« ソウル旅行記第三日目(8/30) | トップページ | ソウル旅行記第五日目(9/1) »

2004/09/22

ソウル旅行記第四日目(8/31)

seoul4_0.jpg
ヘヴンリーベッドから爽やかに目覚める……うーん、いい寝心地でした……目覚ましを見る……エッ、寝坊??

いつも自力で起きてるので、多分ここ数年は寝坊してないと思うんですが、この日に限って寝坊しました。
よくウェスティンのヘヴンリーベッドの宣伝で「寝心地が良すぎますので、目覚ましを掛けないと寝過ごしますのでご注意」なんて書いてあって「まさかねー(笑)」と思ってたんですけど。ま、

ホントにヘヴンリーベッドはヘヴンリーだったってことで。

17階のラウンジで朝食(寝坊しても朝食は食べるのだ)、ビジネスセンターでインターネットをした後(10分5500円ウォンということで、必死で短時間でチェックする)、まずは明洞へ。
(これは明洞近くの道。看板の配色が可愛い)
seoul4_1.jpg

FACE SHOPで昨日使って調子が良かったマスカラ2本購入。

TODACOSAという、セフォラふうのコスメショップはアイテム別に化粧品が並んでいて、なかなか見やすい。一度試してみたかった韓国では高級コスメ(?)COOGIで、化粧水、美容液、クリーム、ファンデーションと一揃い買って13万ウォン(13000円くらい)。安い! 韓国の化粧品屋は買い物をするとたーくさんおまけをくれます。今回も試供品何種類かとポーチ、コットンそれに生理用品(^^;までオマケでくれました。でも、環境保護のために商品を入れる紙袋は別料金なのです。「紙袋いる?」といわれて「はい」と言ったら、10円くらいプラスしてお会計されてました。(でも、オマケでくれてるものの金額のほうが紙袋代よりずーっと高いと思うけどね(笑))

COOGIの海洋深層水で作った化粧品シリーズ、特に化粧水は日本人向けと評判高かったのですが、今ライン使いしていてもなかなか調子よろしいです。またリピートして使ってみたいなー(韓国行かないと買えないけど…)。

友人がタレントショップでアン・ジェウクの写真などを買ったあと、荷物を置きに一旦ホテルに戻る。
これはホテルの敷地内にある「圓丘壇(ウォングダン)」という史跡。
seoul4_2_1.jpg

近くから見るとこういう感じです。
seoul4_2.jpg

またもラウンジでお茶したあと、江南へ向かう。まずは狎鴎亭(アックジョンドン)へ。今、ソウルではハイソでおしゃれといわれているエリアです。

途中シンナラレコードという大きいCD屋を発見。NYで買おうかと思って忘れちゃってたメアリー・J・ブライジのCDを購入。これは18000ウォンでした。CDは全般に安いみたいです。

オリーブカフェというCAFEで休憩。ケーキはショーケースから選んで下さいというらしきことを韓国語で言われたので、ショーケースまで見に行く。ケーキの名前がハングルで書いてあるので読めない…と思ってたら、お会計待ちの男の人が「それは、ニューヨークチーズケーキですねー」と日本語で教えてくれた(^^)。
でも、ケーキはちょっとも一つだったかも……(^^;。(ソウルは美味しいケーキ屋さんは割りと少ないそうです)

本に載っていたアックジョンの雑貨屋へ入る。と、『キャンディキャンディ』のメロディが…? お店の人の着メロでした。韓国で『キャンディ』はすごく人気があるという話でしたが、ホントだったのねー。
結構長い距離を歩いていたので、途中タクシーに乗り、ロデオ通りに移動。ガイドブックでは「おしゃれな通り」という話ですが、「えー、そうかい???」という感じでした(笑)。

続いて清潭洞(チョンダムドン)へ。
ギャラリー百貨店(半分が改装中で、高級なほうのエリアしか開いていず、高級すぎて退散(^^;)から、チョンダムドンを歩く。ここはグッチ、プラダなど高級ショップが並ぶ通り。

と、そこに女の子の集団と建物に落書き。
友人「出待ちじゃない?」
ということで、思わず近寄ってみる。とちょうど、誰かが出てきたところ! 私は本人でなく、スタッフの人の姿しか見えず。
友人が出待ちしていた人に「今の誰?」と聞く。
「トンバン・シンギー。VERY FAMOUS」
と言っていた。
そこからタクシーに乗って。
「今の誰だったんだろうねー。韓国語なんで今の子が何て言ってたかよく分からなかった…」
「トンバン・シンギー」とか言ってたよ」
「シンギ、シンギ……。そういえば、今の建物の落書きに漢字で『東方神起』って書いてあったよ」
「あーーー! 『東方神起』だ!!」

そう、東方神起の出待ちのところに出くわしたらしいです(ビックリ)。でも、私は姿が見られなかったんだけどね。

COEXモールに行く。大きい本屋があったので、入ってみる。
ananなど日本の雑誌の韓国語版もいくつか出ていた。
今韓国では、「おまけつきの雑誌」というのがはやっているそうで、それも「ファンデーション現品」とか、「化粧水」「ポーチ」など、「そんなんつけてて普通の雑誌の値段でいいの?」というものが売っている。
おまけを雑誌にくっつけておくとボロボロになっちゃうから、おまけは別のラックにまとめて展示してあった(お会計するときに渡してくれるらしい)。
現代百貨店に行こうとしてが、8時過ぎてしまい閉店してしまった。

そこからタクシーでグランドハイアットへ。
ソウルを一望できるという南山の高台にある。「グランドハイアット」というブランド名からか、欧米人が多い。
最後のお食事は優雅に…ということで、PARIS GRILLへ。
グランドハイアット自慢の夜景が臨め……る…はずが、木が繁っていてちょっとしか見えない。でも、それもまたソウルふう?
シャンパンハーフボトルを開けて、のんびりお食事してきました。

そこから、買い物の締めくくりはやっぱり東大門へ!
タクシーで着いてから、移動するためにウロウロしていると(ソウルは殆ど横断歩道というものがないため、道を横断するには地下道を通らなきゃいけないのです。でも、地下道なので、思ったとおりの場所になかなか出られず、旅行者はうろうろしてしまう)、気がついたら、昨日

「あなたはまた来ます」

と言われたお店の前にいた。預言は本当でした(笑)。

またもDOOSAN TOWERに突入。秋らしい雰囲気の黒のトップス、26000ウォンで購入。結構お気に入り(*^^*)。

既に深夜0:30。地下鉄が終わった後の時間は、東大門付近はタクシーが争奪戦になるという話でしたが、すぐにつかまえられた。行き先を説明したが運転手がなかなか理解してくれないよう。と思ったら、近くのタクシー待ちの人?が「どこですか?」と日本語で聞いてくれて、運転手に説明してくれた。(韓国の人はこういう感じで親切な人が多いですね)

帰ってから荷物のパッキング。昨日の光煕市場の皮革ショップでおまけにもらった韓国海苔がとてもかさばります(笑)。

|

« ソウル旅行記第三日目(8/30) | トップページ | ソウル旅行記第五日目(9/1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/1494336

この記事へのトラックバック一覧です: ソウル旅行記第四日目(8/31):

» ソウルの夜景 [ブログ - imdavidさんのブログ - KOREA SATATON !]
http://showa.main.jp/uploads/img4160ce6cdb8a3.jpg http://showa.main.jp/upl... [続きを読む]

受信: 2004/10/04 13:35

« ソウル旅行記第三日目(8/30) | トップページ | ソウル旅行記第五日目(9/1) »