたと思います。

昔の『ベルサイユのばら』では大地さんはマリー・アントワネットの息子のルイ・シャルルをやってて「お母さまぁ~」って言ってたよな、とか(笑)(その声のイントネーションが未だに耳に残る)、最後の断頭台のシーンは大地さんの宝塚のサヨナラ公演の「二都物語」のシドニー・カートンのようだとか、そんなことも頭をよぎりました。

他に印象に残るのが羽場裕一さんと小須田康人さん。羽場さんはルイ16世で凡庸な男性が王座についてしまったが故の悲劇を強く感じました。キラキラしている妻・マリー・アントワネットをただまぶしく見ているしかなかった…でも、彼は心からアントワネットを愛していたんだなあという気持ちが伝わってきました。
小須田さんは演舞場の大舞台でも自由に呼吸しているようで、気持ちよかったですね。芝居の中で良いアクセントでした。

(最後に疑問が一つ。断頭台の後にルイを含め全員がフランス国歌を歌いながら出てくるんですが、あの「貴族は皆つるし上げろ」みたいな歌詞のフランス国家歌貴族たちも国王も皆歌ってるのはどういう意味なんでしょうねー)

ところで、はじめて提灯がない演舞場を見ました(笑)。演舞場歴長い私にして、初めてです。劇団四季の『オペラ座の怪人』のときも提灯は出てたし、『嵐が丘』のときは、ちょうちんも芝居の中のネタの一つにされてたりもしましたが。ちょうちん外せるんだあ、というのが新たな発見でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「美しき日々」第4回&第5回&第6回

……まとめすぎ(笑)。
いや、ここんとこ殆どドラマは見てないんですが、これだけ見続けてます。第6回で、リュウ・シウォンとイ・ビョンホンがチェ・ジウをめぐって対決モードになってきてだんだん盛り上がってきた感じ。
この3回のイ・ビョンホンの台詞大賞は、「どうして私がそこに行かなきゃいけないんですか」(チェ・ジウ)に対する台詞。

「必要だから」

おお~~。なんかすごい。

ところで番組中でリュウ・シウォンが作ってた「キムチ・チャーハン」。すごく美味しそうでした。「ビビン麺には美味しい混ぜ方があるんだ」…ってそうなの? (リュウ・シウォン君はお料理の本も出してるらしく、そのあたりから来たネタなんでしょうけど、なんだか面白い)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/23

やっぱりキム次長!

9月4日付で
>「ガラスの仮面episode2」&ソウル演劇事情(少々)
>「冬のソナタ」でキム次長役をやってた人にそっくりな人が芝居のポスターに載ってたんです(^^;ゞ。これが本当に
>キム次長なのか、何の芝居だったのか、とっても気になってます。

というのを書いたのですが、判明しました!
今日NHKで「もっと知りたい冬のソナタ」という番組をやっていたのですが、それでキム次長・クォン・ヘヒョさんがゲストで出ていまして、大学路で公演された『アート』出演の模様をやってました。
(私の記憶の中では『アート』のポスターとキム次長と切り離されていたんですけどね(^^;ゞ。でも、キム次長の写真が載ってるのがアルファベットで『ART』と書いてない版だったのかも…)
あのポスターの人はやはりキム次長だったのですね。分かって嬉しい。

『ART』に出演されていた、ということを聞くだけでも、クォン・ヘヒョさんの役者としての立ち位置がどんなものであるか分かりますよね。(それこそ日本で言う平田満さんのような、芝居巧者って感じ)やっぱり芝居って万国共通の指標でもあるなあ。

じゃあ、『コーラスライン』でザックをやってた、イ・ビョンホンはどうよ?!(笑)と自己突っ込み。 うーん、こっちは分からないや。(私の頭の中の演出家役・ザックは浜畑賢吉……)とりあえず、歌と踊りはなかったんだな、というのは分かりますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/22

「よく頑張った、オレ(橋本さとし)」in『ミス・サイゴン』

こういうふうに言う帝国劇場主役も珍しいですよね(笑)。さとしさんらしいです。

やっとこさ駆け込みで『ミス・サイゴン』を見てまいりました。ロンドン初演のジョナサン・ブライス版も見ているワタシです(そのときは楊淑美さんもキャストで出てました)。今日はさとしさん、坂元健児さん、笹本玲奈さん等の最終公演日で、さとしさんのこんな挨拶がありました。
まさに「よく頑張った、オレ」という感じだったんでしょうね。ちょっと私もうるっと来てしまいました。

『マダム・バタフライ』を元としたこの作品。今回はクリスがすごくイヤな男に見えたんですが、何故でしょうか? ベトナム戦争に従事した米兵であるなら、いかにベトナムで愛した女性がいたとしても、人間が生きていく上ではベトナムの過去を忘れていかなければいけないんでしょうね。でも作品の内容を考えると、「そうやって忘れてしまっていいの??」ということを思わせるのも大事なことなんだと思うし、イヤな男に見えることがこの作品本来の形なのかな…と変なことを考えていました。

笹本玲奈ちゃんのキムからは女性として一生懸命な生き方が伝わってきて、よかったですね。初演のロンドン版では強い女性であるゆえに憎まれ役に見えたエレンでしたが、ANZAさんのエレンはクリスに対する愛の強さが伝わってきて、ラストのタム(キムの息子)を抱きしめるに至る気持ちの流れがよくわかった。キムとエレンの二人の女性の対照が際立っていた、今回の『ミス・サイゴン』だったように思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誕生日にはワカメスープ

昨日、11月21日は私の誕生日でした(^^)。
当日は私の友人が企画してくれて恵比寿の「ユリーズ」という韓国料理屋にチャプタンチゲを食べに行きました。(美味しかった~(~-~*))
この間テレビで「韓国では誕生日にワカメスープを食べる」というのをやっていたので「誕生日だからワカメスープだよね~」と言って頼んでみました。お店の人たちも「誕生日だから、ワカメスープ!」と言ったら「ああ!」と言って分かってくれたのですが、「どうしてワカメスープ食べるの?」と聞いたら、若い店員さんは分からないのです。

後でお店のママさんに「どうしてですか?」と聞いたら教えてくれました。
「韓国では赤ちゃんを産んでから40日間は母親がワカメスープを食べ続ける習慣がある。それは、赤ちゃんを産んだお母さんがまた元気できれいになるためにしている習慣なのだ。(生後100日の赤ちゃん披露のときに「うちのお嫁さんは赤ちゃんの肌のようにきれいでしょう」というふうにお姑さんがお嫁さんを見せるということもしているらしい)だから、誕生日には『お母さんがそんなに苦労して生んでくれてありがとう』と思い出す意味で、ワカメスープを食べるのだ」……と。

2年前の誕生日はまだ母が生きていて(でも結構ヤバイ状態であることは分かっているときで)、母と誕生日を一緒に迎えられたことにすごく幸せを感じていたことをなんとなく思い出していたので…とても胸に響く言葉ではありました。
ずっとそういうふうに誕生日を迎えている韓国の人たちの暖かさを感じつつ(でも若い人はもう由来が分かってないんですけど(^^;ゞ)、今の命のありがたさを感じる…そんな誕生日でした。

ま、実際はもうケーキも食べきれないくらい思いっきり食べまくっていたんですけどね(^^;。子供のとき以来、自分の名前の入ったケーキを頂きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/19

クリスマスモードin ディズニーランド&ディズニーシー

15日夜~16日まで久々にディズニーランド&ディズニーシーに行って来ました。
神戸から来る友人と一緒だったので、初のディズニーアンバサダーホテルに泊まって来ました。
室内はこんな感じ↓。
disney1.jpg disney2.jpg
全体的な作りはアールデコ調? ベッドカバーやら壁紙がさりげなくミッキー模様が入ってます。アメニティのシャンプーリンスなどもミッキー柄でした。

ディズニーシーへは夕方から入るアフター6パスポートで2900円。そして、園内に入ってから3箇所のショップのみで買える「クリスマスアゲインパスポート」というので、もう一方の平日専用のパスが4300円になるというので、それをゲット。(そのショップに行ったらそのパスを買ってる人ばっかりだった(笑)。皆良く知ってるよね)

マーメイドラグーンで見た情けなキャラ(笑)↓。
disney3.jpg

夜はミラコスタのオチェーアノのブッフェ。ショーの時間に合わせてここで食事していると海でやってるショーをテラスで見ることができるんです。んー、でも、クリスマスの点火式のショーは割りと大人しめだったかな(^^;。見なかったんですが「ブラヴィッシーモ!」のほうが派手で面白かったかも。

翌朝は宿泊者のみ予約できるというアンバサダーホテルのシェフミッキーで朝食。キャラと写真を撮りまくってきました(^^)。
ディズニーランドは早くもクリスマスムード全開! 平日とは思えない人出でした。運良く二回目のキャッスルショー(シンデレラ城の前でやるショー。昔は皆さん朝から並んでたみたいですが、今は中央観覧席は抽選なのですね)の抽選が当たって前から7番目でショーを見てきました。
disney4.jpg disney5.jpg
とまあ、二日間ですっかり遊び倒してきました。16日の万歩計は19000歩を記録。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004/11/15

たゆとう瞳……宝塚花組『LA ESPERANZA /TAKARAZUKA舞夢!』

久々の宝塚花組の舞台。芝居は正塚晴彦作の『LA ESLERANZA』。ショーは藤井大介作の『TAKARAZUKA舞夢!』

エスペランサというのは「希望」という意味で、青春期の男女の挫折と希望の話…って簡単にまとめ過ぎですね(^^;。

私が宝塚を一番ちゃんと見てたのが真矢さんの時代なもので、当時の春野寿美礼といえば「弟キャラ」な人という印象がありました。だから、トップ披露公演の『エリザベート』のトートや『不滅の棘』のマクロプロスである意味耽美な魅力を見せたとき、「トップになってこうも印象が変わって新しい魅力を見せるとは…」ということに大変驚いた記憶があります。
さて、今回は。春野寿美礼は、挫折した青年のモラトリアム期間(と言っていいのか)を、怒るでもなく苛立つのでもなく…というと何もしていないように聞こえてしまうけれど、心の微妙な揺れをたゆとう瞳で表現して見せていて、それは充分に見ごたえのあるものだったと思います。
微妙な感覚で、挫折感という誰しもが持つ感情を見せてくれていた。
作品的にはちょっとご都合主義的すぎるかな? テイストとしては同じ花組の『メランコリック・ジゴロ』を思い出させるけれど、意外にも(?)安寿ミラからの花組の系譜を春野寿美礼が引き継いでいたと感じたのが新発見でした。

遠野あすかが役者として一回り大きくなったような印象。こうやって変わっていく人を発見することも、長いこと同じ劇団を見てることの醍醐味ですよね。

水夏希と霧矢大夢と元花組の二人が特出。なかなか見ごたえのある並びでした。(でも特出があるとその分、組の3番手以下の人の出番が減っちゃうので、良し悪しではありますね)
さて、このショーはアダム・クーパーが振り付けするという企画があったけど実現しなかった作品なのですが、これでアダム・クーパーが振付けていたらどうなってたんでしょうねー(^^;。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/11

セブンイレブンで買えるミュシャ

神戸滞在中に「セブンイレブンでミュシャのフィギュアが買えるんですよ」という情報を教えてもらい、やっと今日ゲットしました。
私が一番最初に「好きだな」と思った画家はミュシャ。今も好きと言えるのはモローとか……うーん、分かりやすい趣味?? 19世紀末のうつくしーい絵画が好きなのです。
「ミュシャミュージアム」という名前の食玩、自宅の一番最寄のセブンイレブンではなかったので、もう1軒別のところに行き発見。
控えめな大人買い?の2つ購入。
買った後我慢しきれず信号待ちのところで開封してしまいました(笑)。

mucha1.jpg
……いやー、すごい。ホントにすごい。2次元の絵をこういうふうに再現できるなんて(驚愕)。細工が細かいことはほとんど、お米に絵を描いている人の世界です(?)。それも283円ですよ、たった! 一応食玩なんでガムが一枚申し訳程度にくっついてますが。

驚いたけど、実はこれには彩色してるバージョンと象牙色(と名打ってるけど、実は単に彩色してないバージョン)とあり、私が買ったのは運悪く2つとも彩色してないバージョンでした…。
彩色バージョンが買えるまで買い続けてしまいそうです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004/11/08

ベタな大阪(^^;

ちょっとベタな大阪の写真を撮りたくなったんで3枚(笑)。
osaka1-1.jpg osaka1-2.jpg osaka1-3.jpg

久しぶりに道頓堀界隈に行ったんですが、中座がパチンコ屋(と飲食店)になっていてなんだかちょっと寂しくなりました。「中座」という名前を残している分に寂しさも余計に。
中座で夢の遊眠社の「贋作・桜の森の満開の下」も、花組芝居の「雪之丞変化」も見たのに~。ちょっとお邪魔させて頂いた楽屋は素人の私の目には本当に迷宮のようでした。「ここは寛美さんが使ってらした楽屋なんです」と教えて頂いて、歴史を肌で感じたのを思い出します。

とシンミリしたところで、思わず大阪一のジャンボたこ焼きを立ち食いしてしまいましたとさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関西カフェ巡りその2

今度は大阪編。大好きだったSOLVIVAがなくなっていたため(;_;)新規開拓してみました。御堂筋沿いにあるシェ・ワダの「カフェ・ニュース」
外は赤い屋根で外向きに椅子がびっしり並んでる。フランスのカフェみたいな雰囲気ですね。御堂筋沿いなので車通りがいっぱいありますが、意外と寛げました。店内はこんな感じ。
cafe2-1.jpg cafe2-2.jpg
ケーキは見本を持ってきてくれます。カフェ味のプチシューのケーキ。大きかったけどくどくなくて、しっかり全部頂いてきました。入口にクロワッサンがおいてあって、それを自分でお皿に持っていって食べることもできるので、簡単な朝ごはんにも良いところかなーと思いました。お支払いはキャッシュオンデリバリー。

ちなみに入口に看板犬?がいます。大きい~。殆ど寝てましたが(笑)、なでなでしてきても大丈夫な良い子でした。(でも飼い主だか店長を見て「ウォン!」とほえて、店長に怒られていた。しかし、全然めげてない様子の犬であった……)
cafe2-3.jpg

とまあ、充実した関西行きを彩ったカフェ巡り編でした。次回いつだか分かりませんが(笑)、続く予定……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関西カフェ巡りその1

この関西行きの目標?の一つ、関西カフェ巡り報告です~。
まずは神戸で。
フロインドリーブ・カフェ
神戸の老舗の洋菓子店が、昨年くらいに古い教会をカフェに改造したものだそうです。外観はそのまんま教会ですよね。
cafe1-1.jpgcafe1-2.jpg

神戸在住のお友達の強力推薦があり、日曜日の開店時間から皆で並び(笑)(土日は予約できないんですって)、行ってまいりました。開店時間には結構な数のお客さんが来てたことにもびっくり。
ブランチとしてサンドイッチをいただきましたが、美味しかった~。結構量が多くて、夜までお腹いっぱいのかんじでした。
cafe1-3.jpg
店内はこんな感じ。ヨーロッパな雰囲気を漂わせてるのが素敵です。
cafe1-4.jpg

一階の売店でクッキーを買って帰ったのは言うまでもない(笑)。

後で神戸の人に聞くとケミストリーがここでシークレットライブを行ったこともあるそうで(・_・)。教会って音の響きが良いからライブに使ったらきっとピッタリだと思う。

神戸情緒溢れる、素敵なところでした。お勧めして下さったお友達に感謝ですね(^^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/06

取材で盛り上がる小道具?

風邪引いて2日ほどダウンしてました~。復活しきれてませんが、頑張って取材の席へ。
普段はカセットで録音してるのですが、今回初めてそれにプラス「MP3プレイヤー」で録音してみることに。

私が使ってるのは韓国製のiriverで通称カニカマ(笑)と言われる、大きさがカニカマくらいのものです。普段はお散歩のお供にCDをパソコンでMP3ファイルに落として、それをMP3プレイヤーに移動させて聞いています。それにボイスレコーダー機能もついているので初めて取材の場に持っていってみました。(録音するのが一つだと失敗した場合怖いので、極力2つ録音するようにしてるんです。怖がりすぎ?)

本日の取材は前号に引き続きの皆様だったのですが、つつがなく取材を終えた後「それは何ですか??」と聞かれた(笑)。実は取材中お3人とも気になっていたらしいです。一通り説明させてもらい、山本さんから「僕も持ってるんだけど、これだと聞きながらアップ(=ウォームアップ)できるから便利なんですよ。でも録音機能があるのは知らなかった」とお褒め?の言葉を頂きました。
まだMP3プレイヤーはあんまり知られてないものなんですね。なかなか楽しい経験でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/01

帰りました(^^)

神戸で『和宮様御留』を観、大阪で『キャバレー』を観た、なかなか充実した関西行きでございました(^^)。
関西カフェ巡りは……私が大阪に行く度にずっと毎回行っていた船場のオーガニックカフェが閉店していて愕然としましたが(;_;)、新たなお店も開拓してみました。
私が船場でずっと贔屓にしてたのはSOLVIVAというカフェなのですが、今ネットで調べたら11月15日に心斎橋の別の場所で開店することを発見! これは次回の課題にしたいと思います。船場のカフェは開放的な雰囲気で、なんとなくほっこりできるところだったんですよねー。併設してるパン屋さんのパンもお店の中で食べることもできたし(よくここのパンを買って帰って、翌日の朝食にしてたのです)。心斎橋の新しいカフェもそういう感じだったらいいなあ。

ということで、いろいろなご報告は追々。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »