« ナイロン100℃「男性が好きなスポーツ」 | トップページ | ソウルでこんなものを見た »

2004/09/04

「ガラスの仮面episode2」&ソウル演劇事情(少々)

seoul0.jpg
8月28日~9月1日までソウルに行って来ました。深夜着、午前発だったので現地にいたのは実質3日間でしたが。
とりあえず、目的の一つだった「ガラスの仮面episode2」の観劇のご報告です。

その前に、今年の3月に行ったときに観た「ガラスの仮面episode1」の感想を、前のホームページの掲示板に書いたものを転載します。

===================================

いや~、観てきちゃいました「ガラスの仮面」inソウル。

劇場名が片仮名でしか分からず、地図で目印にしてたお店の名前がハングルでどこで道曲がっていいのか分からないとか、ワタワタしながらもなんとかたどり着いた私の目には月影先生の巨大ポスターが(笑)。無事入れました。

劇場は駅前劇場みたいな感じ(劇場が二つくっついている)で、当日のお客さんは40人くらいかなあ? 場所も学生街で下北沢みたいなイメージのところでした。

で、結論から言うとすごーく面白かったです。韓国語が一言も分からない私でも漫画の内容を知ってるので、今何やってるかよく分かって、2時間20分ホントに面白く見られました。

既にこの劇団(apple theatreというところ)は「ガラスの仮面」をepisode1~3として3回やってるらしく、今回はepisode1の再演。今年12月にepisode4の上演が決まってるそうです。
内容は「奇跡の人」の抜粋を挟みながら、(初めはヘレン・ケラーを姫川亜弓が演じていて、後半は北島マヤが演じている)「ガラスの仮面」原作の初めのほうを上演していました。

真剣に作ってる部分と漫画らしく誇張して作ってる部分のバランスがすごく上手かった。たとえば、北島マヤが登場する場面で、突然黒衣がスポットとかカメラ画像持ってマヤの天才度をアピールするところとか、紫のバラの人がシリアスに一人苦悩する場面とか、韓国語分からない私でも吹き出してしまったくらい。(紫のバラの人の2枚目演技が客席では大受けでした)

緩急のつけ方が上手というか、結構単純な形のセットなんだけど、幻想的になるところで、立体的に柱っぽく見せてる壁6本くらいに照明を当てて浮かび上がらせるのも、ちょっと、おお~と思った。

「奇跡の人」やっているところを見ると、結構皆さんお芝居上手な方達なんだなということがよくわかりました。

いやー、私としては以前新橋演舞場でやった「ガラスの仮面」より良い出来だったと思う。これ、このまま翻訳して日本で上演したら受けると思うのに。どなたかやりませんかね(^^;ゞ?!

劇団のホームページがあったので、文字はハングルですがご参考までhttp://appletheatre.hihome.com/appletheatre-1-17.html

===================================

↓ここからは、8月29日観劇分の感想です。
日曜の昼公演のためか、200人くらいの劇場は満席でした。
ま、どんな作品のパート2もそうなんですけど、やっぱりパート1のほうが面白かったかな…というのが素直な感想です(^^;ゞ。マヤと亜弓さんの競い合うところとか、月影先生との出会いとか、そういうドラマチックな部分をパート1で描いてしまっているので、そのへんの面白さがなくて、「マヤが新作舞台の『失われた荒野』の狼少女をどう演じるか」というだけの話になっちゃってたのが、残念でした。役者は、紫のバラの人だけがepisode1と同じで、あとは全員違う人が演じていたと思います。
あと、劇中劇に選んだ『失われた荒野』も、狼少女の話で、前作の『奇跡の人』のヘレン・ケラーと似通っている感じがするのもちょっと惜しかったなと思います。

にしても、episode1を今年の2~3月に丸々2ヶ月上演、episode2を今年の7~9月頭にかけて2ヶ月上演……って日本の小劇場ではまったく考えられない上演ペースで公演を打ってるんですよねー。おまけに年末にはepisode4で『二人の王女』を劇中劇にしたものをやるそうです。こっちのほうが劇中劇もドラマチックだし面白そうな気がします。(…ってさすがにそれは見られないと思いますが…)

さて、劇場は大学路という、日本でいう下北沢のような小劇場がたくさんあるところで行われていました。駅のそばにマロニエ公園という有名な公園があるんですが、そこの前を通りかかったら、たくさんの劇場のテーブル(簡易チケットブース)が出てました。そこにチラシやポスターを置いて、当日券を手売りで売ってるんですね。お客さんは本当に映画を見る感覚で「あ、これ面白そう…」と思った舞台のチケットを買ってふらっと見に行けるんです。いろんな国で芝居を観てますが、こういう気楽に芝居を見に行ける感覚ってすごくいいなと思いましたね(初めて見る光景です)。

年内には「CRAZY FOR YOU 」「JESUS CHRIST SUPER STAR」も上演されるようで、なかなか演劇は盛んな土地のようでした。ポスターによると、今「ART」(日本では以前市村正親さんがやってましたね)もやってるみたいでした。

一つ気になってるのが、「冬のソナタ」でキム次長役をやってた人にそっくりな人が芝居のポスターに載ってたんです(^^;ゞ。これが本当にキム次長なのか、何の芝居だったのか、とっても気になってます。(日本に戻ってから調べたらキム次長は元々は舞台俳優だそうなので、本人の可能性大ですよね)誰か分かる方いたら教えて~~。


|

« ナイロン100℃「男性が好きなスポーツ」 | トップページ | ソウルでこんなものを見た »

コメント

ご紹介ありがとうございます(^^)。松田さんのサイトも覗かせていただきました。今ソウルにいらっしゃるんですねー。
それにしても9月初めに2ヶ月の「ガラスの仮面」が終わった後、もう「かもめ」をやってるんですね。恐るべし>apple theatre。

投稿: おおはら | 2004/10/13 00:13

青年団の松田弘子さんがソウルでの公演のために韓国に行かれているのですが、10/9に日記にソウル版「ガラスの仮面」を上演された劇団の「かもめ」@チェーホフの感想がありました。「かもめ」ですごくお客さんが笑っていたようです。ご紹介まで。
(あちらの掲示板にもこちらをご紹介してます)

>Machiko's Misch-Masch
http://www.letre.co.jp/~hiroko/index.html

投稿: 睦月 | 2004/10/11 02:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34077/1355386

この記事へのトラックバック一覧です: 「ガラスの仮面episode2」&ソウル演劇事情(少々):

» やっぱりキム次長! [観劇とか旅行とか by kaoru]
9月4日付で >「ガラスの仮面episode2」&ソウル演劇事情(少々) >「冬 [続きを読む]

受信: 2004/11/23 20:01

« ナイロン100℃「男性が好きなスポーツ」 | トップページ | ソウルでこんなものを見た »